【基本設定】SIMフリースマホでAPN設定を行う手順をさくっと解説

この記事は約4分で読めます。
どうも、やすスマです。様々なSIMを使っていると避けて通れないAPN設定について手順をまとめておきます。

次はSIMフリースマホに乗り換えようと思うけど、どうやって設定するの?

と不安の方は多いと思います。

NTTドコモなどの大手キャリアでスマホを購入すると、初期設定を完了した状態で手に入ります。

一方で、SIMフリースマホと格安SIMで利用する場合には、自分自身で設定することが必要になることが多くなります。そんな設定で大切なポイントの1つがAPN設定です。

このページには「APN設定」の手順を書いておきます。設定自体はそれほど難しいものではなく、慣れると結構さくっとできるようになりますよ!

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

APN(アクセスポイント)設定を紹介

まずは「APNって何?」というところからです。

APNは「Access Point Name」の略です。簡単に言うと接続先を指定する情報です。

使用するSIMに応じて正しくAPN設定を行うことでネットワークに接続できます。

格安SIMを使っていると必要となることもある設定なんで、しっかりと手順を説明しておきます。

なお、今回使用したSIMフリースマホは、「HUAWEI nova lite」です。「HUAWEI nova lite」のOSは「Android 7.0」で、UIは「EMUI 5.0」です。

機種によって、ちょっと異なる部分はありますが、おおまかな流れは同じです。

設定を開く

APN設定を行うために、まずは「設定」を開きます。

機種によって開き方は異なりますが、「HUAWEI nova lite」はホーム画面に表示されています。

APN設定 ホーム画面

ホーム画面に「設定」が見つからない場合は、ドロワーボタンや通知バーから探してくださいね。

「設定」から操作

「設定」画面が開くと、「その他」という項目があります。「その他」をタップします。

APN設定 その他

「その他」のなかに「モバイルネットワーク」があるので、タップします。

APN設定 モバイルネットワーク

「モバイルネットワーク」のなかに「アクセスポイント名」があるので、タップします。

APN設定 アクセスポイント名

APN設定を開始

最近のSIMフリースマホでは、格安SIMを提供している主要なMVNOサービスのAPN設定があらかじめセットされている場合が多いです。

今回使用している「HUAWEI nova lite」にも、「OCN モバイル ONE」や「楽天モバイル」など主要なMVNOサービスのAPN設定があらかじめ設定されています。

利用したいMVNOサービスのAPN設定があらかじめセットされている場合は、サービスから提供されているAPN情報を確認してAPN設定を行ってください。

もし、利用したいMVNOサービスがない場合は、APN設定を追加する必要があるので、画面右上から設定していきます。

APN設定 APN

APN設定を手動で行う場合は、MVNOから提供されているAPN設定に関する情報を見ながら、下のような設定画面で設定していきます。

APN設定 手動APN設定

NTTドコモの純正SIMの設定情報

なお、NTTドコモの純正SIMでドコモ回線(SPモード)を利用する際の設定については、別ページにまとめています。

大手キャリアのSIMを設定をいじって使うの?と思われるかもしれませんが、設定自体はものすごくカンタンです。

本ブログの人気記事になっています。具体的な手順を知りたい方はぜひチェックしてみてください。

5分で設定完了!SIMフリースマホでドコモ回線(SPモード)を利用する方法 | XiaomiやOPPOのスマートフォン
NTTドコモ(docomo)の純正SIM(SPモード)をSIMフリースマホで使うための設定方法をまとめています。NTTドコモで機種変更でなく、SIMフリースマホにチャレンジされたい方に、順を追ってポイントとなるAPN設定方法を紹介。店舗に持ち込みは必要ありません。

APN設定を行う手順まとめ

以上、APN設定についてまとめておきました。

SIMフリースマホにあらかじめAPN情報が設定されていることが多いですが、そうでない場合には自分でAPN設定を行う必要があります。

正しくAPN設定ができていないとデータ通信ができないので、本記事でAPN設定を理解していただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました