【実機レビュー】ベンチも実施!ASUS「 ZenFone 3 (ZE520KL) 」を初期設定

先日は、「 ZenFone 3 (ZE520KL) 」(以下、「 ZenFone 3 」)のデザインを中心にレビューいたしました。デザインについては、前モデルから明らかに進化していました。詳しくは以下のリンク先にまとめています。よろしければ合わせて御覧ください。

このページには、「 ZenFone 3 」の初期設定の流れ、起動時のメモリ状況、「 Antutu 」と「Geekbench 4」を用いたベンチマークテスト結果などをまとめておきます。

「 ZenFone 3 」を初期設定

まずは、「 ZenFone 3 」の初期設定を紹介します。特徴的な画面以外は省略していき、さくっと進めていきます。

ZenFone 3   
設定画面
 

指紋登録

「 ZenFone 3 」の背面には指紋センサーが搭載されています。ミドルクラス以上の機種ではスタンダードな機能になってきました。
指紋センサーを搭載していても、機種によって、さくっと指紋認証できるものと、指紋認証がなかなかうまくいかないものがあります。指紋認証の精度はしっかりとリサーチしておきたいものです。

初期設定を進めていくと、さっそく指紋登録の画面が出てきました。

ZenFone 3   
指紋登録
 

指紋登録をする前に、予備の画面ロック方法を選択して、登録しておく必要があります。「パターン」、「PIN」、「パスワード」の3つから選択します。このあたりは、お好みで設定しておいてください!

ZenFone 3   
予備の画面ロック方法を選択
 

予備の画面ロック方法を登録できると、下のような画面になり、指紋登録がスタートします。

ZenFone 3   
指紋登録スタート
 

指紋センサーに指を付けたり離したりしていき、指紋情報を登録していきます。登録が完了すると、以下のような画面になります。お疲れさまでした!

ZenFone 3   
指紋登録完了
 

指紋登録が終わって、ざーっと進めていくと、以下のような画面になります。

ZenFone 3   
Google Drive プロモーション
 

「100GBのGoogle Drive プロモーション???」

ASUSのスマホを購入すると、100GBのGoole Driveを無料利用できるというものが表示されます。100GBを無料利用できる期間は2年です。

ボーナス容量の期間が終了した後のファイルはどうなる?など気になる点がありますよね!このプロモーションについては、Googleの公式ページに情報があります。リンクを掲載しておきます。

参考新しい Asus 端末でご利用いただける Google ドライブ クーポン – ドライブ ヘルプ

さらにさくさくと進めていくと、「セットアップ完了」となります!

ZenFone 3   
セットアップ完了
 

ようやく、ホーム画面が表示され、、、と思ったら、お気に入りアプリを見つけてインストールしよう的な展開に。「スマートニュース」、「AbemaTV」、「モンスターストライク」など定番系の無料アプリがありました。ASUSさん、きっちりと商売をされますね(笑)!

ZenFone 3   
お気に入りアプリ探しを提案される
 

ホーム画面とプリインアプリ

「お気に入りアプリ~」をうまくスルーしてみると、ようやく念願のホーム画面が表示されました。

ZenFone 3 ZenFone 3   
ホーム画面
 

「 ZenFone 3 」には独自のシステムUI「ZenUI」が搭載されています。

ドロワーのアイコンをタップすると、アプリ一覧が表示されます。アプリの一覧を確認してみました。

ZenFone 3
ZenFone 3
ZenFone 3   
アプリ一覧
 

「 ZenFone 3 」プリインストールされたアプリはそれなりにあるなあ~といった感じです。SIMフリースマホではプリインストールアプリの少ない機種は多数あります。もちろん、大手キャリアモデルと比較すると少ない水準ですが、「やすスマ」としてはそれなりに残念な点です。

メモリの状況

次に、初回起動時の「 ZenFone 3 」のメモリ状況についてチェックしていきます。

「 ZenFone 3 」のメモリ仕様は3GB RAM+32GB ROMです。ミドルクラスのスマホにおいても、どんどん大容量化が進むなかで、いたってスタンダードなものです。

ZenFone 3 ZenFone 3   
RAMとROMの状況
 

RAMについては。平均メモリ使用が「1.1GB」と表示されました。3GBのうち半分以上の「1.7GB」が空きとなっています。

また、ストレージについては空き容量が「22.91GB」でした。動画などの大きい容量のファイルを保存する場合には、不足してくる可能性があります。「 ZenFone 3 」はmicroSDカードに対応しています。使用の状況によってはmicroSDカードを用意しておいたほうが良さそうです。

ベンチマーク

最後に、ベンチマークをやってみます。アプリとしては「 Antutu 」と「Geekbench 4」で計測しておきました。

ZenFone 3   
「 Antutu Ver6.27」
 
ZenFone 3   
「Geekbench 4」
 

動作速度に定評ある「Snapdragon 625」を搭載していることもあり、「 Antutu 」、「Geekbench 4」ともにいいスコアです。

コスパで評判の「 HUAWEI P9 lite 」の「 Antutu 」スコアがおよそ53000です。「 ZenFone 3 」と「 HUAWEI P9 lite 」の価格差は1万5千円です。DSDS機能の有無など決定的に異なる部分もありますが、悩むところですよね。

まとめ

以上、初期設定からベンチマークまでをまとめてみました。「 ZenFone 3 」の動作自体はかなりスムーズでいい感じです。

さきほども書きましたが、「 HUAWEI P9 lite 」と比較すると、「 ZenFone 3 」の価格帯はだいぶ上です。ともにいい機種ですし、悩ましいところですね。

別ページでも「 ZenFone 3 」をレビュー

「 ZenFone 3 」の実機でレビューを別ページでも行っています。よろしければ合わせて御覧ください。

【実機レビュー】人気モデルが進化!「 ZenFone 3 (ZE520KL) 」デザインをチェック

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク