【実機レビュー】ASUS「ZenFone 3」を「Android 7.0」にアップデートしてみた

ASUS JAPANは、2017年5月15日12時に、「ZenFone 3」の「Android 7.0」へのアップデートを含む最新ソフトウェアを配信開始しました。

「やすスマ」の「ZenFone 3 (ZE520KL)」にもアップデートがふってきましたので、さっそくアップデートしてみました。

「ZenFone 3」の「Android 7.0」アップデート

2017年5月15日19時過ぎに、愛用している「ZenFone 3」の「設定」メニューから「システムアップデート」を見てみました。

ZenFone 3 Android 7.0 アップデート通知

上の画像にあるように、「新規システムアップデート」の案内が表示されて、さっそくアップデートを実施。

「Android 7.0」アップデートを実施

今回のシステム更新用のファイルサイズは「1174.61 MB」と表示されました。

ZenFone 3 Android 7.0 アップデート ダウンロード

今回のメインは「Android 7.0」アップデートですが、それ以外にタッチパネルの改善や、カメラのシャッター音の調整なども含まれているようです。

ファイルサイズが大きいので、基本的にはWi-Fi環境下でのダウンロードのほうが良さそうです。

「やすスマ」の環境では、ダウンロードしてからインストール完了するまでおよそ20分程度で完了。

「マルチウインドウ」機能

無事に「Android 7.0」アップデートが完了したので、新機能として注目される「マルチウインドウ」機能について確認しておきます。

スマートフォンの画面を分割して複数のアプリを利用可能にする「マルチウインドウ」ですが、操作としては「マルチタスクボタン」をロングタップするのが基本です。

「やすスマ」の「ZenFone 3」では、「マルチタスクボタン」をロングタップするとスクリーンショットを保存する設定になっていました。

「設定」メニューの中の「スクリーンショット」から「マルチタスクボタン」のスクリーンショット保存設定を「OFF」に切り替えます。

ZenFone 3 Android 7.0 アップデート マルチタスクボタン

「OFF」に切り替えて、対応アプリを使用時に「マルチタスクボタン」をロングタップすると、下の画像のように「マルチウインドウ」化することができました。

ZenFone 3 Android 7.0 アップデート マルチウインドウ

少しだけ操作してみた感じとしては、大きな引っ掛かりが発生するような大きく気になることはなさそうです。

先日、同じく「Android 7.0」にアップデートした「ZenFone 3 Ultra (ZU680KL)」も動作自体で大きく気になることは発生していません。

「ZenFone 4」の登場も迫ってきそうですが、「ZenFone 3」を実際に使っていると、高い安定性とデザイン性で、まだまだ当分の間は愛用できそうな感触です。

以上、「ZenFone 3」の「Android 7.0」アップデートまとめでした。

Source

「ZenFone 3 (ZE520KL/ZE552KL)」と「ASUS ZenPad 8.0 (Z380M)」のAndroid 7.0への FOTAアップデート開始|ASUS JAPAN