「Amazfit GTR Lite」が109.99ドルでセール 日本語表示に対応のスマートウォッチ【GEARBEST】

どうも、2020年に入ってスマートウォッチに徐々に力を入れていく予定のやすスマです。

「Amazfit GTR Lite」

「GEARBEST」では、Xiaomiのスマートウォッチ「Amazfit GTR Lite」の販売が開始となりました。

「Amazfit GTR Lite」は、すでに発売済みの「Amazfit GTR」の廉価版モデルです。スペック上の通常モデルとの大きな違いとしては、GPSが無しでセンサー系の種類が少ないことが挙げられます。ただ、両モデルの多くの基本機能は同等になっています。

うれしいことに、GEARBESTの担当者の方に伺うと、「Amazfit GTR Lite」は日本語表示に対応とのことです。さらに「Amazfit GTR Lite」は技適も取得済みとのことです!

「GEARBEST」では「Amazfit GTR Lite 47mm」の発売記念セールを開催しています。

「Amazfit GTR Lite」のセール開始

Amazfit GTR Liteのセール開始

「GEARBEST」の発売記念セールでは「Amazfit GTR Lite 47mm」が109.99ドルとなっています。発売記念セール価格は5000個限定です。

「Amazfit GTR Lite」の特徴

「Amazfit GTR Lite」のロングバッテリー

「Amazfit GTR Lite」の大きな魅力は素晴らしいバッテリーの持ちです。「Amazfit GTR Lite」の47mmモデルは通常使用で24日駆動可能ということです。

バッテリー容量は410mAh。スマートウォッチとしては大容量なバッテリーを搭載しています。

スマートウォッチも進化してきていて、前の製品のようにちょっと使用するとバッテリー残量が残りわずかという状況ではありません。

AMOLEDディスプレイ

AMOLEDディスプレイ

ディスプレイは鮮やかな発色が期待できる1.39インチのAMOLEDタイプを搭載。解像度が454×454の高解像度なディスプレイです。

高価格帯のスマホで採用が多いAMOLED(有機EL)タイプの高性能ディスプレイです。

ディスプレイは強化ガラス「Gorilla Glass 3」で覆われていて、大切なウォッチフェイスの堅牢性を高めています。

アクティブティの記録

様々な通知表示や、シーン別のアクティビティの記録など多様な機能を搭載しています。

心拍数計測、アラーム設定、天気情報を確認などの機能は充実しています。

当然ながら防水にもしっかり対応しています!

ダウンロードすることで、好みに応じてウォッチフェイスを変更することもできます。

日本語表示対応

「Amazfit GTR」はリリース時点では日本語表示に対応しておらず、後日配信されたアップデートで日本語表示に対応したという状況でした。

「Amazfit GTR」は品質自体は良いけど、日本語表示していないので困ったということが一時期ありました。

「GEARBEST」の担当者の方からいただいた情報では、「Amazfit GTR Lite」は発売時点で日本語表示に対応しているということです。

日本語表示に対応ということは日本語の通知を表示できるということになります。非常に大切な要素ですので実機で検証したいですね!

また、さらには「Amazfit GTR Lite」はなんと技適取得済みという情報もキャッチしています。

追記:「Amazfit GTR Lite」で技適表示があることを確認しました。【2020年1月12日】

まとめ

以上、「Amazfit GTR Lite 47mm」の発売記念セール情報をまとめておきました。

スマートウォッチは5千円もあれば購入できるモデルもありますが、機能がかなり限定的であったり、デザイン性がいまひとつのものも多いです。

様々なことができて、カッコいいスマートウォッチがほしいけど、2万、3万のものはちょっとという方は検討に値するものになっている印象です。

限定5000個ですが、そんなスマートウォッチ「Amazfit GTR Lite 47mm」が109.99ドルというのは魅力的な価格です。

「Amazfit GTR Lite 47mm」に魅力を感じたので、実機を使ってのレビューを予定しています。ぜひご期待くださいね!

Xiaomiは2020年1月に「Mi Watch Color」を発表しています。「Mi Watch Color」はカラーを楽しむスマートウォッチです。

「Mi Watch Color」についても気になる方は別記事をぜひご覧ください。

Xiaomi「Mi Watch Color」はカラーを楽しむスマートウォッチ!価格は約1.2万円【日本発売期待】
中国のXiaomiのスマートウォッチ「Mi Watch Color」情報をまとめています。カラーを楽しむスマートウォッチをコンセプトとした「Mi Watch Color」が気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

「Amazfit GTR Lite 47mm」が到着【2020年1月12日追記】

「Amazfit GTR Lite 47mm」がついに到着しました。

「Amazfit GTR Lite 47mm」を検証した内容を別記事で作成しています。ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね!

「Amazfit GTR Lite」というカッチョ良くてバッテリー持ち優秀なXiaomiスマートウォッチが到着【技適あり】
Xiaomi「Amazfit GTR Lite」が到着したのでさっそく開封しました。外観や付属品をチェックしています。手頃な価格でかっこいいスマートウォッチということでテンションが上がりながら開封しています。また、技適マークも確認できています!

アンケート

「Amazfit GTR Lite 47mm」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

アンケート

「Amazfit GTR Lite」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク
Xiaomi
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました