【実機レビュー】ズルトラ後継にぴったり!!「 ZenFone 3 Ultra 」レビュー

「 ZenFone 3 Ultra 」のパフォーマンスをチェック

「 ZenFone 3 Ultra 」の基本的な設定が終わり、次はパフォーマンス面をチェックしていきます。

Antutuベンチマーク

「 ZenFone 3 Ultra 」は、SoC「Snapdragon 652」を採用しています。CPUはオクタコアプロセッサ(1.8GHz×4+1.4GHz×4)です。「Snapdragon 652」はミドルレンジ向けSoCですが、パフォーマンスはハイエンドクラスに近いものがあると評判です。

さっそく「 ZenFone 3 Ultra 」のパフォーマンスを「Antutu」で確認してみました。

ZenFone 3 Ultra   
Antutuスコア
 

海外モデルの状況から、スコアは70000強ぐらいをイメージしていました。日本モデルでベンチマークしてみると80000オーバーという結果になりました。これはいい意味でびっくりしました!

Geekbenchでチェック

続いて、ベンチマークアプリ「Geekbench 4」で計測しておきました。

ZenFone 3 Ultra     

ゲームアプリの動作

「 ZenFone 3 Ultra 」に人気ゲームアプリをインストールして動作を確認してみました。

まず、「パズドラ」はドロップ操作も含めて、引っかかりなくスムーズにプレイすることできました。

「honor 6 Plus」では動作がカクカクしていた「ドッカンバトル」についてもスムーズにプレイできました。他のゲームアプリについては後日追加してテストする予定です。

後日公開予定
「 ZenFone 3 Ultra 」はAV機能が強化されたモデルになっています。カメラやサウンドなどのAV関連機能をテストしてまとめていく予定です。

UQ mobileで取り扱い

回線品質で定評あるMVNO「UQ mobile」では、「 ZenFone 3 Ultra (ZU680KL) 」の取り扱いを開始ししました。

端子購入アシストを利用しない場合の本体一括価格は、49800円(税別)です。市場想定価格よりも1万円安くなっています。ただし、SIMパッケージ料金3000円(税抜)が別途必要です。

「 ZenFone 3 Ultra (ZU680KL) 」の主な特長

「 ZenFone 3 Ultra (ZU680KL) 」は今年5月に海外で発表されていたAV機能強化のファブレットです。

日本モデル「 ZenFone 3 Ultra (ZU680KL) 」は、海外モデルのスペックを踏襲したものとなっています。

大画面6.8インチディスプレイ

「 ZenFone 3 Ultra 」の最も大きな特長は、大画面6.8インチIPSディスプレイを搭載していることです。

ディスプレイは高い耐衝撃性・耐摩耗性を誇る「Gorilla Glass 4」で覆われており、落下に対するリスクにも配慮されています。

解像度はフルHD(1920×1080)となっており、タッチパネルは10点マルチタッチとなっています。

DSDS対応

「 ZenFone 3 Ultra 」は、2枚のSIMカードを装着でき、4G +3G のデュアルシムデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しています。

フルメタルボディ

ボディについては、アンテナが見えないオールメタルのユニボディとなっています。

Snapdragon 652

「 ZenFone 3 Ultra 」の気になるパフォーマンスについては、SoCとして「Snapdragon 652」を搭載しています。CPUはオクタコアプロセッサ(1.8GHz×4+1.4GHz×4)です。

「Snapdragon 652」はミドルレンジ向けSoCです。ベンチマークアプリ「 Antutu 」では総合スコアが70000程度が予想されます。様々な用途において快適に使用できる性能が期待できます。

メモリ仕様は4GB RAM+32GB ROMです。特に大容量4GB RAMを搭載しているのは大きなポイントです。

大容量4600mAhバッテリー

大画面6.8インチディスプレイ搭載ということで気になるバッテリー性能については、大容量4600mAhバッテリーとなっています。

2300万画素カメラ

「 ZenFone 3 Ultra 」のカメラ性能については、リアに高画素な2300万画素カメラを搭載しています。

リアカメラについては、レーザーオートフォーカス、像面 位相差オートフォーカス、コンティニュアスオートフォーカスの3つのフォーカス技術を1つに統合した「 TriTech オートフォーカス 」を搭載しています。

また、光学式手振れ補正と電子式手振れ補正を搭載しており、暗所等でのブレを軽減させて撮影することが可能です。

その他

「 ZenFone 3 Ultra 」は、ハイレゾ再生や「DTS Headphone:X」に対応しています。指紋センサーはホームボタンに内蔵されています。厚さ約6.8mmの薄型ボディとなっている点も見逃せません。

エクスパンシス

「 ZenFone 3 Ultra (ZU680KL) 」スペックレビュー

日本モデル「 ZenFone 3 Ultra (ZU680KL) 」の主なスペックは以下の通りです。

OS Android 6.0.1
ディスプレイ 6.8 インチ(1920×1080)
SoC Snapdragon 652
CPU Octa-Core 1.8GHz×4+1.4GHz×4
ROM 32GB
RAM 4GB
カメラ REAR:23MP(f2.0) FRONT:8MP(f2.0)
指紋センサー
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Network Band FDD-LTE: 1/3/5/7/8/18/19/20/26/28
TD-LTE: 38/40/41
W-CDMA : 1/2/5/6/8/19
USB Type-C
バッテリー 4600mAh
サイズ/重量 93.9(W)×186.4(D)×6.8(H) mm / 233g

楽天スーパーSALE対象

楽天市場では、2016年12月3日(土)19:00より「楽天スーパーSALE」が開催されます。

「楽天モバイル」が同時期に開催する「楽天スーパーSALE特別企画」において、「 ZenFone 3 Ultra (ZU680KL) 」が対象機種になることが予告されました。

ZenFone 3 Ultra

音声SIM契約と同時に「 ZenFone 3 Ultra (ZU680KL) 」を購入することで、通常販売価格から半額の32800円(事務手数料込・税込)で販売です。なお、データSIMは対象となっておりません。

音声SIM契約が必須ですが、最新ファブレット「 ZenFone 3 Ultra (ZU680KL) 」がこの価格であることから争奪戦が予想されます。販売予定台数は1000台(グレー450台、シルバー450台、ローズゴールド100台)です。

販売開始は 2016年12月03日19時00分です。なお、音声SIMプランについては、契約月を含めて12ヶ月以内に解約すると違約金9800円が発生しますのでご注意ください。

「楽天スーパーSALE特別企画」における「 ZenFone 3 Ultra (ZU680KL) 」へのリンクを掲載しておきますので、興味のある方はどうぞ。


ついに半額で発売開始

2016年12月3日(土)19:00より、「楽天モバイル」が同時期に開催する「楽天スーパーSALE特別企画」において「 ZenFone 3 Ultra (ZU680KL) 」の半額販売が開始されました。

販売予定数は1000台と比較的台数が用意されていましたが、予想以上の争奪戦となり、1000台がおよそ2分で売り切れになりました。

ZenFone 3 Ultra

「やすスマ」も19時ジャストにアクセスしていましたが、在庫数がすごい勢いで減っていき、あっという間に「売り切れ」の表示。ものすごい勢いでした!

「やすスマ」はシルバーの「 ZenFone 3 Ultra (ZU680KL) 」を1台を確保しました。安いとはいえ、結構な出費にな りますので、すごく悩みましたが、自分を止められずに争奪戦に参加しました。

2016年12月5日からは、申し込みされた方に「楽天モバイル」から「通信契約のご案内」というメールが届いているようです。

メール記載のURLにアクセスして、まずは回線契約をを完了させます。その後、「本人確認書類」をアップロード。24時間以内に「楽天モバイル」から確認結果が届くと案内されています。ただし、販売状況によって数日かかる場合もあるようです。

「Liquid Z530」が今回のセールで2000台販売されていますから、「 ZenFone 3 Ultra (ZU680KL) 」の出荷のタイミングがどのような状況になるか気になるところです。

Source

「 ZenFone 3 Ultra (ZU680KL) 」製品ページ|ASUS

コメント

  1. 結城 忍 より:

    zenfone3 deluxe(ZS550KL)を購入してドッカンバトルを起動すると管理者権限の画面のまま動きませんが、ultraはそんな事ありませんでしたか?

  2. やすスマ より:

    結城 忍 様

    やすスマです。
    サイトを御覧いただき、ご質問までいただきありがとうございます。

    「ドッカンバトル」について、結論から申し上げると、
    ダウンロード→インストール→起動→プレイ
    といういたって普通の流れで動作確認できております。

    実は、zenfone3 deluxeに関連して、
    既に、同様の問い合わせを個別に頂いておりました。

    今朝も「ZenFone 3 Ultra」で動作確認(ただ遊んだだけ?)しておきました。

    なお、ドッカンバトルのVerは3.0.1です。

    「管理者権限の取得」等の表示もございませんでした。

    お恥ずかしながら、「ドッカンバトル」がZenFoneでプレイが
    難しいことがあることすら知りませんでした。

    そのぐらい私の「ZenFone 3 Ultra」では普通にプレイできている状態です。

    設定を購入当初からそれほどいじっていない状態で、
    インストールしてプレイしています。

    参考になれば幸いです。