高コスパモデル!ファーウェイ 「nova lite」を日本で発売発表

ファーウェイ・ジャパンは、2017年2月21日に、「HUAWEI JAPAN 新商品発表会」を開催しました。

参考複数の新型スマホ発表?HUAWEI JAPAN 新商品発表会を2月21日開催

「HUAWEI JAPAN 新商品発表会」においては、新型SIMフリースマホが2機種が発表されました。

このページには、発表された2機種のうち、高いコスパを誇るSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite」についてまとめておきます。

HUAWEI Nova lite

「HUAWEI nova lite」は、2017年2月24日に発売開始を予定しています。

参考まもなく日本で発売されるSIMフリースマホ一覧表

「HUAWEI nova lite」は、「楽天モバイル」、「イオンモバイル」などのMVNOで取り扱いされます。MVNOによって販売価格が異なりますが、「楽天モバイル」においてさっそくキャンペーン対象となっていて、SIMと同時契約時で端子価格が19800円(税抜)で販売されます。

およそ2万円という価格帯でありながら、「HUAWEI nova lite」のスペックはかなり高いものになっています。

「HUAWEI nova lite」

「HUAWEI nova lite」は、5.2インチフルHD液晶搭載で、SoCには、ミドルレンジクラス向け「Kirin655」を搭載しています。

高いスペック

CPUは、オクタコアプロセッサ(2.1GHz×4+1.7GHz×4)と高性能です。人気モデル「HUAWEI P9 lite」と同じ、ミドルレンジSoCですが、最新型ということでクロックアップしています。

メモリ仕様は、「3GB RAM+16GB ROM」です。内部ストレージ容量が小さいですが、Micro-SDカード(最大128GB)に対応しています。

Android 7.0

OSは最新の「Android 7.0」を採用しています。アップデートを待たずに最新OSを使うことができるのはうれしいポイントです。

指紋認証センサー搭載

「HUAWEI nova lite」は、ボディ背面に指紋認証センサーを搭載。カメラは約1200万画素(メイン)+約800万画素(サブ)です。

バッテリー容量

「HUAWEI nova lite」のバッテリー容量は3000mAhです。省電力技術に定評あるファーウェイですから、「HUAWEI nova lite」のバッテリーの持ちも期待できそうです。

3色のカラー展開

カラーは、ホワイト、ブラック、ゴールドの3色展開です。

au VoLTEには非対応

兄弟モデル「HUAWEI nova」はアップデートでau VoLTEに対応予定となっていますが、「HUAWEI nova lite」については非対応になっています。

「HUAWEI nova lite」スペックレビュー

ファーウェイ・ジャパンの新シリーズ「nova」のコスパモデル「HUAWEI nova lite」の主なスペックは以下の通りです。

OS Android 7.0(Emotion UI 5.0)
ディスプレイ 5.2 インチ(1920 x 1080)
SoC Kirin655
CPU Octa-Core 2.1GHz×4+1.7GHz×4
ROM 16GB
RAM 3GB
カメラ REAR:12MP(f2.2) FRONT:8MP(f2.0)
指紋センサー
Wi-Fi 802.11 b/g/n
バッテリー 3000mAh
サイズ/重量 約72.94(W)×147.2(D)×7.6(H) mm / 147g

MVNOにおける「HUAWEI nova lite」販売価格

「HUAWEI nova lite」は多数のMVNOで販売されます。2017年2月25日段階で判明している「HUAWEI nova lite」の端子価格(税別)についてまとめておきます。

  • 「IIJmio」 19800円
  • イオンモバイル 21800円
  • gooSimseller 14800円(キャンペーン)
  • DMM mobile 19800円
  • NifMo 18889円
  • BIGLOBE 870円×24=20880円 3000円分のクーポン付き
  • LINEモバイル 19900円
  • 楽天モバイル 19800円

おおむね2万円程度の価格設定でした。SIMと同時に購入で、基本的には別途事務手数料などが発生します。

現段階で判明している中では、「gooSimseller」が発売記念キャンペーンでダントツの価格設定になっています。「OCNモバイルONE」SIMが付属していますが、契約自体は任意になっています。下のバナーからチェックしてみてください。

同日に「HUAWEI nova」も発表

「HUAWEI JAPAN 新商品発表会」においては、「HUAWEI nova lite」以外にも「HUAWEI nova」の日本発売が発表されています。

「HUAWEI nova」は、3万円台という売れ筋の価格帯で発売されます。スタイリッシュなデザインと高いスペックで、人気モデルとなりそうです。

まとめ

「HUAWEI nova lite」のコスパは非常に高いです。SIMと同時契約とはいえ、新型モデルがおよそ2万円で、価格を大きく超えたスペックになっています。厚さが7.6mmですから、比較的薄型である点もいい感じです。

「HUAWEI nova lite」のコスパは「やすスマ」の物欲ゲージを刺激しました。「LINEモバイル」で注文して、発売日翌日に「HUAWEI nova lite」が到着しました。

「HUAWEI nova lite」についてのレビュー記事を随時追加していく予定です。

Source

「HUAWEI nova lite」製品ページ|ファーウェイ・ジャパン