「Amazfit GTR Lite」というカッチョ良いXiaomiスマートウォッチを初期設定【レビュー】

どうも、スマートウォッチへの興味関心が日に日に増しているやすスマです。スマホと連携しながらスマートに使いこなすことの実現を目指しています(笑)

Huamiのスマートウォッチ「Amazfit GTR Lite」。開封が終わり、期待通りの外観にワクワクしています。

「Amazfit GTR Lite」というカッチョ良くてバッテリー持ち優秀なXiaomiスマートウォッチが到着【技適あり】
Xiaomi「Amazfit GTR Lite」が到着したのでさっそく開封しました。外観や付属品をチェックしています。手頃な価格でかっこいいスマートウォッチということでテンションが上がりながら開封しています。また、技適マークも確認できています!

さっそく、「Amazfit GTR Lite」の設定を行ったので、その状況を紹介しておきます。筆者はスマートウォッチ初心者ですがさくっと初期設定は完了することができています。

ぜひ、「Amazfit GTR Lite」を入手された方に参考になればうれしく思うところです!

「Amazfit GTR Lite」の初期設定

「Amazfit GTR Lite」の設定

では、「Amazfit GTR Lite」の設定を紹介しておきます。

スマートウォッチの設定ってなんか難しそう。。。

そのような心配もあると思います。

筆者はスマートウォッチ初心者です。取扱説明書を見ながら「Amazfit GTR Lite」の設定を行うと、およそ10分ほどで設定を完了することができました。

後で書きますが、ちょっと迷う箇所もありました。そこさえ乗り越えれば大丈夫だと思います。

専用アプリのインストールから開始

専用アプリのインストール

まずは取扱説明書に書かれているように、Amazfitの専用アプリをインストールします。

日本語で書かれているので助かりますよねぇ

Google Playからダウンロード

Google Playでダウンロード

スマホなどで該当ページのQRコードを読み込むとGoogle Playの「Amazfit」アプリのダウンロード画面が出てきます。

専用アカウントが必要

Amazfitのアカウントでログイン

その後にアプリを起動するとAmazfitのアカウントでログインします。アカウントを持っていない場合には作成する必要があります。

アカウント情報を用いてログインすると、ペアリングする機器の選択画面が表れます。

ペアリングする機器の選択画面

今回は「Amazfit GTR Lite」の設定というなんで「腕時計」をタップします。

ペアリングする機器を選択

ペアリングする「Amazfit」のスマートウォッチの候補がこんな感じで表示されます。

「Amazfit」のスマートウォッチ一覧

あれ???

筆者はちょっとここで迷いました。そうなんです、「Amazfit GTR Lite」が見つかりません

ここから進まないと設定を進めることができないので、とりあえず兄弟モデル「Amazfit GTR」をタップして設定を継続です。

「Amazfit GTR」で良いかの確信は今でもありません。でも選ばないと進めないのでしゃあないですよね(汗)

「Amazfit GTR Lite」のQRコードをスキャン

すると、スマートウォッチのQRコードを読むこむ段階になります。「Amazfit GTR Lite」に表示されているQRコードを読み込みます

「Amazfit GTR Lite」のQRコードを読み込みます

上の画像のQRコードはダミーです。スキャンすると、、、。

「Amazfit GTR Lite」と「Mate 20 Pro」をペアリング

メイン機の「HUAWEI Mate 20 Pro」でQRコードを読み込むとペアリングが開始されて、筆者の場合はペアリング後にアップデートも実行されました。

ペアリングが開始

「Amazfit GTR Lite」に文字盤が表示

設定が完了すると、「Amazfit GTR Lite」に文字盤が表示されます。

「Amazfit GTR Lite」に文字盤が表示

さすがAMOLEDディスプレイということで非常に鮮やかな文字盤表示です。

明るく精細なディスプレイ

ディスプレイのサイズは1.39インチで、解像度は454×454ドットです。明るくて精細なディスプレイだと感じています。

多数の文字盤デザインがあります

アプリ側で確認すると、カジュアル、フォーマル、ポップなど多様な雰囲気を持った多くの文字盤デザインが用意されています。

多様なバリエーションの文字盤

文字盤を変更

お好みの文字盤に変更する場合は、その文字盤を選ぶと「Amazfit GTR Lite」との同期が行われます。

文字盤の同期

実際に手につけてみた

文字盤を変更した状態で、腕につけてみました。

腕につけてみました

「Amazfit GTR Lite」は47mmサイズということで、けっこう存在感はあります。

技適マークを表示

技適マークの表示

また、気になる「Amazfit GTR Lite」での技適マークの表示もこんな感じでバッチリでした。

細かな設定は「Amazfit」アプリで

着信などの通知設定は「Amazfit」アプリで

着信などの通知設定は「Amazfit」アプリで行うことになります。詳しい設定方法は別記事で書く予定です。

「Amazfit GTR Lite」の初期設定まとめ

以上、「Amazfit GTR Lite」の初期設定をまとめました。

スマートウォッチの設定って慣れていないし面倒だなあ。

と正直思っていましたが、取扱説明書を見ながら設定するとカンタンでした。

「Amazfit GTR Lite」には日本語で書かれた取扱説明書が付属しているのは大きいと思います。

GEARBESTでセール

GEARBESTでは、限定5000個で「Amazfit GTR Lite 47mm」を109.99ドルのセール価格で販売しています。

本記事を見て「Amazfit GTR Lite」に興味を持たれた方はぜひチェックしてみてくださいね!

少しでも参考になれば幸いです。

「Amazfit GTR Lite」の関連記事

「Amazfit GTR Lite」の関連記事を紹介しておきます。

「Amazfit GTR Lite」のスペックや付属品などを知りたい方はぜひチェックしてみてください。

「Amazfit GTR Lite」というカッチョ良くてバッテリー持ち優秀なXiaomiスマートウォッチが到着【技適あり】
Xiaomi「Amazfit GTR Lite」が到着したのでさっそく開封しました。外観や付属品をチェックしています。手頃な価格でかっこいいスマートウォッチということでテンションが上がりながら開封しています。また、技適マークも確認できています!
「Amazfit GTR Lite」が109.99ドルでセール 日本語表示に対応のスマートウォッチ【GEARBEST】
Xiaomiのスマートウォッチ「Amazfit GTR Lite 47mm」がGEARBESTで発売記念のセール販売となっています。「Amazfit GTR」と共通スペックを多く持ちながら、価格を下げた「Amazfit GTR Lite 47mm」について紹介しています。

Xiaomi「Mi Watch Color」

中国のXiaomiは2020年1月に新型スマートウォッチ「Mi Watch Color」を発表しています。

「Mi Watch Color」は、手頃な価格でカジュアルさを演出できるのがウリのスマートウォッチです。

「Amazfit GTR Lite」に興味を持っている方には、ぜひとも「Mi Watch Color」情報もチェックしておいていただきたいです。

Xiaomi「Mi Watch Color」はカラーを楽しむスマートウォッチ!価格は約1.2万円【日本発売期待】
中国のXiaomiのスマートウォッチ「Mi Watch Color」情報をまとめています。カラーを楽しむスマートウォッチをコンセプトとした「Mi Watch Color」が気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

アンケート

「Amazfit GTR Lite 47mm」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

アンケート

「Amazfit GTR Lite」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク
Xiaomi
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました