ビックニュースがつい判明!auの新料金プラン「auピタットプラン」「auフラットプラン」発表

KDDI、沖縄セルラーは、2017年7月10日に、新料金プランとして「auピタットプラン」と「auフラットプラン」を発表しました。

auからのビックニュースを発表予定!auが7月10日に発表会開催を予告
KDDIは、2017年7月10日に、「au 発表会 2017 Summer 第2弾」を開催することを発表しました。auからビックニュース発表予定すでに開設されている特設サイトでは「auからのビックニュース!」と予告するティザー画像が掲載され

事前に予告されていた「auからのビックニュース!」は新料金プランの発表でした。

「auピタットプラン」と「auフラットプラン」は2017年7月14日より提供開始になります。

「auピタットプラン」と「auフラットプラン」はともに音声とデータがセットになったプランです。

音声については、カケホ、スーパーカケホ、シンプルの3つのうちから選択することができます。

「auピタットプラン」と「auフラットプラン」は「毎月割」が適用されない代わりに、使用状況によっては月額料金を大きく抑えることができるプランになっています。

今回発表された新プラン「auピタットプラン」と「auフラットプラン」は、MVNOなどが展開している、いわゆる「格安スマホ」に対抗する内容になっています。

「auピタットプラン」と「auフラットプラン」の概要についてまとめておきます。

「auピタットプラン」

「auピタットプラン」はデータ利用量に合わせて5段階の定額料金が自動的に適用される料金プランです。

auピタットプラン

2017年7月14日から2017年12月31日までに4G LTEスマートフォン購入を伴う新規契約・機種変更時に「auピタットプラン」に加入すると、12ヶ月間、利用料金を1000円割引になる「ビッグニュースキャンペーン」が適用されます。

「auスマートバリュー」を適用することによって月額500~1000円の割引をうけることができます。

「誰でも割」、「auスマートバリュー」、「ビッグニュースキャンペーン」の3つの割引をすべて適用することで、最安で月額1980円で利用することが可能です。

auピタットプラン スーパーカケホ

既存の4G LTEスマートフォンユーザーは「auピタットプラン」にプラン変更することも可能です。ただし、上記の「ビッグニュースキャンペーン」は適用されません。

一方で、「iPhone」購入を伴う新規契約および機種変更時には「auピタットプラン」に加入することができません。料金プランの変更のみで「auピタットプラン」に加入可能になっています。

(2017年9月18日追記)
新型「iPhone 8」、「iPhone X」の発売に向けて、2017年9月22日より「iPhone」の新規契約および機種変更の際にも「auピタットプラン」への加入が可能となります。あわせて、「ビッグニュースキャンペーン」の対象となります。

「auピタットプラン」の料金体系や適用条件などの詳細については、以下のauの公式ページをご覧ください。

Source

新料金プラン「auピタットプラン」の提供について | KDDI

「auフラットプラン」

auフラットプラン

「auフラットプラン」は大容量のデータ通信を使用する場合に適したプランになっていて、データ容量が「20GB」と「30GB」の2つのパターンが用意されています。

通話と20GBのデータ通信を含めて、割引を最大に適用すると、「auフラットプラン20 (シンプル)」であれば月々4000円から利用可能です。

auフラットプラン20 (シンプル)

一方で、「iPhone」購入を伴う新規契約および機種変更時には「auフラットプラン」に加入することができません。料金プランの変更のみで「auフラットプラン」に加入可能になっています。

(2017年9月18日追記)
2017年9月22日より「iPhone」の新規契約および機種変更の際にも「auフラットプラン」への加入が可能となります。あわせて、「ビッグニュースキャンペーン」の対象となります。

「auフラットプラン」の料金体系や適用条件などの詳細については、以下のauの公式ページをご覧ください。

Source

新料金プラン「auフラットプラン」の提供について | KDDI

価格はすべて税別です。

まとめ

ついにauがビックニュースを発表しました。噂されていたとおり、新料金プランを発表しました。

特に、データ通信容量がそれほど多くない方にとっては、新プランに切り替えた方が従来プランよりも月額料金を下げることができます。

格安SIMを提供しているMVNOレベルの月額料金とはなりませんが、大手キャリアのサポート力と安心感などを考えると、かなり攻めたプラン構成になっています。

このプラン発表を受けて、NTTドコモ、ソフトバンクという他の大手キャリアや格安SIMを提供しているMVNOがどのような動きを見せるか注目ですね!

スポンサーリンク
au
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました