ZTE ハイエンドモデル「 AXON7 」日本発売決定 Snapdragon820 DSDS 16/10/13

ZTEは、2016年10月13日に、フラグシップモデル「 AXON7 」シリーズの日本発売を発表しました。

「 AXON7 」シリーズには、ハイスペックモデルの「 AXON7 」とミドルクラスモデル「 AXON7 mini 」の2つのモデルがあります。

このページには、ハイスペックモデル「 AXON7 」の特長やスペックなどをまとめておきます。

発売日は2016年10月21日を予定しており、市場想定価格は59800円(税抜)となっています。

「 AXON7 」の主な特長

「 AXON7 」は、今年5月に中国にて発表されていたSIMフリースマホで、ハイスペックであるだけでなく、「デザイン」、「サランド」、「カメラ」などにこだわったモデルとなっています。ボディ背面には採用が増えてきた指紋センサーが搭載されています。

AXON7

DSDS対応

「 AXON7 」は、国内SIMフリースマホで採用が増えてきた3G・4Gの「デュアルSIM・デュアルスタンバイ」(DSDS)に対応しています。nanoSIMを2枚搭載できます。ただし、片方のスロットはLTE非対応で、microSDカードとは排他利用となっています。

Snapdragon820などハイスペック

「 AXON7 」はフラグシップモデルということで、SoCにはハイパフォーマンスが期待できるSnapdragon820が採用されています。

他のスペックについても、4GB RAM+64GB ROM、5.5インチWQHD有機ELディスプレイなど、SIMフリースマホとしてはハイエンドクラスとなっています。

美しいボディデザイン

「 AXON7 」においては、自動車メーカーBMWのグループ企業である「Designworks」とのパートナー契約による設計で実現された美しいボディデザインが大きな特長となっています。

継ぎ目のないフルメタルボディを採用しており、ディスプレイはエッジ部分がわずかにカーブしている形状になっています。

サウンド機能

「 AXON7 」はハイレゾ音源に対応しているなど、サウンド機能が強化されています。旭化成エレクトロニクス製のオーディオ専用チップが採用しており、これまでのスマホレベルを超える高音質が提供されていると言われています。

Hi-Fiサウンド、Dolby Atmosをはじめとして、ハイレベルなオーディオ技術が搭載されたモデルとなっています。

カメラ機能

リアカメラには2000万画素カメラが搭載されており、f1.8の明るいレンズが採用されています。

光学式+電子式のデュアルの手ブレ補正機能や高機能なオートフォーカス、露出、シーンセレクション、周囲の光の変化に応じて自動的に調整されるホワイトバランスなどを備えています。

「 AXON7 」のスペックレビュー

ついに日本発売が発表となった「 AXON7 」は、ZTEのフラグシップモデルとして高いレベルのスペックとデザイン性をもった注目モデルとなっています。

OS Android 6.0
ディスプレイ 5.5インチ(2560 x 1440)
SoC Snapdragon 820
CPU Quad-core 2.15GHz
ROM 64GB
RAM 4GB
カメラ REAR:20MP(f1.8) FRONT:8MP(f2.2)
指紋センサー
バッテリー 3250mAh
Wi-Fi 802.11b/g/n/ac 2.4GHz/5GHz
2×2 MU-MIMO
Network Band FDD : 1/3/8/19/28
TD : 41
UMTS : 1/6/8/19
USBポート Type-C
サイズ/重量 75(W)×151.7(D)×7.9(H) mm / 175g

Source

シアターレベルのサウンドとワールドクラスのデザインが特長のハイエンドスマートフォン「AXON 7」、「AXON 7 mini」を10月21日より発売|ZTEジャパン

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク