【実機レビュー】高コスパ機がさらに進化!「g07+」をチェック

2017年3月27日に、NTTレゾナントより新型SIMフリースマホ「g07+」が発表されました。

「g07+」は、新たに「au 3G(CDMA2000)」に対応するなど、「g07」をさらにブラッシュアップしたモデルになっています。

「g07」については、すでに実機レビューを書いています。「DSDS」や「指紋センサー」など、最新のトレンド機能をおさえておよそ2万円という価格設定で、コスパの高さは大変印象的でした。

前モデルから更に進化した「g07+」をNTTレゾナント様から期間限定で特別に借用させていただきました。

高いコスパをほこる機種がさらに進化しているということでワクワクしながら、「g07+」を触ってみました!

g07+ ロゴ

さらに進化した高コスパモデル「g07+」レビュー

まずは、「g07+」のスペックをおさらいです。

  • OS:Android 6.0
  • ディスプレイ:5.5 インチ(1920×1080)
  • SoC:MediaTek MT6750T
  • CPU:Octa Core 1.5GHz×4+ 1.0GHz×4
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • カメラ:REAR:13MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:75.6(W)×152.0(D)×7.9(H) mm / 150g

goo SimSeller では、「g07+」は、「OCN モバイル ONE」のSIMパッケージが付属して19800円(税抜)で販売されています。

「g07+」と初対面

まずは「g07+」の外箱を記念撮影。

g07+ 外箱

「g07+」の外箱は比較的大きめです。外箱のデザインは前作「g07」のものと同じようなテイストですが、色合いやデザインが若干だけ変更されています。

付属品を確認

外箱から「g07+」本体と主な付属品を出しました。

g07+ 付属品

「g07+」のUSBポートは「Type-C」です。ちゃんと「Type-C」に対応したACアダプターが付属しています。

「g07+」の液晶を保護するフィルムが付属しているのもうれしいポイントです。また、写真にはありませんが、ちゃんとSIMスロットのピンも付属しています。

今回、借用させていただいた「g07+」のカラーは「ホワイトパネル」です。

5.5インチディスプレイ

「g07+」は、5.5インチフルHDディスプレイを搭載。消費電力の少ないことで定評ある、IGZO液晶です。

g07+ IGZO液晶

前作「g07」ではバッテリーの持ちに対して改善を期待する声が多かったようです。「g07+」ではIGZO液晶を採用することで改善が期待できます。

ディスプレイは2.5Dガラスに覆われていて、デザイン性と耐久性が高められています。

g07+ IGZO液晶

ものすごい狭額縁仕様ではありませんが、特に左右のベゼルはかなり狭くなっていて、十分に満足できるレベルです。

g07+ 視野角

ディスプレイは斜めから見てもはっきりと表示内容を確認できる美しいものになっています。

ディスプレイの発色は落ち着きをもたせたはっきりしたものになっていて、ミドルクラスのSIMフリースマホとしては、十分なディスプレイ品質になっています。

常に見ているディスプレイがIGZO液晶に進化した点は、多くの方にとって非常に気になる点であると考えます。

前モデル「g07」と比較

前述の通り、「g07+」でIGZO液晶採用したのは大きな変更点です。「やすスマ」がもっている前モデル「g07」と並べてディスプレイ表示を比較してみました。

なお、2機種のディスプレイの明るさのレベルはほぼ同等にしています。

g07 g07+ ディスプレイ 比較

2機種を比較すると、「g07+」のディスプレイのほうが若干だけですが落ち着いた発色という印象です。

「g07+」と「g07」ともに、明るくて十分な表示品質です。

800万画素のフロントカメラ

g07+ フロントカメラ

ディスプレイの上に、800万画素のフロントカメラがあります。

オンスクリーン式のホームボタン

g07+ ホームボタン

ホームボタン等は、ディスプレイ上に表示されるオンスクリーン式になっています。

メタルボディ

「g07+」はアルミ素材のメタルボディを採用しています。

g07+ 背面ボディ

背面は緩やかにラウンドした形状になっていて、非常になめらかな仕上がりになっています。

「g07+」のボディの厚さは7.9mm。背面が緩やかにラウンドしていているので、スペック以上に薄い印象を受けて、手にしっかりフィットします。

様々な角度からデザインをチェック

「g07+」を様々な角度から撮影してみました。

g07+ 上

まずは、ボディ上部を確認。イヤホン端子があります。

1300万画素のリアカメラが背面上部にあります。SONY製のイメージセンサーを搭載したリアカメラはHDR撮影に対応しています。

リアカメラの出っ張りはそれほど気にならないレベルです。

「g07+」と「g07」のカメラ画質を比較

「g07+」と「g07」のカメラ画質を同じようなアングルの写真を用いて比較してみました。なお、写真はサイズ変更を施しています。

まずは、「g07+」で撮影した写真です。

次に、「g07」で撮影した写真です。

「g07+」と「g07」ではカメラの基本スペックはほぼ同じですので、撮影した写真としてはそれほど差がない印象です。

リアカメラの下には「指紋センサー」があります。「指紋センサー」の認証の精度・速度はまずまずといった印象です。

g07+ 下

USBポートが、裏表なく挿しやすい「Type-C」になっているのは。使い勝手の面からするとすごくうれしいです!

g07+ 左

ボディ左サイドには、「SIMスロット」や「マルチファンクションキー」があります。

SIMスロット

「g07+」は、前モデルに引き続いて「4G+3Gのデュアルシムデュアルスタンバイ(DSDS)」に対応しています。

「SIMスロット」を、付属していた専用ピンを使って本体から引き出してチェックしてみました。

「g07+」の対応SIMサイズは、nanoSIM+microSIMです。

g07+ SIMスロット

今回のチェックにおいては「ドコモ純正の通話SIM」と「Y!mobile純正の通話SIM」を挿しています。

「g07+」では、SIM管理アプリが用意されています。SIM管理アプリを使うことでAPN設定やSIM管理が非常にわかりやすくなっています。

g07+ SIM管理

「ドコモ純正の通話SIM」をSPモードで使うためのAPN設定や、「Y!mobile」のAPNを設定もあらかじめ設定されていて、非常に簡単に設定することができました。

もちろん、「OCNモバイルONE」、「楽天モバイル」、「mineo」など格安SIMシェア上位のMVNOのAPN設定もあらかじめ設定されています。

なお、nanoSIM側のスロットはMicroSDカードスロットを兼ねています。よって、MicroSDカードを挿す場合には、2枚のSIMを利用することができません。

g07+ SIMスロット2

デュアルスタンバイ

「g07+」に2枚の通話SIMを挿したので、同時待ち受け(デュアルスタンバイ)の状態になっているか少しだけ確認してみました。

結果としては、着信テストを数回おこなったところ、2つのSIMの番号ともに問題なく着信しました。

また、発信テストについても行いました。

DSDS機によって異なる、発信時におけるSIM指定方法を簡単に紹介しておきます。

いつものように、発信相手の番号を指定すると、発信に用いる発信元番号の選択画面が表れます。

g07+ 発信 SIM選択

ここで、発信元としたい番号を選択することになります。

発信をテストした結果、当然ながらセットした2つの番号それぞれで発信・着信を行うことができました。

マルチファンクションキー

「マルチファンクションキー」を押すことで特定のアプリを素早く起動させることができます。

非常に便利な設定ですので、「g07+」を手に入れたらしっかりと設定をオススメしたいです。

「g07」でも同じ「マルチファンクションキー」が搭載されています。

「マルチファンクションキー」については別ページに説明していますので、合わせてチェックしてみてください。

「やすスマ」は、「マルチファンクションキー」を押すと、最も使用頻度が高い「Chrome」がすぐに立ち上がるように設定。

本体右サイドには「音量ボタン」と「電源ボタン」があります。

g07+ 右

フレーム部分にはダイアモンドカットが施されていて、デザイン性も高められています。

前モデル「g07」を並べてみた

前モデル「g07」を持っているので、「g07+」と並べてみました。

g07 g07+ 比較 背面

実際に「g07」と「g07+」を並べてすごく注意深く見てみると、アルミの素材に若干の違いを感じました。

直接、NTTレゾナントの担当者の方に伺ってみると、「g07+」ではより材質の良いアルミを使用していると回答頂きました。

g07 g07+ 比較 サイド

「g07+」のデザインは、「g07」と同様にミドルクラスとしては十分に上質なものになっています。

「g07」でアルミの削りだしが粗いという声が寄せられていたようで、「g07+」では細部の加工が更に洗練されています。

ホーム画面

下の写真は「g07+」を起動した際のホーム画面です。

g07+ ホーム画面

ドロワーをタップするとすべてのアプリが表示されるようになっています。

「gooのスマホ」ということで、「goo」関連のアプリなどがいくつかプリインストールされています。

メモリ状況

「g07+」のメモリ仕様は「3GB RAM+32GB ROM」です。

初回起動時の内部ストレージの状況をチェックしてみました。

g07+ 内部ストレージ状況

およそ8GBを使用中と表示。全体の4分の3が空いている状況になっていました。

「g07+」を少し使用した後に、メモリ状況をチェック。

g07+ メモリ状況

およそ半分を使用していると表示。初期状態ではかなり余裕があります。

ベンチマーク

次は、気になるベンチマーク結果です。

まず「Antutu V6.27」で計測してみました。

g07+ Antutu

スコアはおよそ43000でした。「g07」とほぼ同等のスコアです。

SoCなどの基本スペックは変更になっていないことから、予想通りのスコアです。

続いて、「Geekbench4」でも計測。

g07+ Geekbench

「Geekbench4」では、「g07」と比較すると若干だけですが、スコアがアップしていました。

参考【実機レビュー】ベンチ結果もあり!「g07」の基本部分をチェックしてみた

実際に操作していても、ミドルレンジクラスとして十分に満足できるパフォーマンスになっています。

まとめ

以上、「g07+」は前モデル「g07」からいくつかの改善点を施されて、さらにコスパが向上しています。

ミドルレンジクラスのSIMフリースマホとしてはデザイン、動作スピードも十分に合格点に達している印象です。

「DSDS」機能などに魅力を感じて、費用をなるべく抑えたい方にとって有力な選択肢になる一台です。

ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、ヨドバシカメラの一部店舗(約70店舗)にて、2017年4月中旬以降より、「g07+」を単品販売開始します。

店舗によっては、「g07+」のデモ機を手に取りチェックできる可能性があります。

ただし、「goo SimSeller」での販売価格とは価格設定が異なっています。

goo simsellerで販売中

さらにコスパが向上した「g07+」は、goo SimSeller で販売中です。

↓「g07+」予約ページ -goo simseller

コメント

  1. 丸山 より:

    とても参考になりたすかります。
    もし可能でしたら液晶の比較をしていただけませんか?いちばん気になる仕様変更で悩んでいまして,,,よろしくお願いします。

    • やすスマ より:

      丸山 様

      「やすスマ」です。
      参考になっているということで、大変嬉しく思います。
      2機種の液晶の比較をやろうと思っていてできていませんでした。

      本日の記事で、2機種のディスプレイを並べた写真を追記しておきました。
      画面表示の品質は並べると少し違いを感じますが、
      それぞれ単独で見ると気が付かないレベルの差だという印象です。

      書いた内容で少しでもご期待に応えることができていれば幸いです。

      バッテリーの持ちが期待されるところですが、
      まだハードに使用してというところまでたどり着いていません。

      これからも追記していこうと思います。

      引き続きよろしくお願いいたします。

      • 丸山 より:

        返信&要望にも対応していただきありがとうございます!
        新型は色が濃いめのようですね。
        これからも追記を楽しみにしております(__
        頑張って下さい。

        • やすスマ より:

          丸山 様

          少しだけだったかもしれませんが、
          要望に応えられたようでよかったです。

          ここ最近は記事を書く時間が十分とれずに、ペースが上がっていません。
          「g07+」チェックを少しずつですが進めていこうと考えております。

          今後とも「やすスマ」をよろしくお願いいたします。