【2020年版】海外発売フラグシップスマホまとめ | 日本未発売のハイスペックSIMフリーモデルも紹介

どうも、やすスマです。各メーカーの技術力を結集したフラグシップスマートフォンをまとめておきますねぇ。

メーカーの激しい開発競争が展開される中で、それぞれのメーカーの看板モデルの位置付けとしてリリースされるフラグシップスマートフォン

メーカーの最新技術を凝縮した機能性は想像するだけでもワクワクします。

このページには2020年に海外発表されたフラグシップスマートフォンを紹介しておきます。

日本未発売のスマートフォンも紹介するので、気になるスマートフォンを探してみてくださいね!

なお、2019年発表のフラグシップスマートフォンまとめページはこちらです。

【2019年】海外発売のフラグシップスマホまとめ | 日本未発売のハイスペックモデルも紹介【OnePlus 7T Pro情報追加】
2019年に各メーカーから発売されるフラグシップスマートフォン情報をまとめています。各メーカーのスマートフォンを代表するモデルということで、目を引くような機能を多数搭載しています。日本で未発売のSIMフリースマホについても取り上げています。

2020年のフラグシップスマートフォンまとめ

魅力的なフラグシップスマートフォンをメーカーごとにさっそく紹介します。

Xiaomi

Xiaomiが2020年2月に発表した看板フラグシップスマートフォンが「Mi 10」シリーズです。

「Mi 10」シリーズは、5G通信対応していて、「Mi 10 Pro」と「Mi 10」の2モデルがラインナップ。

まずはシリーズの上位モデル「Mi 10 Pro」から紹介しておきます。

Mi 10 Pro

Mi 10 Pro

Mi 10 Pro」は新型ハイスペックSoC「Snapdragon 865」を搭載。LPDDR5の高速RAMとUFS 3.0の高速ストレージの組み合わせによって、高いパフォーマンスを引き出しています。

メーカー公称の「AnTuTu Ver 8」の総合スコアは58万オーバー。特定の環境下でのスコアでしょうが、性能はワンランクアップしてそうです。

カメラも非常に強力です。背面には10800万画素(1/1.33inch OIS)+2000万画素(117°広角)+800万画素(望遠 OIS)+1200万画素(ポートレート)のクアッドカメラを搭載。

DxOMark Mobile」のカメラスコアでは、スマートフォンで歴代トップスコアをマークしています(発表時点)。

DxOのオーディオ評価も実はトップになっています。

「Mi 10 Pro」の価格

「Mi 10 Pro」の中国での価格は以下の通りです。

価格
  • 8GB RAM+2568GB ROMモデル 4999元(約7.8万円)
  • 12GB RAM+256GB ROMモデル 5499元(約8.6万円)
  • 12GB RAM+512GB ROMモデル 5999元(約9.4万円)
5G対応のバリバリハイスペックですが、これまでのXiaomiの価格水準からするとちょい高めの印象を受けます。

「Mi 10 Pro」のスペック

中国版「Mi 10 Pro」の主なスペックは以下の通りです。

SPEC
  • OS:Android 10 (MIUI 11)
  • ディスプレイ:6.77 インチ(2340 x 1080)
  • SoC:Snapdragon 865
  • RAM:8GB/12GB
  • ROM:256GB/512GB
  • カメラ:REAR:108MP+8MP+12MP+20MP FRONT:20MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4500mAh
  • サイズ/重量:74.8(W)×162.6(D)×8.96(H) mm / 208g
Xiaomi「Mi 10 Pro」は新次元突入のハイスペックスマートフォン【日本発売期待】
Xiaomiの最強スマホ「Mi 10 Pro」の特徴とスペックをまとめています。DxOMarkではスマートフォン歴代トップの総合スコアをマークするなど、高いカメラ性能にも期待ができます。

アンケート

「Mi 10 Pro」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

Mi 10 Pro – Xiaomi

Mi 10

Mi 10

Mi 10」はシリーズの通常モデルという位置付け。

SoCは「Mi 10 Pro」と同様に「Snapdragon 865」を搭載。LPDDR5の高速RAMとUFS 3.0の高速ストレージの組み合わせというのも同じです。

動作パフォーマンスについては「Mi 10 Pro」と大差ないことが予想されます。

「Mi 10 Pro」との大きな違いはカメラ構成です。「Mi 10」は10800万画素(1/1.33inch OIS)+1300万画素(123°超広角)+200万画素(マクロ)+200万画素(深度)のクアッドカメラを搭載しています。

「Mi 10」の価格

中国版「Mi 10」の価格は以下の通りです。

価格
  • 8GB RAM+128GB ROMモデル 3999元(約6.3万円)
  • 8GB RAM+256GB ROMモデル 4299元(約6.8万円)
  • 12GB RAM+256GB ROMモデル 4699元(約7.4万円)

「Mi 10」のスペック

中国版「Mi 10」の主なスペックは以下の通りです。

SPEC
  • OS:Android 10 (MIUI 11)
  • ディスプレイ:6.77 インチ(2340 x 1080)
  • SoC:Snapdragon 865
  • RAM:8GB/12GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:108MP+13MP+2MP+2MP FRONT:20MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4780mAh
  • サイズ/重量:74.8(W)×162.6(D)×8.96(H) mm / 208g
Xiaomiのフラグシップスマホ「Mi 10」情報 SD865+LPDDR5+UFS 3.0のハイスペック【日本発売期待】
大注目のXiaomiのフラグシップスマホ「Mi 10」シリーズ。このページには通常版「Mi 10」の特徴とスペックをまとめておきます。強力なSoCに加えて、LPDDR5 RAM、UFS 3.0の内部ストレージでパフォーマンスをさらに底上げしています。

アンケート

「Mi 10」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

Mi 10 – Xiaomi

SAMSUNG

SAMSUNGのプレミアラインSシリーズの2020年モデルは「Galaxy S20 Ultra」、「Galaxy S20+」、「Galaxy S20」の3モデルをラインナップ。

「Galaxy S20」には5Gモデルだけでなく、4Gモデルもラインナップされています。

まずは最上位の「Galaxy S20 Ultra」を紹介します。

Galaxy S20 Ultra

「Galaxy S20 Ultra」

Galaxy S20 Ultra」は6.9インチのAMOLEDディスプレイを搭載。120Hz駆動ディスプレイで、滑らかな画面表示が可能です。

SoCは、発売国によって異なって「Snapdragon 865」または「Exynos 990」を搭載しています。

背面には10800万画素+4800万画素+1200万画素+深度計測というクアッドカメラを搭載。

最大100倍ズームという強力な望遠性能も魅力です。

カメラのスペックは非常に強力です。実際の写真でどのぐらいのクオリティとなっているかが楽しみです。

「Galaxy S20 Ultra」の価格

アメリカでの5Gモデル「Galaxy S20 Ultra」の価格は1399ドル(約15.4万円)です。

「Galaxy S20 Ultra」のスペック

「Galaxy S20 Ultra」の主なスペックは以下の通りです。

SPEC
  • OS:Android 10
  • ディスプレイ:6.9 インチ(3200×1440)
  • SoC:Snapdragon 865/Exynos 990
  • RAM:12GB/16GB
  • ROM:128GB/256GB/512GB
  • カメラ:REAR:108MP+48MP+12MP+深度 FRONT:40MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5000mAh
  • サイズ/重量:76.0(W)×166.9(D)×8.8(H) mm / 220g

アンケート

「Galaxy S20 Ultra」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

Galaxy S20 Ultra – SAMSUNG

Galaxy S20+

Galaxy S20+

S20シリーズの真ん中のグレードに位置する「Galaxy S20+」。

6.7インチのAMOLEDディスプレイを搭載。S20 Ultra同様に解像度がQHD+(3200×1440ドット)という高精細なディスプレイです。

120Hz駆動可能なディスプレイで、滑らかな画面表示が可能です。

背面カメラは1200万画素(メイン OIS)+6400万画素(望遠 OIS)+1200万画素(超広角)+深度計測というクアッドカメラを搭載。

カメラの構成がUltraとは異なります。

SoCは「Snapdragon 865」または「Exynos 990」ということでS20 Ultraと同様です。

「Galaxy S20+」の価格

アメリカでの5Gモデル「Galaxy S20+」の価格は1199ドル(約13.2万円)です。

「Galaxy S20+」のスペック

「Galaxy S20+」の主なスペックは以下の通りです。

SPEC
  • OS:Android 10
  • ディスプレイ:6.7 インチ(3200×1440)
  • SoC:Snapdragon 865/Exynos 990
  • RAM:8GB/12GB
  • ROM:128GB/256GB/512GB
  • カメラ:REAR:12MP+64MP+12MP+深度 FRONT:10MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4500mAh
  • サイズ/重量:73.7(W)×161.9(D)×7.8(H) mm / 186g

アンケート

「Galaxy S20+」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

Galaxy S20+ – SAMSUNG

Galaxy S20

Galaxy S20

「Galaxy S20」は6.2インチのAMOLEDディスプレイを搭載。ボディ幅が69.1mmとコンパクトなサイズが魅力です。

S20 Ultra/S20+同様に解像度がQHD+(3200×1440ドット)の高精細ディスプレイ。120Hz駆動可能ディスプレイです。

SoCは「Snapdragon 865」または「Exynos 990」と他モデルと同様です。

背面には1200万画素(メイン OIS)+6400万画素(望遠 OIS)+1200万画素(超広角)というトリプルカメラを搭載。S20+から深度カメラをなくした構成になっています。

コンパクトなサイズが魅力のハイパフォーマンスモデルという位置づけになります。

「Galaxy S20」の価格

アメリカでの5Gモデル「Galaxy S20」の価格は999ドル(約11.0万円)です。

「Galaxy S20」のスペック

「Galaxy S20」の主なスペックは以下の通りです。

SPEC
  • OS:Android 10
  • ディスプレイ:6.2 インチ(3200×1440)
  • SoC:Snapdragon 865/Exynos 990
  • RAM:8GB/12GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:12MP+64MP+12MP FRONT:10MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:69.(W)1×151.7(D)×7.9(H) mm / 163g

アンケート

「Galaxy S20」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

Galaxy S20 – SAMSUNG

まとめ

いやぁ~、見ているだけで惚れ惚れするようなハイスペックモデルばかりです。

2020年も続々とフラグシップスマホが登場するので本当に楽しみです。

今年は5G対応スマホの割合が高まってくるでしょうし、そのあたりの状況も合わせて注目していきたいと思います。

以上、参考になれば幸いです!

スポンサーリンク
Samsung SIMフリー Xiaomi
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
スマホを低価格で利用するために格安スマホや格安SIM情報を中心として発信しています。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました