軽量ハイスペックな「AQUOS zero (SH-M10)」のSIMフリー版が発売決定 有機EL採用のハイスペックモデル

軽量ハイスペックな「AQUOS zero (SH-M10)」のSIMフリー版が発売決定

「AQUOS zero (SH-M10)」のSIMフリー版

シャープは、ハイスペックでありながら146gという軽量なスマートフォン「AQUOS zero」のSIMフリー版を2019年4月9日より順次発売しています。

参考日本モデルSIMフリースマホ発売情報

「AQUOS zero (SH-M10)」はハイスペックで軽量な仕上がりのスマートフォンです。

「AQUOS zero (SH-M10)」のスペックと特長を紹介しておきます。

SIMフリースマホ「AQUOS zero (SH-M10)」

「AQUOS zero (SH-M10)」は有機ELディスプレイ搭載

SIMフリー版の「AQUOS zero (SH-M10)」は約6.2インチの有機ELディスプレイ(2992×1440)を搭載。

SoCは「Snapdragon 845」を採用。すでに「Snapdragon 855」を搭載したスマートフォンが発表済になっていますが、現行でも十分にハイスペックです。

メモリ仕様は、6GB RAM+128GB ROMです。内部ストレージは高速なUFSです。microSDカードなどの外部メモリの使用はサポートしていません。

バッテリー容量は3130mAh。USBポートは「Type-C」です。

SIMフリー版「AQUOS zero (SH-M10)」の対応バンド

SIMフリー版「AQUOS zero (SH-M10)」の対応バンドは以下のとおりです。

LTE
Band1(2.1GHz)/ Band2(1.9GHz)/ Band3(1.8GHz)/ Band4(1.7GHz/2.1GHz)/ Band8(900MHz)/ Band11(1.4GHz)/ Band12(700MHz)/ Band17(700MHz)/ Band19(800MHz)/ Band26(800MHz)/ Band28(700MHz)/ Band41(2.5GHz)/ Band42(3.4GHz)
3G
Band1(2.1GHz)/ Band2(1.9GHz)/ Band4(1.7GHz/2.1GHz)/ Band8(900MHz)/ Band19(800MHz)
GSM
850/900/1800/1900MHz

非常に充実した対応バンドです。

SIMフリー版「AQUOS zero (SH-M10)」はドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアの回線に対応しています。

日本メーカーのスマートフォンということで、防水(IPX5/8レベル)・防じん(IP6X)性能をサポート。

おサイフケータイ機能にも対応しています。なお、フルセグ/ワンセグには非対応です。

ソフトバンクのキャリアモデルとして2018年12月に「AQUOS zero」はリリース済みです。

参考AQUOS zero | モバイル | ソフトバンク

「AQUOS zero (SH-M10)」のスペック

  • OS:Android 9 Pie
  • ディスプレイ:6.2 インチ(2992×1440)
  • SoC:Snapdragon 845
  • CPU:Octa Core 2.6GHz×4+1.7GHz×4
  • RAM:6GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:22.6MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3130mAh
  • サイズ/重量:73(W)×154(H)×8.8(D) mm / 146 g

SIMフリースマホ「AQUOS zero (SH-M10)」の税別価格は10万円弱が見込まれています。

国内メーカーのハイスペックモデルということでそれなりの出費となる価格です。MVNOサービスが展開しているキャンペーン等を活用することも視野に入れておくのもいいでしょうね。

取り扱いMVNO

ハイスペックで軽量な仕上がりの「AQUOS zero (SH-M10)」ですが、格安SIMを提供しているMVNOサービスでは「goo Simseller」、「楽天モバイル」、「IIJmio」で 販売されています。

SIMとセットによって割引価格で販売されています。

Source

AQUOS zero (SH-M10) – SHARP

スポンサーリンク
SHARPSIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました