【2019年2月】海外発表の新型スマートフォンをピックアップしてまとめておきます!Xiaomi「Mi 9」シリーズ情報追加

2019年2月に海外発表されたスマートフォンまとめ

このページには、2019年2月に海外で発表されたスマートフォンのうち、読者の方に概要を紹介しておきたいと判断したスマートフォンを随時ピックアップしてまとめておきます。

多くの方の注目を集めそうなスマートフォンだ!と筆者が判断したスマートフォンについては、このページに加えて個別ページを作成しています。

2019年1月の振り返り

まとめにいく前に、先月(2019年1月)のスマートフォンまとめページでの注目状況を紹介しておきます。

【2019年1月】海外発表の新型スマートフォンをピックアップしてまとめておきます! Xiaomi「Redmi Note 7」情報追加
2019年1月に海外で発表された多数の新型スマートフォンから読者の方に概要を紹介したいモデルをピックアップしています。

上のページに設置している本ブログの読者の方のアンケート結果から、1月に発表されたスマートフォンでは、Xiaomiの「Redmi Note 7」の注目度が抜群でした。

【日本発売期待】Xiaomi「Redmi Note 7」は目を疑うようなバリューをもったSIMフリースマホ【クーポン情報】
コストパフォーマンスの高さで定評ある「Redmi Note」シリーズの最新モデルは、驚くほどのコストパフォーマンスで登場です。新たに発表された「Redmi Note 7」は4800万画素+500万画素デュアルという高性能なカメラを搭載。USBはType-Cになっているなど、前作から大幅に進化しています。
投票いただいた方には感謝しております。ありがとうございます!

2019年2月海外発表のスマートフォン

2019年2月海外発表のスマートフォンを紹介していきます。

SONY「Xperia 10 Plus」

「Xperia 10 Plus」

SONYが2019年2月に発表した新型ミドルスペックスマートフォンが「Xperia 10 Plus」です。

「Xperia 10 Plus」は縦横比21:9の6.5インチディスプレイを搭載。同じミドルスペックモデルで6インチディスプレイを搭載した「Xperia 10」も発表されてますが、縦横比21:9のディスプレイを生かすことを考えるとよい大型なディスプレイを搭載した「Xperia 10 Plus」の方がおすすめです。

SoCは「Snapdragon 636」を採用。現行のミドルスペックモデルとしては標準的なパフォーマンスが期待できます。

「Xperia 10 Plus」のスペック

「Xperia 10 Plus」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9 Pie
  • ディスプレイ:6.5 インチ(2520×1080)
  • SoC:Snapdragon 636
  • CPU:Octa Core 1.8GHz×8
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:12MP+8MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:73(W)×167(H)×8.3(D) mm / 180g

「Xperia 10 Plus」アンケート

「Xperia 10 Plus」は欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

「Xperia 10 Plus」 – SONY

SONY「Xperia 1」

「Xperia 1」の21:9ディスプレイ

SONYが2019年2月に発表したフラグシップモデルが「Xperia 1」です。

「Xperia XZ3」からデザインコンセプトを変更。以前のXperiaシリーズのようなフラットな形状になっています。縦横比21:9の6.5インチの4K有機ELディスプレイを搭載。「Snapdragon 855」を搭載するなどハイスペックに仕上がっています。

「Xperia 1」のスペック

「Xperia 1」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9 Pie
  • ディスプレイ:6.5 インチ(3840×1644)
  • SoC:Snapdragon 855
  • CPU:Octa Core 2.84GHz×1+2.42GHz×3+1.8GHz×4
  • RAM:6GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:12MP+12M+12MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3330mAh
  • サイズ/重量:72(W)×167(H)×8.2(D) mm / 180g

「Xperia 1」アンケート

「Xperia 1」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

「Xperia 1」 – SONY

Xiaomi「Mi 9」【2019年2月21日更新】

Xiaomiの新型フラグシップモデル「Mi 9」

Xiaomiの新型フラグシップモデル「Mi 9」が発表されました。

最新SoC「Snapdragon 855」、AMOLEDディスプレイ、ディスプレイ内指紋認証センサー、ワイヤレス充電など最新鋭の機能を搭載しながら手頃な価格を実現しています。

Xiaomi「Mi 9」のスペック

Xiaomiの「Mi 9」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9 (MIUI 10)
  • ディスプレイ:6.39 インチ(2340×1080)
  • SoC:Snapdragon 855
  • CPU:Octa Core 2.84GHz×1+2.42GHz×3+1.8GHz×4
  • RAM:6GB/8GB/12GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:48MP+16MP+12MP FRONT:20MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3300mAh
  • サイズ/重量:74.67(W)×157.5(H)×7.61(D) mm / 173 g

「Xiaomi Mi 9」アンケート

「Xiaomi Mi 9」は欲しいですか。

View Results

Loading ... Loading ...

Source

Xiaomi「Mi 9」 – Xiaomi

Xiaomi「Mi 9 SE」【2019年2月21日更新】

「Xiaomi Mi 9 SE」はスーパーミドルスマホ

「Xiaomi Mi 9 SE」は5.97インチのフルHD+(2340×1080)SuperAMOLEDディスプレイ搭載のミドルスペックモデル。

1999元(約3.3万円)~という手頃な価格でありながら、ハイスペックモデルのようなトリプルカメラを搭載するなど機能充実した注目モデルです。

「Xiaomi Mi 9 SE」のスペック

「Xiaomi Mi 9 SE」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9 (MIUI 10)
  • ディスプレイ:5.97 インチ(2340×1080)
  • SoC:Snapdragon 712
  • CPU:Octa Core 最大2.3GHz
  • RAM:6GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:48MP+8MP+13MP FRONT:20MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3070mAh
  • サイズ/重量:70.5(W)×147.5(H)×7.45(D) mm / 155 g

「Xiaomi Mi 9 SE」アンケート

「Xiaomi Mi 9 SE」は欲しいですか。

View Results

Loading ... Loading ...

Source

Xiaomi Mi 9 SE – Xiaomi

Motorola「Moto G7 Power」【2019年2月9日更新】

「Moto G7 Power」は大容量バッテリー搭載

「Moto G7」シリーズの大容量バッテリー搭載モデルが「Moto G7 Power」です。

6.2インチのHD+(1570×720)ディスプレイを搭載。バッテリー容量は5000mAhです。

SoCは「Snapdragon 632」を採用。メモリ仕様は3GB RAM+32GB ROMです。ヘビーな用途以外であれば軽快に動作するパフォーマンスが予想されます。

「Moto G7 Power」のスペック

「Moto G7 Power」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9.0
  • ディスプレイ:6.2インチ(2270×1080)
  • SoC:Snapdragon 632
  • CPU:Octa Core 1.8GHz×8
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • カメラ:REAR:12MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5000mAh
  • サイズ/重量:76(W)×160.83(H)×9.4(D) mm / 198 g

Source

Moto G7 Power – Motorola

Motorola「Moto G7 Power」アンケート

Moto G7 Power

View Results

Loading ... Loading ...

Motorola「Moto G7 Plus」【2019年2月9日更新】

上位モデルの「Moto G7 Plus」

バランスの良さに定評ある「Moto G」シリーズの上位モデルです。

日本でもSIMフリースマホとして発売されているシリーズですので、今回の「Moto G7 Plus」も日本発売が期待できそうです。

水滴型のノッチ採用の6.2インチのフルHD+(2270×1080)ディスプレイを搭載。

SoCは「Snapdragon 636」を採用。メインカメラは光学手振れ補正機能付きの1600万画素+500万画素デュアルカメラです。

Motorola「Moto G7 Plus」アンケート

「Moto G7 Plus」を欲しいですか。

View Results

Loading ... Loading ...

「Moto G7 Plus」のスペック

「Moto G7 Plus」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9.0
  • ディスプレイ:6.2インチ(2270×1080)
  • SoC:Snapdragon 636
  • CPU:Octa Core 1.8GHz×8
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:16MP+5MP FRONT:12MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:75.3(W)×157(H)×8.3(D) mm / 176 g

Source

Moto G7 – Motorola

Motorola「Moto G7」【2019年2月9日更新】

Moto G7

「Moto G7」シリーズのスタンダードモデルです。

水滴型のノッチ採用の6.2インチのフルHD+(2270×1080)ディスプレイを搭載。SoCは「Snapdragon 632」を採用していて、ヘビーな用途以外であれば快適に使用できるパフォーマンスになっています。

スタンダードラインにもスナドラ600番台を採用で、パフォーマンスが底上げされた印象ですね!

「Moto G7」のスペック

「Moto G7」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9.0
  • ディスプレイ:6.2インチ(2270×1080)
  • SoC:Snapdragon 632
  • CPU:Octa Core 1.8GHz×8
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:12MP+5MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:75.3(W)×157(H)×8(D) mm / 172 g

Motorola「Moto G7」アンケート

「Moto G7」を欲しいですか。

View Results

Loading ... Loading ...

Source

Moto G7 – Motorola

MotorolaSIMフリーXiaomi
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました