【2019年】海外メーカーのフラグシップモデルまとめ | 日本未発売のハイスペックSIMフリースマホもあり

2019年 海外メーカーフラグシップスマートフォンまとめ

各社から続々とリリースされるスマートフォンのなかで抜群の注目度をほこるのがハイスペックなスマートフォン。日本だけでなく海外においても多数のハイスペックで魅力的なスマートフォンが発売されています。

ハイスペックモデルならではのサクサク動作を経験するとなかなかミドルスペックモデルに戻るのが難しくなりますよね!

このページには2019年に発売されるフラグシップスマートフォン情報を紹介しています。

2018年の同様のまとめページはこちらです。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

【2018年】海外メーカーのフラグシップモデルまとめ | ハイスペックなSIMフリースマホが勢揃い
海外モデルのフラグシップスマートフォンまとめ このページには、海外メーカーの最新フラグシップAndroidスマートフォンを紹介しています。海外メーカーが多数リリースしているハイスペックなSIMフ...

2019年もXiaomi、HUAWEIなどの各社から続々とハイスペックなスマートフォンがリリースされていきます。このページは随時更新していきます。

ワクワクするような機能をもったフラグシップモデル情報をセレクトして紹介しておきますね。

SONY

「Xperia 1」の21:9ディスプレイ

SONYが2019年2月に発表したフラグシップモデルが「Xperia 1」です。

ハイスペックであるだけでなく、縦横比21:9の6.5インチの4K有機ELディスプレイを搭載。

背面にはトリプルカメラを搭載しています。

「Xperia 1」の特長は下のページにまとめています。

【日本発売期待】攻めのSONY!「Xperia 1」は21:9ディスプレイ搭載のフラグシップスマホ 予想外のDxoスコア判明
「Xperia 1」は、SONYのスマートフォンでは久しぶりに攻めのコンセプトをもったハイスペックスマートフォンになっています。大きなトピックは縦横比21:9のディスプレイを採用していることです。4K有機ELディスプレイによる高品質な画面表示が期待できます。

「Xperia 1」のスペック

「Xperia 1」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9 Pie
  • ディスプレイ:6.5 インチ(3840×1644)
  • SoC:Snapdragon 855
  • CPU:Octa Core 2.84GHz×1+2.42GHz×3+1.8GHz×4
  • RAM:6GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:12MP+12M+12MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3330mAh
  • サイズ/重量:72(W)×167(H)×8.2(D) mm / 180g

Xiaomi「Xperia 1」アンケート

「Xperia 1」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

「Xperia 1」 – SONY

Xiaomi

「Mi 9」はXiaomi初のトリプルカメラ搭載

Xiaomiのフラグシップモデル「Mi 9」が2019年2月に発表されました。

Xiaomi初のトリプルカメラを搭載。SoCに「Snapdragon 855」を搭載するなど、Androidスマートフォンとしては最高峰のスペックに成っています。

サムスン製のAMOLEDディスプレイ、指紋認証センサーはディスプレイ一体型、20Wワイヤレス充電など、かなり贅沢な仕上がりになっています。

ハイスペックでありながら、価格は2999元(約4.9万円)~と抜群のコストパフォーマンスです。

【日本発売期待】Xiaomi「Mi 9」はトリプルカメラ搭載のハイスペックSIMフリースマホ 価格が約4.9万円~と格安【クーポン】
中国のXiaomiは新型ハイスペックスマートフォン「Mi 9」を発表しました。「Mi 9」はXiaomi初のトリプルカメラを搭載しています。SoCに「Snapdragon 855」を搭載するなど、Androidスマートフォンでは最高峰のスペックを持っていながら手頃な価格を実現している注目モデルです。

Xiaomi「Mi 9」のスペック

Xiaomiの「Mi 9」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9 (MIUI 10)
  • ディスプレイ:6.39 インチ(2340×1080)
  • SoC:Snapdragon 855
  • CPU:Octa Core 2.84GHz×1+2.42GHz×3+1.8GHz×4
  • RAM:6GB/8GB/12GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:48MP+16MP+12MP FRONT:20MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3300mAh
  • サイズ/重量:74.67(W)×157.5(H)×7.61(D) mm / 173 g

「Xiaomi Mi 9」アンケート

「Xiaomi Mi 9」は欲しいですか。

View Results

Loading ... Loading ...

Source

Xiaomi「Mi 9」 – Xiaomi

Lenovo

「Phab 2 Pro」発売以来、日本ではあまり見かけられなくなったLenovoブランドのスマートフォンですが、海外市場ではコスパの高いモデルを続々とリリースしています。

Lenovoが2019年1月に発売するハイスペックなスマートフォンが「Lenovo Z5 Pro GT」です。

Lenovo Z5 Pro GT

Lenovo Z5 Pro GT

「Lenovo Z5 Pro GT」は最新SoC「Snapdragon 855」を採用しています。

「Snapdragon 855」搭載スマートフォンは「AnTuTu Ver 7」で軽く30万オーバーする高いパフォーマンスになっています。

参考AnTuTu ベンチマークランキング

スライド機構によってノッチなしを実現。画面占有率は95.06%とまさにフルスクリーンデザインです。

驚愕の12GB RAMモデルもラインナップしています。

価格は最安の6GB/128GBモデルで2698元(約4.4万円)と、コストパフォーマンスも高くなっています。

「Lenovo Z5 Pro GT」のスペックや特長などはこちらにまとめています。

【日本発売期待】注目のSD855を搭載したハイスペックモデル!「Lenovo Z5 Pro GT」情報 SIMフリー
ハイスペックスマートフォン「Lenovo Z5 Pro GT」 中国のLenovoは、2018年12月18日に、新型ハイスペックSIMフリースマートフォン「Lenovo Z5 Pro GT」...

「Lenovo Z5 Pro GT」アンケート

「Lenovo Z5 Pro GT」欲しいですか。

View Results

Loading ... Loading ...

Source

Lenovo Z5 Pro GT – Lenovo

LenovoSIMフリーXperia
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました