【実機レビュー】プレミアムな仕上がり!「HUAWEI Mate 9」をレビュー

HUAWEIのハイエンドSIMフリースマホ「Mate 9」を試す機会を得ましたので、複数ページに分けてレビューしていきます。

「HUAWEI Mate 9」の市場想定価格は、およそ6万円です。売れ筋の価格帯が3万円前後のSIMフリースマホとしては高額の部類に入りますが、実際に「HUAWEI Mate 9」を触ってみると、手に持った瞬間から、細部までこだわって作り上げられてたことが感じることができます。「HUAWEI Mate 9」は、多くの方のニーズを満たす魅力的なモデルです。

HUAWEI Mate 9 外箱

デザインレビュー

「HUAWEI Mate 9」は、最新ハイエンド向けSoC「Kirin 960」を搭載しているなど、フラグシップモデルにふさわしいハイスペックモデルです。実際にベンチマークアプリ「Antutu」においても、かなりのハイスコアを叩き出しています。

参考ベンチNo1スマホは?Antutu ベンチマーク結果

HUAWEI Mate 9 起動画面

今回は「HUAWEI Mate 9」のデザインをレビューしてみました。結論としては、大画面液晶を搭載しながら、エレガントなデザインをもった魅力的なモデルになっていました。

さっそく、「HUAWEI Mate 9」を、「スペック」を確認しながら、さまざまな角度から見てデザインを中心にチェックしていきますね!

「HUAWEI Mate 9」のカラーは、「シャンパンゴールド」と「ムーンライトシルバー」の2色展開です。今回レビューしているのはシャンパンゴールドカラーです。

5.9インチディスプレイ搭載

「HUAWEI Mate 9」は、5.9インチのフルHDディスプレイを搭載しています。大画面ディスプレイを搭載すると、テキストや電子書籍などのコンテンツを大きく表示できます。一方で「サイズが大きいのでは?」と気になるところです。まずは、「HUAWEI Mate 9」のサイズについて確認していきます。

HUAWEI Mate 9 ディスプレイ

上の写真を見ていただくと分かりやすいですが、「HUAWEI Mate 9」はベゼル幅が狭く、画面占有率が高いです。特にサイド部分はフレームレスに近いレベルになっています。

ディスプレイ表面は、2.5Dガラスに覆われていています。2.5Dガラスの下のディスプレイ以外の部分には、同心円状のヘアライン加工が施されていて、上質なデザインになっています。

気になるサイズ

「HUAWEI Mate 9」は大画面5.9インチディスプレイ搭載で、気になるボディサイズについて確認しておきます。

ファーウェイのスペック表によると、「HUAWEI Mate 9」のサイズは、幅78.9mm×高さ156.9mmです。

例えば、5.5インチディスプレイ搭載の「iPhone 7 Plus」のサイズは、幅77.9mm×高さ158.2mmです。
「HUAWEI Mate 9」は「iPhone 7 Plus」よりも0.4インチほどディスプレイサイズが大きいですが、サイズ感についてはそれほど変わらないものになっています。

残念ながら、「iPhone 7 Plus」は持っていませんので、5.5インチSIMフリースマホ「g07」と比較しておきました。

HUAWEI Mate 9 g07 比較

g07」のサイズは、幅75.6mm×高さ152.0mmです。「g07」も5.5インチモデルとしては比較的スリムな仕上がりになっています。

「HUAWEI Mate 9」は、5.5インチ「g07」とそれほど差がないサイズです。5.9インチモデルとしてはかなりコンパクトな仕上がりです。

フロントカメラ

「HUAWEI Mate 9」の前面上部には、フロントカメラ(800万画素)があります。シングルカメラで、一般的な画素数ですが、F値1.9と明るいレンズを搭載しています。ファーウェイ独自の「パーフェクトセルフィー」モードを搭載して、セルフィーを楽しむことができます。

Mate 9 フロントカメラ

「HUAWEI Mate 9」の前面下部には「HUAWEI」のロゴがあります。2.5Dガラスに覆われた「HUAWEI」のロゴ以外の金属部分には細かな同心円状の加工が施されています。派手さはありませんが、落ち着きのあるデザインになっています。

Mate 9 前面下部

なお、ナビゲーションバーはディスプレイ上に表示される仕様になっています。

背面デザイン

「HUAWEI Mate 9」はスタイリッシュなメタルのユニボディ設計になっています。背面デザインも非常に美しいものになっています。

Mate 9 背面

ただ、デザイン性が高いだけでなく、側面から背面にかけてはつや消しが施されていています。メタルボディを採用したスマホでは、滑りやすくて落下させないか不安になってしまいます。「HUAWEI Mate 9」は、施されたつや消し加工によって、背面のデザイン性を向上させるだけでなく、手が滑るリスクが軽減されています。このような使い勝手を高める配慮はうれしいポイントです。

今回試している「シャンパンゴールド」カラーの色合いは、派手さはよりも、上質な落ち着いたものになっています。

リアカメラ

「HUAWEI Mate 9」の大きな特徴は、リアに搭載された第2世代Leica(ライカ)デュアルレンズカメラです。

Mate 9 リアカメラ

1200万画素RGBセンサーと2000万画素モノクロセンサーを搭載していて、スマホでは最高レベルのカメラ性能が期待できます。

カメラの下には、ワンタッチで高速ロック解除可能な「指紋センサー」を搭載しています。

側面をチェック

続いて、「HUAWEI Mate 9」のボディサイドを確認していきます。まずは、上から撮った写真です。

HUAWEI Mate 9 上部

「HUAWEI Mate 9」のボディの厚さは約7.9mmです。大容量4000mAhのバッテリーを搭載して、厚さが8mm未満に仕上がっているのは注目に値します。

写真で分かるように、背面は側面にかけてカーブした形状になっていて、スペックよりもスリムな印象を受けました。

HUAWEI Mate 9 下部

下部には「スピーカー」と、裏表なく利用できる「USB Type-C」ポートがあります。充電については、世界最速レベルの充電システム「HUAWEI スーパーチャージ」を搭載しています。

HUAWEI Mate 9 右部

ボディの右サイドには、電源ボタンとボリュームボタンがあります。

HUAWEI Mate 9 左部

ボディの左サイドには、「SIMスロット」があります。

DSDS対応

「SIMスロット」には、Nano SIM x 2のスロット構成になっています。「HUAWEI Mate 9」は、2つのSIMカードで同時に待受可能な「デュアルSIMデュアル・スタンバイ(DSDS)」に対応しています。Huaweiが日本で発売しているSIMフリースマホでは、初めてのDSDS対応機です。

デザインレビューまとめ

以上、「HUAWEI Mate 9」のデザインレビューでした。5.9インチディスプレイを搭載していますが、なんとか片手で操作できる大きさに収めているのは大きなポイントです。

デザインについては、手に持った瞬間から高級感を感じさせるものでした。全体的に丸みをもたせ、持ちやすさを考えたデザインになっています。背面の加工により落下のリスクを軽減にも配慮されていて、使い勝手の良さが光ります。

フレーム部分などの細部には、高級感を演出するダイヤモンドカットも施されています。「HUAWEI Mate 9」のデザインは、国内で発売されているSIMフリースマホでは最高峰のレベルになっています。

以上、「HUAWEI Mate 9」のデザインをチェックしてみました。参考になる部分があれば幸いです!!!

SIMカードと同時購入で49800円

ドコモ系回線の格安SIMを提供しているMVNO「excite モバイル」では、「HUAWEI Mate 9」を取り扱っています。

SIMカードと端子を同時購入する際の「HUAWEI Mate 9」の一括価格は49800円(税別)と、一般的な販売価格よりも安くなっています。詳しくは下のバナーからご確認ください。

次ページ
「HUAWEI Mate 9」のハードをチェックしていきます。