SIMフリースマホ「AQUOS sense3 plus SH-M11」情報 人気シリーズの上位モデル

シャープはSIMフリースマホ「AQUOS sense3 plus SH-M11」を2019年12月25日より順次発売することを発表しました。

SIMフリースマホの発売日・価格・スペックまとめ【格安スマホやハイスペックスマホなど多彩なラインナップ】
大手家電量販店ではSIMフリースマホのコーナーが大きく取られるなど、日本国内では「SIMフリース...

「AQUOS sense3 plus」は「AQUOS sense3」の上位モデルにあたります。すでにキャリアの取り扱いモデルとして発売されていましたが、待望のSIMフリースマホ版が登場します。

「AQUOS sense3 plus SH-M11」の特徴とスペック

「AQUOS sense3 plus SH-M11」の特徴とスペック

「AQUOS sense3 plus SH-M11」は約6.0インチのIGZOディスプレイを搭載。解像度はフルHD+(2220×1080)。

2つのスピーカーを搭載したステレオラウンドを楽しむことができます。

デュアルカメラを搭載

背面カメラは1220万画素+1310万画素のデュアルカメラを搭載。前面カメラは800万画素。

SoCは「Snapdragon 636」を搭載。メモリ仕様は6GB RAM+128GB ROMです。

ミドルスペック向けのSoCと大容量なメモリという組み合わせになっています。ウェブ閲覧、動画視聴、SNSなどであれば十分快適に使うことができるパフォーマンスと予想されます。

大容量バッテリー

USBポートは「Type-C」。バッテリー容量は4000mAh。省エネ性能に優れたIGZOディスプレイとの組み合わせで、優れたバッテリー持ちが期待できます。

おサイフケータイ、防水・防じん対応

「AQUOS sense3 plus」はおサイフケータイ、防水(IPX5/IPX8)・防じん(IP6X)に対応。日本での要望が多い機能を搭載しています。

なお、フルセグ・ワンセグには対応していません。

カラーはムーンブルー、ブラック、ホワイトの3色展開です。

DSDV対応

SIMフリー版ならでの特徴としては、DSDVに対応していることが挙げられます。デュアルSIMスロットはともにVoLTEに対応し、4G+4Gの同時待受が可能となっています。

価格

「AQUOS sense3 plus SH-M11」の市場想定価格は5万円後半です。

「AQUOS sense3」から機能向上したこともあり、価格はミドルハイクラスの水準です。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥58,800(2020/02/19 00:48:17時点 Amazon調べ-詳細)

スペック概要

「AQUOS sense3 plus SH-M11」の主なスペックは以下のとおりです。

SPEC
  • OS:Android 9
  • ディスプレイ:6.0 インチ(2220×1080)
  • SoC:Snapdragon 636
  • RAM:4GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:12.2MP+13.1MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz & 5GHz)
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:75(W)×160(H)×8.7(D) mm / 175 g
SIMフリースマホ版「AQUOS sense3」が11月27日に発売決定 おサイフケータイ 防水/防塵対応のミドルスペック
「AQUOS sense3」に待望のSIMフリースマホ版が登場です!「AQUOS sense3」は、従来のAQUOS sense3シリーズから大きくパワーアップ。キャリアモデルとしても好評なセールスを記録しているモデルということで、SIMフリースマホ版もヒットが予想されます。販売想定価格は3万円半ばとなっています。
【2019年】おすすめの格安なSIMフリースマホをランキング【5万円台までの格安スマホ/おサイフケータイ】
コスパに優れた格安スマホを探しているんだけど、どのスマートフォンがいいのか分からない...

Source

AQUOS sense3 plus SH-M11 – SHARP

スポンサーリンク
SHARP SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
スマホを低価格で利用するために格安スマホや格安SIM情報を中心として発信しています。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました