【簡易レビュー】6色カバー同梱!FREETEL「Priori 4」をレビュー

FREETELは、人気シリーズ「 Priori 」の最新作モデルとなる「 Priori 4 」を2017年1月27日に発売しました。

参考まもなく日本発売されるSIMフリースマホ一覧

「 Priori 4 」の市場想定価格は14800円(税別)です。エントリークラスの中でも低価格な設定になっています。

Priori 4

「 Priori 4 」

新型SIMフリースマホ「 Priori 4 」は、コストパフォーマンスの高さで人気を博した「 Priori 3 」シリーズの後継モデルとして販売されています。

「 Priori 4 」は、大容量バッテリー搭載「FREETEL Priori 3S LTE」と高コスパ「 Priori 3 」の2機種の特徴を合わせもったモデルになっています。

【管理レビュー】「Priori 4」実機でチェック

行きつけの「ヨドバシカメラ マルチメディア京都」のSIMフリースマホコーナーに突撃して、「Priori 4」を触ってきました。

触ってみた印象としては、およそ1.5万円とかなり抑えた価格になっていますが、十分に価値を見出すことができそうな出来でした。

Priori 4 ホーム画面1

FREETELコーナーには、多くのモデルが操作可能な状態で展示されています。今回触った「Priori 4」はブラックのパネルが装着されたものでした。

Priori 4 ホーム画面2

「Priori 4」は、5インチHDディスプレイを搭載しています。フルHDでないので、高精細という印象は受けませんが、バッテリーの持ちや、パフォーマンス面からするとメリットがあります。

実機でディスプレイの「明るさを自動調整」にして見た感じでは、十分な明るさになっていて、価格帯を考えると不満ないレベルだと感じました。

ベゼル幅については、それなりにある印象です。5インチスマホということで、サイズ感を手に持ってチェックしてみました。

Priori 4 手に持ってみた

「Priori 4」の幅は71.5mmと、幅がおよそ76mmぐらいの5.5インチクラスのスマホと比べると明らかにコンパクトです。片手で操作しやすいサイズになっています。

Priori 4の厚さをチェック

一方で、「Priori 4」の厚さは9.5mmと、最新スマホとしてはかなりの厚みになっています。

低価格で4000mAh大容量バッテリーを搭載しているので、仕方ない部分もありますが、惜しいところです。

「Priori 4」の重量は167gということで、手に持ってみると、コンパクトな外観のわりにはそれなりの重さを感じます。

Priori 4 背面デザイン

背面はプラスチック素材のマットブラックパネルが装着されていました。「装着」と表現したのは、「 Priori 4 」には6色のバックカバーをすべて同梱されているからです。

Priori 4 6色バックパネル

マットブラック以外にもシルバー、ブルー、ピンク、グリーン、パープルのパネルが同梱されています。

「やすスマ」としては、「グリーン」や「ピンク」は綺麗な色合いだと感じました。

Priori 4 グリーンPriori 4 ピンク

好みや気分によって本体カラーがチェンジできるのは大きな魅力だと思います。

次に、「Priori 4」のメモリ周りの状況を確認してみました。「Priori 4」のメモリ仕様は2GB RAM+16GB ROMです。エントリークラスのスタンダードな水準になっています。

Priori 4 メモリ状況

Priori 4 内部ストレージ状況

メモリはそれほど余裕があるわけではないですが、それなりに動きそうです。プリインストールアプリがそれほど多くないので、内部ストレージはエントリークラスとしては確保されている状況です。

まとめ

「Priori 4」については、「スペックが低いので引っかかりを感じるかな?」と思っていましたが、軽く触ってみるなかでは動作は以外にスムーズでした。

14800円という価格設定であれば、気軽に試すことが出来ます。一瞬、詳細にレビューするためにそのまま買って帰ろうかと思ってしまいました。財布と相談して、やめておきましたが(笑)

以上、簡易でありましたがレビューしてみました。参考になる部分があれば幸いです。

「 Priori 4 」の特徴

6色カバー付き

「 Priori 4 」の大きな特長は、マットブラック、シルバー、ブルー、ピンク、グリーン、パープルの6色のバックカバーをすべて同梱している点です。

その日の気分によって、ボディカラーを変更して使用することができます。

基本スペックも向上

「 Priori 4 」の基本スペックは、前モデル「 Priori 3 」シリーズから向上しています。

SoCには、「MediaTek MT6737」を採用しており、CPUは1.3GHzクアッドコアです。

メモリ仕様は、2GB RAM+16GB ROM。外部メディアのmicroSDは、最大容量128GBまで対応。ディスプレイ部は5.0インチHD液晶です。

「 Priori 4 」のスペックから推測される「Antutu」の総合スコアはおよそ30000です。ライトな仕様であれば、問題なく使用できるスペックです。

SIMスロットはmicro SIM+nano SIMの2スロットになっていますが、デュアルスタンバイには対応していません。また、FOMA契約のSIMを利用することができません。

大容量バッテリー

「 Priori 4 」の大きな特長の1つは、4000mAhの大容量バッテリーを搭載している点です。

同じ4000mAhバッテリーを搭載したFREETELスマホとしては、「 Priori 3S 」があります。

FREETELによると、大療養バッテリーを搭載により、「 Priori 4 」の連続待受時間(4G LTE)が約19日間、連続通話時間(3G)が約21.6時間を実現しているということです。

一般的に、このレベルのバッテリー容量になると、充電する回数が確実に減ります。

ジャイロセンサー搭載

「 Priori 4 」は、エントリースマホでは珍しいジャイロセンサー搭載です。「ポケモンGO」をプレイされている方にとっては、うれしい搭載かもしれません。

「Android 7.0」アップデート予定

「 Priori 4 」のOSは、「Android 6.0」を搭載しています。2017年春には「Android 7.0 Nougat」にアップデートが予告されており、「マルチウィンドウ機能」や「電池もちの改善」などが期待できます。

「 Priori 4 」のスペックレビュー

「 Priori 4 」は、人気を博した「 Priori 3 」から、機能とデザインともに正常進化したモデルになっています。「 Priori 4 」のスペックをまとめておきます。

OS Android 6.0
ディスプレイ 5.0 インチ(1280×720)
SoC MediaTek MT6737
CPU Quad-Core 1.3 GHz×4
ROM 16GB
RAM 2GB
カメラ REAR:8MP FRONT:5MP
Wi-Fi 802.11a/b/g/n
指紋センサー
USB micro
バッテリー 4000mAh
サイズ/重量 71.5(W)×144.8(D)×9.5(H) mm / 167g

Source

「 Priori 4 」製品ページ|FREETEL