スマートウォッチ「Amazfit GTR Lite」をステンレスバンドに交換してみた【レビュー】

どうも、やすスマです。「Amazfit GTR Lite」が到着してスマートウォッチの理解を進めています(汗)

このページには、「Amazfit GTR Lite」のバンドをステンレスバンドに交換したときの様子を書いています。

筆者は普通の腕時計でもバンド交換が苦手なんですが、「Amazfit GTR Lite」のバンド交換にトライしてみました。

「Amazfit GTR Lite」のバンドを交換

「Amazfit GTR Lite」のバンドを交換

上のものは「Amazfit GTR Lite」本体に付いていたシリコンバンドです。

シリコンバンドだと手につけたり外したりしにくく、手につけた感触もイマイチだなぁ

と考えて、バンド交換を行いました。

防水を必要とするシーンでの利用であればシリコンバンドが良いですが、当分はそんな予定はありません。

選んだ交換バンド

「Amazfit GTR Lite」にマッチしそうなステンレスのバンドであることと、手につけるのが楽にできそうなのが条件でした。

Fintieのステンレスバンド

Amazonをちょこちょこ見ながら選んだ交換バンドはFintieのステンレスバンドです。

Amazon`s Choice」って書いていたし、このステンレスバンドだったら大外れはないだろう。

商品名にはGalaxy Watchとか何だか書かれているけど、22mmのバンドなんで「Amazfit GTR Lite」でも使えるはず。

選んだ理由はこんな感じです(笑)

ホント、適当ですんません…。

調整工具付き

調整工具付き

交換バンドを開封したところです。交換バンド以外に、調整工具も付いています

さぁ、いよいよ交換です。

バンド交換完了

手にはめてバンドの長さを確認しながら工具を使って調整しました。

まぁ、あまりにも適当にやっていったので、時間がかかり、写真を撮るのも忘れていました(笑)

さっそく、バンド交換が終わった「Amazfit GTR Lite」です。

バンド交換後の「Amazfit GTR Lite」

うんうん、いい感じです。バンドはステンレスということでそれなりに重さはありますが、見た感じはさらにカッチョ良くなったと思っています。

バンド交換後の「Amazfit GTR Lite」2

さらには手につけたり外たりもシリコンバンドのときよりも圧倒的にいい感じです。

「Amazfit GTR Lite」のバンドを交換まとめ

以上、「Amazfit GTR Lite」のバンドを交換してみました。

ステンレスバンド自体は重厚感があって手触りもいい感じです。「Amazfit GTR Lite」のデザインとの相性もそこそこです。

バンドはおよそ1400円ぐらいでしたから十分に満足しています。少しでも参考になれば幸いです。

「Amazfit GTR Lite」の記事を公開しています

本ブログでは「Amazfit GTR Lite」の記事を他にも公開しています。

「Amazfit GTR Lite」というカッチョ良くてバッテリー持ち優秀なXiaomiスマートウォッチが到着【技適あり】
Xiaomi「Amazfit GTR Lite」が到着したのでさっそく開封しました。外観や付属品をチェックしています。手頃な価格でかっこいいスマートウォッチということでテンションが上がりながら開封しています。また、技適マークも確認できています!
「Amazfit GTR Lite」というカッチョ良いXiaomiスマートウォッチを初期設定【レビュー】
Xiaomiブランドのスマートウォッチ「Amazfit GTR Lite」の初期設定の手順を詳しくまとめています。「Amazfit GTR Lite」と「HUAWEI Mate 20 Pro」を実際にペアリングして設定してみました。

ぜひ合わせてチェックしていただければ幸いです。

GEARBESTでセール

GEARBESTでは、限定5000個で「Amazfit GTR Lite 47mm」を109.99ドルのセール価格で販売しています。

本記事を見て「Amazfit GTR Lite」に興味を持たれた方はぜひチェックしてみてくださいね!

少しでも参考になれば幸いです!

アンケート

「Amazfit GTR Lite 47mm」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

アンケート

「Amazfit GTR Lite」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク
Xiaomi
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました