【日本発売期待】Huawei コスパ優秀なハイスペックモデル「honor 9」発表

中国のHuawei(ファーウェイ)は、2017年6月12日に、コンパクトなハイスペックモデル「honor 9」を発表しました。

honor 9

「honor 9」はコストパフォーマンスの高さで定評ある「honor」シリーズの最新モデルです。

今年2月に中国で「honor V9」が発表されて、ハイスペックな仕上がりが話題になりましたが、今回発表された「honor 9」も同様に文句なしのハイスペックな仕上がりになっています。

「honor 9」の特徴

「honor 9」は5.15インチフルHDディスプレイを搭載した、比較的コンパクトなモデルです。

honor 9 マイクロパターン

ボディには前作同様にマイクロパターンが施されており、光のあたる角度によって表情が変わります。

「honor 9」の上品なデザイン性も大きな特徴になりそうです。

Kirin 960

「honor 9」のSoCにはファーウェイ製のハイエンド向け「Kirin 960」が採用されています。日本で発売済みのフラグシップモデル「HUAWEI Mate 9」や「HUAWEI P10」と同じSoCですから、かなりのパフォーマンスが期待できます。

デュアルカメラ

「honor 9」の大きな特徴は、リアに搭載された2000万画素+1200万画素デュアルカメラです。

リアのカメラには、劣化を抑えながら2倍までズームできる「ハイブリッドズーム」機能を搭載しています。

日本でも「楽天モバイル」で取り扱われている「honor 8」もデュアルカメラの構成になっていましたが、「honor 9」ではさらにカメラ性能もスペックアップしています。

フロントには800万画素カメラを搭載しています。

メモリ仕様

「honor 9」にはメモリ仕様が異なる3種類のモデルがラインナップされています。「4GB RAM+64GB ROM」、「6GB RAM+64GB ROM」、「6GB RAM+128GB ROM」の3つです。

バッテリー容量は3200mAhで、USBポートは「Type-C」です。

「honor 9」は指紋センサーを前面のホームボタンに搭載しています。

「honor 9」のカラーについては、ゴールド、ブルー、グレーの3色がラインナップされています。

現地での発売日と価格

「honor 9」は、現地にて2017年6月16日から順次発売開始になります。 現地での販売価格は、「4GB RAM + 64GB ROM」モデルが2299元(約37400円)、「6GB RAM + 64GB ROM」モデルが2699元(約43900円)、「6GB RAM + 128GB ROM」モデルが2999元(約48800円)です。

いわゆる「ライカ」ブランドのカメラではありませんが、「HUAWEI P10」と同等スペックでありながら価格はかなり抑えたものになっています。高いコストパフォーマンスが期待できます。

「honor 9」のスペックレビュー

「honor 9」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 7.0
  • ディスプレイ:5.15 インチ(1920×1080)
  • SoC:Kirin 960
  • CPU:Octa Core 2.4GHz×4+1.8GHz×4
  • RAM:4GB/6GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:12MP+20MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3200mAh
  • サイズ/重量:70.9(W)×147.3(D)×7.45(H) mm / 155 g

まとめ

「honor 9」が噂されていたとおりのタイミングで発表になりました。

少し前まで「honor」シリーズはコスパを重視したモデルという印象もありましたが、今回発表された「honor 9」はフラグシップクラスに近い仕様になっています。

日本での発売を期待したいところですが、現時点では日本発売についてのアナウンスはされていません。

「楽天モバイル」が前モデルにあたる「honor 8」を取り扱っているので、コンパクトでハイスペックな「honor 9」についても日本発売を期待したいところですね!!!

Gearbest Huawei Honor 9 4G | GEARBEST
Huawei Honor 9 4G | GEARBEST

Source

「honor 9」製品ページ|Huawei