「 MONOQLO 12月号 」付録の「 IIJmio 」プリペイドSIMを開通してみた!

2016年10月19日発売のモノ批評誌「 MONOQLO(モノクロ) 2016年 12月号 」において、MVNO「 IIJmio 」のプリペイド型のSIMカードが特別付録となっています。

MONOQLO

なお、限定生産のSIMカード自体は、雑誌に同梱されているのではなく、申し込んだ後、後日発送される仕組みです。

特別付録「 IIJmio 」プリペイドSIM

今回、付録として提供されるプリペイドSIMは、契約手続きをすることなく、「 IIJmio 」が提供するドコモ回線を500MBまで利用できる内容となっています。

「 MONOQLO(モノクロ) 2016年12月号 」は680円となっています。高品質で評判の 格安SIM 「 IIJmio 」の回線を試してみたい方にとって非常に良いチャンスとなっています。

月額契約移行の事務手数料が無料

更には、月額契約への移行が可能となっており、データ専用SIMに移行する場合は、通常およそ3000円かかる事務手数料が無料となります。更には、半年間3GB容量増加の特典が付いています。

ただし、電子書籍版には「 IIJmio 」のSIMカードの付録が付きません。

やすスマは予約しました

「 MONOQLO(モノクロ) 2016年 12月号 」付録は、お試しとしてなかなかの内容だと思います。さっそく、やすスマは「 amazon 」で予約しておきました。本ブログでは「 IIJmio 」情報があんまり書けていないので、良いチャンスかもしれません。

「 MONOQLO(モノクロ) 2016年 12月号 」を購入! 16/10/21追記

予約していた「 MONOQLO(モノクロ) 2016年 12月号 」が届きました!先日、mineoスペシャルエントリーコード付き「 SIMフリー完全ガイド 」を購入したところでしたが、、、。mineoスペシャルエントリーコードについてはほったらかしになっています(笑)

MONOQLO

格安SIMをお試しできる今回の付録ですが、エントリーコードを用いて、Starter Kitを購入済み・お持ちの方|IIJmioで申し込むことで、別途SIMカードは郵送となります。

なお、細かな手順については「 MONOQLO(モノクロ) 2016年 12月号 」に詳しく書かれています。

「 IIJmio 」のプリペイド型のSIMカードを申し込み!

さっそく、「やすスマ」は「 IIJmio 」のプリペイド型のSIMカードの申し込みをしてみました。雑誌に手順が書かれていますので、5分もかからずに申し込み終了しました。少し到着を待ちたいと思います。気に入れば、移行手数料のかからなくてデータが増量されるデータ専用SIMに切り替えて遊ぶかもしれません。

IIJmioプリペイドSIMが到着! 16/10/27

2016年10月21日に申し込んでいた、「 MONOQLO(モノクロ) 2016年 12月号 」付録のIIJmioプリペイドSIMが2016年10月26日に到着しました。

IIJmio
宅急便で到着
IIJmio
パッケージを確認

IIJmioプリペイドSIMは、宅急便で届きました。2016年10月21日申し込みで、2016年10月26日到着でした。混雑しているかな?と思っていたのですが、予想していたよりも早かったです。

SIMは、nanoSIMを選択しました。近いうちに、所有機種でテストしてみようと思います。どれにしようかは迷い中です。後日、感想を書きたいと考えています。

「 IIJmio 」のプリペイド型のSIMカード開通 16/11/7

SIMが到着して少し時間が経ちましたが、「IIJmioプリペイドパック」の開通手続きして、実際にSIMを装着して動作確認してみました!

開通手続き

まずは、「IIJmioオンデマンド開通センター」に電話して、音声ガイダンスに従って「STRAT PASS」に記載の「電話番号」と「パスコード」を入力して開通手続きしました。

ここで「STRAT PASS」について紹介しておきます。下の写真のように、「STRAT PASS」は送付されてきたパッケージに付いています。

IIJmio
「STRAT PASS」

下の画像のように、「STRAT PASS」の裏面には、「電話番号」と「パスコード」が記載されています。これを用いて開通手続きをするということになります。

IIJmio
「STRAT PASS」の裏面

開通自体については、「IIJmioオンデマンド開通センター」に電話して3分程度でさくっと完了することができました!

SIMを挿入して動作確認

開通手続きすることで、SIMが利用可能となりましたので、さっそく動作確認をしました。今回用いたのは、現在レビュー中の「 MediaPad T1 7.0 LTE 」です。

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」のSIMサイズはmicroとなっています。今回申し込んだ「IIJmioプリペイドパック」のSIMはnanoサイズですので、下のSIMの変換アダプタにはめて挿入しました。

「 MediaPad T1 7.0 LTE 」には「IIJmio」のAPN設定がプリセットされていますので、選択しました。当然ですが、その後すぐに「4G」のマークが表示されて、無事に接続することができました。

IIJmio
「IIJmio」のAPN設定がプリセットされていた

以上、「IIJmioプリペイドパック」の開通から動作確認まででした。500MBという限られた容量ですので、大切に使ってみようと思います。