格安SIMの契約数情報|MM総研調査発表情報 6/17更新

格安SIMの契約数情報|MM総研調査発表情報 6/17更新

国内MVNO市場規模の推移

このページはMVNOが提供する格安SIMの契約数についてのまとめページです。

[adsense]

国内MVNO市場規模の2016年3月末現在の推移 MM総研調査 6/17作成

MM総研は2016年3月末時点での国内MVNO市場規模についての調査結果を発表しました。

調査結果によると、主に格安SIMと言われている独自サービス型SIMの回線契約数については、前年比65.5%増の539.4万となりました。

2018年3月末の独自サービス型SIMの回線契約数は、2016年3月末から2倍以上の1,170万回線になると予測されています。

格安SIM

注目の事業者別のシェアについては、1位が「OCNモバイルONE」などを提供するNTTコミュニケーションズでシェア20.6%、2位がIIJmio SIMなどを提供するインターネットイニシアティブでした。

2015年9月末時点からの変化としては、楽天モバイルを提供する楽天がシェア3位、mineoを提供するケイ・オプティコムがシェア6位となっている点が注目されます。

引用元

国内MVNO市場規模の推移(2016年3月末)|株式会社MM総研
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120160615600

※詳細については各社のHPで必ず確認ください

スポンサーリンク
格安SIMの契約数情報|MM総研調査発表情報 6/17更新
この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする