【日記】お得なん?2017年スマホ福袋の中身 goosimseller福袋情報追加

2017年が幕開けしてからだいぶ経ちましたが、まったく生活のリズムの変化に対応できていない「やすスマ」です。

家電量販店の初売り福袋は毎年恒例でホットな話題となります。2017年のスマホ関連福袋の中身を、ネットで情報収集できたものをベースに「備忘録的」にまとめておきます。内容に抜け漏れがあるかもしれません。

年末年始については帰省があり、今年の福袋販売は蚊帳の外でした。2018年の福袋に向けて、中身と「やすスマ」の感想をまとめておきます。

完全にタイミングを外していますが、、、。

なお、基本的には、SIMや細かな付属品は除いて、福袋に入っていたスマホの機種名を書いておきます。価格は税抜きです。

ヨドバシカメラ

まずは、ヨドバシカメラのお年玉箱(福袋)です。家電量販店の福袋としては最激戦の印象です。ネットでの予約販売については「『ヨドバシ』ショッピングアプリ」アプリを通じて行うことに変更したことが話題でしたね!

ヨドバシカメラのスマホ関連については「格安スマホの夢(壱萬円)」、「格安スマホの夢(五千円)」の2種類がありました。ポイントが10%還元というのもうれしいですよね!

  • 格安スマホの夢(壱萬円)→「HUAWEI P9 lite」または「FREETEL REI」
  • 格安スマホの夢(五千円)→「FREETEL MIYABI」
手に入れた方、おめでとうございます!の非常にいい内容です。特に「HUAWEI P9 lite」が10000円、「FREETEL MIYABI」が5000円で手に入るのはすごくハッピーですよね!

ビックカメラ

次はビックカメラの福袋です。こちらも毎年恒例でかなり激戦です。

スマホ関連で販売された福袋は、価格の異なる、4480円の「格安スマホ福袋」と、8980円の「格安スマホ福袋」です。

  • 8980円の格安スマホ福袋→「arrows M02」
  • 4480円の格安スマホ福袋→「HUAWEI Y6」
8980円で「arrows M02」なら納得です。一方で、安いとはいえ「HUAWEI Y6」はスペック的にちょっとしんどいですね。ビックカメラと提携しているソフマップでも同等のものが販売されました。

コジマ

コジマでは8980円の「格安スマホ福袋」が販売されました。コジマの福袋は事前に内容がわかった形で販売されました。

  • 8980円の格安スマホ福袋→「ZenFone 2 Laser」
「ZenFone 2 Laser」が8980円であればまずまずお買い得ですね。ただ、開けるときのドキドキがないのは、福袋としてはマイナスポイントです。

goo SIMSELLER

「g07」でおなじみの「goo SIMSELLER」では2017年1月6日から期間限定で「新春セール」を実施。
「新春セール」の目玉商品として、50セット限定で「 SIMフリースマホ+音声対応SIMセット 」が14800円(税別)で販売されました。

goo SIMSELLER

お届けする商品例には、「P9 lite」、「g05」、「ZenFone Max」、「arrows M03」、「ZenFone 3」、「ZenFone 3 Ultra」と明記されていました。

商品例をみていると、これは買えなかったのが非常にくやしいです!実は、セール開始から少し経ってから、福袋の存在を知り、見事に売り切れていました。事前に気がついていたら、セール開始と同時にクリック連打レベルです!

EXPANSYS

「EXPANSYS」はスマートフォンやオーディオ機器、アクセサリ類などを最大15点をセットにした福袋を発売しました。価格は39800円で、別途送料がかかります。

限定50袋で、そのうち2袋には追加で「無料のiPad」がついてくるという内容でした。販売開始からおよそ1時間半で売り切れました。

2017年の福袋で「やすスマ」が突撃する可能性があった福袋です。実は「在庫あり」のタイミングで一度はカートに入れていました。決済に進む場面で、4万円強の価格に躊躇して、ページを閉じました。悩んでいるうちに売り切れ(笑)中身のネタバレが楽しみですね!

ASUS

ASUSでは、税込50,000円以上相当の製品が入った「ZenFone福袋2017」が販売されました。価格は29800円(税込・送料込)でした。

「あなたもSIMフリーデビューセット」、「バッテリー長持ちセット」、「フォトグラファー入門セット」の3種類がありました。

200セット限定販売でどの福袋セットが届くかはお楽しみに!といった内容でした。2017年1月10日に発送予定ですので、中身判明まではまだ時間がかかりそうです。

これは結構チャレンジングな福袋でした。ASUSのスマホはいい機種が多いです。ただ、「やすスマ」としては、およそ3万円の価格で福袋のネーミングからスルーしました。

ドスパラ

「ドスパラ福箱」がドスパラの一部店舗で売り出されました。SIMフリーのWindows 10 Mobileスマートフォン「Diginnos Mobile DG-W10M」が2017円で販売されました。

スペックは高くないですが、圧倒的に価格が安いですね!状況はどうだったのでしょうか。そういえば、Windowsスマホを持ってないなぁ。

イオンモバイル

「イオンモバイル」でも福袋が発売されました。中身に関しては別ページにまとめています。

中身がわかった状態になっていました。お買い得度は高くないです。

まとめ

以上、スマホ関連の福袋についてまとめてみました。家電量販店の福袋には何度かトライしたことあります。並んでいるときのあの寒さを思い出すと、、、。とはいえ、お買い得度の高いものも多いですので、来年はタイミングとモチベーションの条件が両方とも整えばチャレンジしたいっすね。