2018年の SIMフリースマートフォン関連の福袋情報 | 2018年ビックカメラの福箱は当たり

このページには、2018年のスマートフォン関連福袋情報についてまとめておきます。価格はすべて税別となっています。

2018年のスマートフォン関連福袋

2017年のスマートフォン関連福袋情報については別ページにまとめています。参考にしてみてくださいね。

2018年のビックカメラの福箱の中身まとめを追記【2018年1月1日】

2018年のスマートフォン関連福袋情報まとめ

福袋といえば、中に何が入っているかを予想するのが大きな楽しみですよね。

家電量販店やネット通販でのスマートフォン関連の福袋情報と中身を随時まとめていきます。

ヨドバシカメラのお年玉箱

ヨドバシカメラ恒例のお年玉箱(福袋)です。大人気のお年玉箱ということでかなりの激戦です。

2018年のスマートフォン関連のお年玉箱としては以下のものが用意されています。

  • 海外ブランドスマホの夢(壱萬円)
  • 国内ブランドスマホの夢(壱萬円)

ヨドバシカメラのお年玉箱のネット注文については、2018年から抽選販売方式に変更されました。すでに2017年12月1日午前10時〜12月8日午前9時59分の期間で抽選申し込みの受付は終了しています。

例年通り店頭でのお年玉箱の販売も行われます。数量限定の先着順販売ということで、早朝から店舗に行列が予想されます。お年玉箱の店舗販売の情報については、12月下旬にヨドバシカメラ.comまたは店頭で発表される予定です。気になる方はぜひともチェックしておいてくださいね。

2018年ヨドバシカメラのお年玉箱の中身

2018年ヨドバシカメラのお年玉箱の中身が判明したのでまとめておきます。

2018年に販売されたSIMフリースマートフォンのお年玉箱は、「海外ブランドスマホの夢」と「国内ブランドスマホの夢」の2種類。価格はともに10000円でした。

ネットで情報収集して判明した中身は以下のとおりです。

  • 海外ブランドスマホの夢 10000円 →ZenFone 3 Max
  • 国内ブランドスマホの夢 10000円 →arrows M03

両機種ともに発売から少し経過しています。スペック的には完全にエントリークラスです。それぞれの機種には大容量バッテリー、おサイフケータイなどの独自機能があります。狙っていた方にとっては10000円という価格を考えれば納得だと思います。

2017年のお年玉箱の中身

2017年のお年玉箱の実績としては、格安スマホの夢(壱萬円)が「HUAWEI P9 lite」または「FREETEL REI」、格安スマホの夢(五千円)が「FREETEL MIYABI」が入っていました。

参考ヨドバシ.com

ビックカメラの福箱

こちらも恒例のビックカメラの福箱です。2018年の福箱でスマートフォン関連のものは以下のとおりです。

  • 格安スマホ(SIMフリースマホ&SIMカード)(A) 7980円
  • 格安スマホ(SIMフリースマホ&SIMカード)(B) 3980円
  • 格安スマホ(SIMフリースマホ&SIMカード)(C) 7980円
  • 格安スマホ(SIMフリースマホ&SIMカード)(D) 7980円

ビックカメラの福箱のネットにおける予約販売受付は12月19日に開始され、すでに完売となっています。

ビックカメラ店頭での販売も行われるので、福箱の購入する場合は各店舗で購入する必要があります。

2018年ビックカメラ福箱の中身まとめ

2018年になってビックカメラの福箱の中身が判明したので紹介しておきます。

2018年ビックカメラの福箱

やすスマも、ビックカメラなんば店の行列に参加しました。5.2インチで32GB ROMという格安スマホ(C)狙いです。上の写真がそのときに頂いたチラシです。ただ、早起きできるはずもなく、9時前にビックカメラに到着するという出遅れぶり。およそ600番という番号札をもらいましたが、予想通り早期に格安スマホ(C)は売り切れのアナウンス。福箱の熱気を感じることができたことに十分満足して早々に離脱しました。

さっそく、ネット情報を収集して2018年の格安スマホ福箱の中身をリサーチしておきました。

  • 格安スマホ(A) 7980円 →ZenFone 3 Laser (ZC551KL)
  • 格安スマホ(B) 3980円 →ZenFone Go (ZB551KL)
  • 格安スマホ(C) 7980円 →HUAWEI P10 lite
  • 格安スマホ(D) 7980円 →arrows M03

事前には格安スマホ(C)には「Axon 7 Mini」が入っていると予想していました。実際には「HUAWEI P10 lite」が入っていたようです。「【実機レビュー】「HUAWEI P10 lite」のサファイアブルーに一目惚れ!」にすでにレビューしていますが、「HUAWEI P10 lite」が7980円は激安です。

「ZenFone 3 Laser (ZC551KL)」でもかなりの当たりですよね。他も値段からすると納得できるレベルです。

2018年のビックカメラ格安スマホ福箱は当たりといった状況でした。

2017年福袋の中身

2017年の福箱の実績としては、8980円の格安スマホ福袋が「arrows M02」、4480円の格安スマホ福袋が「HUAWEI Y6」といった感じでした。

参考ビックカメラ.com

ASUSの「ZenFone 福袋2018」

ASUSは、ZenFone Shopにおいて「ZenFone 福袋2018」を1000セット限定で販売します。以下の通りの3種類のセットが用意されていて、価格はすべて29,800円(税別・送料無料)となっています。

  • 「インスタ映え応援」ゴールドセット
  • 「インスタ映え応援」ホワイトセット
  • 「バッテリー長持ち」ピンクセット

ZenFone(本体)を含む、ZenFone純正アクセサリー数点が入ったセットとなっています。

セットの中身のヒントがZenFone Shopに紹介されています。

参考「ZenFone 福袋2018」1,000セット予約・販売開始!

コジマの福袋

コジマの2018年の福袋は1月1日10:00に(一部店舗を除いて)販売開始となります。

コジマのHPでは福袋を予告する内容が掲載されています。

参考2018年福袋 | コジマ

2018年コジマの福袋の中身

2018年のコジマのSIMフリースマートフォン関連の福袋は中身がわかるものとなっていました。チラシ情報によると、福袋の対象となっていたのはASUSの「ZenFone 2 (ZE551ML)」です。

対象となっていた「ZenFone 2 (ZE551ML)」は、Atomプロセッサ&4GB RAM+32GB ROMを搭載。発売当時はかなりハイスペックに位置していたモデルです。コジマでの販売価格は9980円でした。

対象の「ZenFone 2 (ZE551ML)」は現在ではハイスペックとは言えなくなりましたが、それでもミドルクラスレベルの性能を持っています。

コジマの福袋ではかなり懐かしい機種が対象となりました。ただ、性能的には1万円レベルを超えていますね!

2017年福袋の中身

2017年のコジマのスマートフォン関連の福袋としては、8980円の格安スマホ福袋に「ZenFone 2 Laser」が入っていたようです。少し前の機種でしたが、価格からすると狙っていた方にとってはオトクな内容でした。

ヤマダウェブコムのお買い得セット

ヤマダウェブコムでは、WEB限定のSIMフリースマホ「お買い得セット」を販売しました。

SIMフリースマホ「お買い得セット」は以下の2種類があります。

ともにSIMカードとアクセサリもセットとなっています。

海外メーカーの5.0インチSIMフリースマホであることが明らかとなっています。また、だいたいのカラーが明らかになっています。

goo Simselllerの福袋

2017年のSIMフリースマホ関連の福袋としてはお得度の高かったgoo Simselllerの2018年福袋情報はまだ掲載されていません。

2017年は限定数があっという間に終了したので、情報にはアンテナをはっておきたいですね!

参考goo SimSeller

2017年福袋の中身

goo Simselllerによると、2017年の福袋には「P9 lite」、「g05」、「ZenFone Max」、「arrows M03」、「ZenFone 3」、「ZenFone 3 Ultra」が入っていたということです。

まとめ

以上、SIMフリースマホ関連の福袋情報をまとめています。例年、販売価格以上のものが入っていて高い満足度となるケースが多いです。

福袋は中身を予想するのが非常に楽しいですよね!!!

ASUSFREETELFUJITSUhuaweiSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント