【日本発売期待】ViVo ハイスペック「 Xplay 6 」発表! デュアルカメラ



中国メーカーのViVoは、2016年11月16日に中国にて、ハイスペックモデル「vivo Xplay 6」を発表しました。

vivo Xplay 6」

「Xplay 6」は、今年3月に発売された「 Xplay 5 」の後継モデルです。

「Xplay 6」は、2016年12月12日に現地にて発売を予定しており、販売予定価格は4498元(約71500円)です。

「Xplay 6」の主な特長

「Xplay 6」の主な特長をまとめておきます。

「エッジスクリーン」

一新された「Xplay 6」のデザインで目を引くポイントが、ディスプレイがエッジにかけてカーブしている「エッジスクリーン」を採用している点です。

Snapdragon 820搭載

「Xplay 6」のSoCは、「Snapdragon 820」です。今年上半期の多くのフラグシップモデルで採用されてたSoCですので、高い性能が期待できます。

5.46インチWQHDディスプレイ

「Xplay 6」のディスプレイサイズは、5.46インチです。解像度はWQHD(2560×1440)となっており、高いものになっています。

6GB RAM+128GB ROMモデルも登場

「Xplay 6」のメモリ仕様は、6GB RAM+128GB ROMとハイスペックです。

リアにデュアルカメラ搭載

「Xplay 6」のリアには、ソニー製のセンサーを採用したデュアルカメラが搭載されています。画素数は1200万画素+500万画素です。f1.7の明るいレンズ、4軸の光学手ブレ補正機能を採用しています。

フロントカメラについては、画素数が1600万画素になっており、ViVoのスマホらしく自撮り(セルフィー)向けに強化されたものになっています。

大容量バッテリー

「Xplay 6」のバッテリー容量は4080mAhと、非常に大容量なものが採用されています。

他のスペック

ホームボタンに指紋認識センサーを搭載し、USBコネクタはType-Cとなっています。カラーはゴールド、ローズゴールドの2色です。

エクスパンシス

「Xplay 6」のスペックレビュー

「Xplay 6」の主なスペックは以下の通りです。

OS Android 6.0.1
ディスプレイ 5.5 インチ(2560×1440)
SoC Snapdragon 820
CPU Quad-Core 2.15 GHz
ROM 128GB
RAM 6GB
カメラ REAR:12MP+5MP(f1.7) FRONT:16MP(f2.0)
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
指紋センサー
USB Type-C
バッテリー 4080mAh
サイズ/重量 73.48(W)×153.66(D)×8.25(H) mm / 178g

ViVoらしい非常に高いカメラ機能を搭載してきた「 vivo Xplay 6 」はCPU、メモリもなかなかハイスペックになっています。ただ、販売予定価格もなかなかのものです。

Source

「 vivo Xplay 6 」製品ページ|ViVo

※詳細については各社のHPで必ず確認ください