「Android ビーム」はAndroidユーザー必見のお手軽なファイル転送方法【アプリ導入なしの基本機能】

『iPhoneの「AirDrop」のように、Androidスマートフォン同士でお手軽にファイル転送したい!』と思っていませんか?

実は、Androidには「Android ビーム」というファイル転送の方法があるんです。「Android ビーム」はAndroidの基本機能。余計なアプリをインストールすることなく使えるのがGOODなんです。

ファーウェイなら「Huawei Share」、OPPOなら「OPPO Share」というファイル転送方法もあります。ところが、同じメーカーのスマートフォン同士が条件とハードルが高いです。

この記事では、「Android ビーム」を使ったファイル転送方法を紹介しておきます。お手軽であり、安全性が高いファイルの転送方法というのもポイントです。

記事を読み終えると、『この写真をファイル転送してほしい』と言われたときに『それなら、Android ビームで転送するよ』とさくっと言うことができるようになります。

「Android ビーム」で簡単にファイル転送

Android ビームがオススメ

ここからは、「Android ビーム」を行う手順を紹介していきます。

まず、「Android ビーム」を使うためには転送に関わる端末には以下のような条件があります。

POINT

・OSがAndroid 4.1以降
・NFCとBluetoothを搭載

2019年現在のスマートフォンで、OSバージョンの条件で引っかかることは少ないですよね。あとはNFCとBluetoothです。

NFCの搭載状況を確認

ざっくり言うと、「Android ビーム」はNFC同士のタッチをきっかけとしてBluetoothでファイル転送を行います。

Bluetoothは大丈夫でしょうから、最も大きなチェックポイントはNFCの搭載状況です。

「NFC」≠「おサイフケータイ」

NFCということは、「おサイフケータイ」だよね。

という事を考えた方もいらっしゃると思います。確かに、よく耳にする「おサイフケータイ」はNFC規格の一種である「FeliCa」を使っています。

ですが、「おサイフケータイ」と「NFC」は完全に一致するものではありません。「おサイフケータイ」非搭載でも「NFC」は搭載しているスマートフォンは多いです。

例えば、筆者所有のソフトバンク版「Mate 20 Pro」やSIMフリー版「ZenFone 6」もそうです。ともに「おサイフケータイ」は非搭載ですが、「NFC」は搭載しています。

【実機レビュー】「ZenFone 6」はとびきりの個性的なフリップカメラ搭載のハイスペックSIMフリースマホ
2019年5月に発表されていた「ZenFone 6 ZS630K」を入手。とびきり個性的な仕上がりになっている「ZenFone 6」の実機レビューをまとめています。ASUSの主力モデルということで日本発売も有力視されています。ハイスペックでありながら価格はけっこう手頃でした。

NFCを確認してみましょう

「NFC」を搭載しているかなんてわからないよ!

という場合は、設定メニューか、クイック設定パネルでNFCの搭載状況を確認することができると思います。

筆者の「ZenFone 6」のクイック設定パネルには次のように「NFC」とあります。

クイック設定パネルで「NFC」を確認

こんな感じで「NFC」の搭載状況を確認してみてください。

「Android ビーム」の手順

さっそく、「ZenFone 6」と「OPPO Reno A 128GB」でビームを実行していきます。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」はミドルスペックの新水準を示す手頃価格なSIMフリースマホ
OPPOの楽天モバイル向けモデル「OPPO Reno A 128GB」の実機レビュー記事です。公称されているスペックはなかなかですが、実際のパフォーマンスやデザインがどのような感じになっているかをレビューしています。「OPPO Reno A 128GB」が購入しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

当然ながら、両機種ともに「NFC」搭載のスマートフォンです。

転送するための設定

NFCの状況の確認が終われば、転送前の設定は非常に簡単です。

基本的には送信側と受信側の「NFC」をONにするだけです。

Androidビームを開始

例えば、「OPPO Reno A 128GB」の「写真」アプリで1枚の写真を「Androidビーム」で転送する場合で解説します。

転送したいファイルを開いた状態でメニューを開いて「送信」をタップします。端末・アプリによっては「共有」などの名称となります。

「転送」

「転送」方法の一覧の中の「Androidビーム」をタップします。

→「Androidビーム」

ファイル転送を行う端末同士をタッチします。

端末同士をタッチ

タッチをきっかけにBluetoothでファイル転送が開始されます。

ファイル転送中

あとは、転送完了するのを待てば終了です。

created by Rinker
OPPO Japan
¥38,000(2019/11/22 13:43:46時点 Amazon調べ-詳細)

「Android ビーム」でのファイル転送まとめ

「Android ビーム」でのファイル転送について紹介しました。

他にもBluetoothのペアリングを行ってファイルを転送する方法もあります。ただ、ペアリング自体が面倒な部分もあり、手軽さでは「Android ビーム」の方が完全に上回ります。

しかも、物理的な端末同士のタッチをきっかけに転送が開始というのも安心要素となります。

ただ、「Android ビーム」はAndroid 10では廃止されます。こんなに便利な機能なのに廃止は残念です。

Android 10 Qで「Android Beam」が廃止に
2011年にリリースされたファイル共有機能の「Android Beam」が次期Android 10で削除されることがわかった。開発者向けに提供されているベータ版からはすでに削除されていて、techra

次期「Android」OSでは復活を期待したいところです。

読者の方がスマホを便利に使うためにこの記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
ASUS OPPO SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました