NTTドコモ ケータイ(iモード)出荷終了を発表

iモード

iモードケータイの出荷終了へ

NTTドコモは、2016年11月2日に、iモードケータイの出荷を2016年11月~12月を目途に終了することを発表しました。

iモードケータイで利用している部材の一部が、メーカー生産終了しており、部材を調達することが難しくなってきたようです。iモードケータイについては、店舗等での在庫限りで販売終了となります。

なお、iモードサービス自体は、引き続き提供されます。iモードサービスの提供終了についてのアナウンスは現時点ではありません。

結果として、iモードケータイとしての最後のモデルは、2015年11月に発売された「P-01H」ということになりました。

らくらくホン(iモード)は出荷継続

一方で、携帯電話初心者および50代以上の高齢者層をターゲットにした「らくらくホン(iモード)」については当面は出荷継続する予定となっています。

spモードケータイ強化へ

NTTドコモでは、2015年6月に発売された「AQUOS ケータイ SH-06G」以降、SPモードケータイを続々投入しています。

NTTドコモの最新2016-2017年冬春モデルの中で、SPモードケータイは「AQUOS ケータイ SH-01J」、「P-smart ケータイ P-01J」の2機種が発表されています。

NTTドコモは、spモードケータイへの移行を進めていく方針であるようです。

Source

ドコモ ケータイ(iモード)出荷終了について|NTTドコモ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク