国内初 4G & 3G の同時待ち受け対応「 Moto G4 Plus 」情報 SIMフリー 16/7/22

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、日本で発売されるスマートフォンでは初の4G & 3G の同時待ち受け対応した「 Moto G4 Plus 」を2016年7月22日に発売しました。

Moto G4 Plus

メモリと内部ストレージ容量の違いで、2GB RAM+16GB ROMモデルと3GB RAM+32GB ROMの2つのモデルがあります。それぞれの市場想定価格は32,800円、35,800円です。

「 Moto G4 Plus 」のスペックレビュー

「 Moto G4 Plus 」は、4G & 3G の同時待ち受け対応だけでなく、ミドルクラスとしてのスペックを持ったSIMフリースマホとなっています。

OS Android 6.0.1
ディスプレイ 5.5インチ(1920 x 1080)
SoC Snapdragon 617
CPU Octa-core 1.5GHz
ROM 16GB/32GB
RAM 2GB/3GB
カメラ REAR:16MP FRONT:5MP
指紋センサー
バッテリー 3000mAh
USBポート Micro-USB
サイズ/重量 76.5(W)×152(D)×7.87(H) mm / 157g

「 Moto G4 Plus 」の主な特長

次に、「 Moto G4 Plus 」の主な特長についてまとめていきます。

4G & 3G の同時待ち受け対応

「 Moto G4 Plus 」の最も大きな特長は、LTEの同時使用数は1つのみですが、4G & 3G の同時待ち受けに対応している点です。

マイクロSIMタイプのデュアルSIMスロット搭載で、マイクロSDカードは別スロットに挿入する形となっており、使い勝手の良さが光る構造となっています。

Android 7.0アップデート

「 Moto G4 Plus 」のOSには、Android 6.0.1が採用されています。新OSのAndroid 7.0へのアップデートも既に予告されています。

5.5インチフルHD液晶

「 Moto G4 Plus 」には、大画面5.5インチのフルHD液晶を搭載しています。ボディは樹脂製となっています。

オクタコアプロセッサ搭載

SoCとしては、Snapdragon 617を採用しています。「Antutu」ベンチマークでは総合スコアで45,000程度となっています。

指紋センサー搭載

SIMフリースマホにおいても採用が増えてきた指紋センサーについてもディスプレイの下部に搭載されています。

まとめ

国内で発売されているスマートフォンで初の4G & 3G の同時待ち受け対応という点が最も大きな魅力です。スペックについてもオクタコアプロセッサ搭載など、ヘビーな使用をしないかぎりは実用十分なものとなっています。

国内版「 Moto G4 Plus 」製品ページが見つかりませんでしたので、アメリカの製品ページヘのリンクを掲載しておきます。

Source

「 Moto G4 Plus 」製品ページ|Motorola アメリカ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク