ASUS JAPAN ZenFone Max新製品タッチアンドトライイベントをASUS Store Akasakaで開催

ASUS ZenFone Max新製品タッチアンドトライイベント開催

ZenFone Max新製品タッチアンドトライイベント

ASUS JAPANは、2019年3月8日に、ZenFone Max新製品を発表することを明らかにしています。

タッチアンドトライイベント

ASUS製品を愛用の「A部部員」を対象としたZenFone Max新製品タッチアンドトライイベントを2019年3月8日に開催します。

イベントはASUS Store Akasakaにおいて実施され、参加条件を満たして応募かつ当選した方が参加できます。

イベントへ参加者には、当日持ち帰って試用できる、貸出しサンプルを用意しているということです。

ZenFone Max新製品タッチアンドトライイベントについての詳細は以下のページを御覧ください。

参考

ASUS Store Akasakaのみの開催ということで、参加が難しいのがすごく残念です。

注目の新製品

ZenFone Maxシリーズの新製品が発表されるということですが、有力視されているのは、以下の2機種です。

【海外SIMフリー】ASUSの高コスパな大容量バッテリー搭載スマホ再来!「ZenFone Max Pro M2 ZB631KL」情報
大容量バッテリー搭載でスペック充実の「ZenFone Max Pro」シリーズの新モデルが「ZenFone Max Pro M2」。「ZenFone Max Pro M1」から、SoCが強化され、デザイン性が大きく向上。「ZenFone Max Pro M2」の特長とスペックをまとめています。
【日本発売期待】ASUS「ZenFone Max M2」は大容量バッテリー搭載の低価格スマートフォン SIMフリー
ASUSの大容量バッテリー搭載の低価格モデル「ZenFone Max M2」 このページには、ASUSの大容量バッテリー搭載の低価格モデル「ZenFone Max M2」情報をまとめ...

ミドルスペックモデルの「ZenFone Max Pro M2」とバリューモデルの「ZenFone Max M2」です。

特に、「ZenFone Max Pro M2」は、2018年12月発売の前モデル「ZenFone Max Pro M1」が好評となっていて、さらにパワーアップしている「ZenFone Max Pro M2」は人気となることが予想されています。

評価がすこぶるいい「ZenFone Max Pro M1」はおそらく併売されるのでしょうね。

「ZenFone Max Pro M2」と「ZenFone Max M2」が発表されることが有力ですが、どのぐらいの価格設定になるかが注目されます。

「ZenFone Max Pro M2」の価格が34,800円以下であればぜひとも手に入れたいと思っています!

Source

A部 For ASUS Mobile Products

スポンサーリンク
ASUSSIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました