【実機レビュー】「 HUAWEI P9 lite 」|ベンチマークやメモリ仕様チェックを追記

別ページの日記にまとめたように、長い間メイン機として使用してきたズルトラ(Xperia Z Ultra)が引退を迎えて、代わりのメイン機として「 HUAWEI P9 lite 」を購入しました。

HUAWEI P9 lite

楽天モバイルで「 HUAWEI P9 lite 」買い増し

「 楽天モバイル 」では、サービススタート2周年記念イベントを開催中で、その中に「端末買い増しが最大10,000円割引」キャンペーンがあります。その最大割引額が設定されている「SIMフリースマホ」が「 HUAWEI P9 lite 」です。端末買い増しで「 HUAWEI P9 lite 」が19800円(税別)になっています。

「 楽天モバイル 」については、「050データSIM」を今年10月に契約していて、新規で「格安SIM」を契約することなく、評判が良い「 HUAWEI P9 lite 」がおよそ2万円で入手できるならいい!と判断して購入しました。

楽天モバイル 楽天モバイル

先日、「 HUAWEI P9 lite 」の販売想定価格が値下がりというニュースがありました。「楽天モバイル」でも更に下がるかな?と思って少し待ちましたが、価格は変化しませんでした。

では、さっそくレビューを開始します。このページには開封時についてまとめておきます。

「 HUAWEI P9 lite 」を購入

「楽天モバイル」で月曜日夕方に注文して、2日後の水曜日に「 HUAWEI P9 lite 」が到着しました。

さっそく「 HUAWEI P9 lite 」を開封!

「 HUAWEI P9 lite 」が到着して、まず驚いたのは外箱の質感が高いことです。すごくシンプルなものが増えている中で、しっかりとした紙質の外箱になっていて、予想外の高級感に驚きました!

HUAWEI P9 lite   
外箱
 

続いて、実際に開封して、同梱されている主な付属品を確認。

HUAWEI P9 lite   
付属品1
 

写真にあるように、「 HUAWEI P9 lite 」には、うれしいことにハード系のクリアケースが付属しています。「やすスマ」は新しいスマホを手に入れた際には、ハード系のクリアケースを別途購入しています。なぜクリアケースなのかというと、スマホ自体のデザインを楽しみながら、本体を保護したいからです。そのニーズをほぼ満たしてくれる付属のケースは非常に助かります。

ただ、ケース自体に厚みがあり、もしかすると他のものを購入するかもしれません。厚みあるケースはスリムな「 HUAWEI P9 lite 」の特長を損ねることになりますが、使用感を見るために当分は使ってみようと思います。

HUAWEI P9 lite   
付属品2
 

ACアダプターとUSBケーブルです。特にACアダプターがコンパクトな設計になっている点は好印象です。

HUAWEI P9 lite   
付属品3
 

イヤホンとクイックスタートガイドです。イヤホンが付属しないスマホもありますが、「 HUAWEI P9 lite 」にはちゃんと付属していました。

続いて、「 HUAWEI P9 lite 」本体の外観をスペック紹介をまじえてチェックしていきます。

まずは、本体前面を確認していきます。「 HUAWEI P9 lite 」は5.2インチフルHDディスプレイを搭載しています。実際に電源を入れて、ベゼル幅等が分かりやすいようにして撮影しました。

HUAWEI P9 lite   
「 HUAWEI P9 lite 」前面
 

今回、選択したカラーは「ゴールド」です。「やすスマ」は、スマホを選ぶ際には、基本的に「ホワイトモデル」という信念を持っています。

実は、別記事で書いた事前にヨドバシカメラをウロウロしているときに「 HUAWEI P9 lite 」をチェックしていて、ホワイトカラーとゴールドカラーを比較していました。ホワイトカラーモデルも悪いわけではありませんでしたが、ゴールドカラーのほうが質感が高く、全体のデザインが映えると思ったので、信念を曲げて「ゴールド」を選択しました。

コンパクトなボディ

「 HUAWEI P9 lite 」のボディ幅は72.6mmです。同じサイズのディスプレイで人気モデルになっている「ZenFone 3 (ZE520KL)」の幅は73.9mmになっています。コンパクトであるに越したことはないですから、いい感じですね。

「ZenFone 3 (ZE520KL)」などのミドルレンジモデルで採用が増えてきた、ディスプレイを2.5Dガラスを覆い、エッジにかけてカーブしている流行りの形状にはなっていません。

ベゼルの幅も含めて、いたってスタンダードな前面デザインだと思います。なお、ホームボタンはソフトウェア式ですので、写真にあるように、ディスプレイ下部に表示されています

HUAWEI P9 lite   
液晶フィルム
 

上の写真では少しわかりにくいかもしれませんが、「 HUAWEI P9 lite 」のディスプレイには液晶フィルムが貼られています。

「やすスマ」は必ず液晶フィルムを貼りますので、とりあえずは貼ったままで使用感などを確認しながら様子をみようと思います。

HUAWEI P9 lite   
「 HUAWEI P9 lite 」背面
 

次に背面を確認します。まずは、ソニー製のイメージセンサーが採用の1300万画素カメラが搭載されています。また、あると非常に便利な指紋認識センサーが搭載されています。指紋認識センサーの認識速度などは後日チェックしてみます。

背面には細かなヘアライン加工がされるなど丁寧な仕上がりで、一見するとメタル素材を使用しているように見えます。実際に触ってみると、主な素材がプラスチックであることが分かります。ただ、細かな加工などデザインの工夫もあり、ゴールドモデルの質感は高いです。

上にも書きましたが、「やすスマ」が好みのホワイトモデルを選択しなかったのはこれが大きな要因となっています。ヨドバシカメラでゴールドモデルとホワイトモデルを比較してみると、ホワイトモデルはプラスチックの素材感が強く出ていて、質感としてゴールドモデルのほうが圧倒的に高いと感じました。なお、フレームなど一部にはメタル素材を使われています。

HUAWEI P9 lite   
「 HUAWEI P9 lite 」のカメラの出っ張り
 

リアカメラの出っ張りを確認してみました。「 ZenFone 3 (ZE520KL) 」をチェックしたときにカメラの出っ張りが意外と気になりましたが、「 HUAWEI P9 lite 」はほぼフラットないい感じです。

HUAWEI P9 lite   
「 HUAWEI P9 lite 」上部
 

ボディ上部にはイヤホンジャックがあります。フレームがメタル素材であることがしっかり分かります。エッジ部分には細かなカットが施されています。

HUAWEI P9 lite   
「 HUAWEI P9 lite 」下部
 

下部にはスピーカー、マイク、microUSB端子があります。最新モデルで採用が急速に増えてきて、明らかに便利なUSB Type-Cでないのは残念です。

なお、「 HUAWEI P9 lite 」には、「ストラップホール」がありません。

HUAWEI P9 lite   
「 HUAWEI P9 lite 」右
 

ボリュームボタンと電源ボタンが上下に並んでいます。いたって普通です。

HUAWEI P9 lite   
「 HUAWEI P9 lite 」左
 

ボディ左側にはSIMスロットがあります。付属品のピンを用いてSIMスロットを取り出します。実際にSIMスロットを取り出してみたのが下の画像です。

HUAWEI P9 lite   
「 HUAWEI P9 lite 」SIMスロット
 

なお、「SIMサイズ」は、Nano-SIM × 2となっていて、SIMを2枚挿すことができますが、DSDS(デュアルスタンバイ)には対応していません。

DSDSを希望される方は、「 ZenFone 3 」、「 Blade V7Max」、「 IDOL 4 」あたりの少し上の価格帯の機種を検討する必要があります。

microSDを使用する際には、SIMスロット2で使用することになりますので、microSDを使用する際には、SIMカードは1枚しか挿せない仕様になっています。

「 HUAWEI P9 lite 」のストレージは16GB ROMと、使用用途によっては心配な容量になっています。おそらく、「SIMカード」1枚と「SDカード」1枚を挿して使用されるケースが多いと思われます。「 HUAWEI P9 lite 」は最大128GBのmicroSDに対応しています。

「 HUAWEI P9 lite 」開封編まとめ

ゴールドモデルを選択して正解であったと感じています。価格を考えると質感はなかなかのものです。細かな仕上がりもしっかりされており、さすが人気モデル!といった感じです。

ケースと液晶フィルムが付いているのはポイント高いです。ただ、それほど高い品質ではないようですので、使用してみて不満であれば他のものを買う方がよいと思います。

今頃「 HUAWEI P9 lite 」のレビュー?と思われた方もいらっしゃると思います。まあ、せっかく買ったんで愛着をもつためにも細かく書いたつもりです。「amazon」などでもセールがされているので、どんどん「 HUAWEI P9 lite 」を安く手に入れるチャンスが増えてくると思います。

次のページ
「 HUAWEI P9 lite 」を本格的に起動させて、初期設定やプリインストールアプリを確認します。