【海外SIMフリー】ASUS 「ROG Phone」情報 | オーバークロック仕様SD845搭載のハイスペックなゲーミングスマホ

ASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone」

ASUSは、2018年6月4日に、ゲーマー向けの新型スマートフォン「ROG Phone」を発表しました。「ROG Phone」は、ASUSのゲーマー向けブランド「ROG」のモデル名を冠したハイスペックなスマートフォンです。

ゲーミングスマホ「ROG Phone」

「ROG Phone」のスペック・特徴

「ROG Phone」は、スマートフォンでのゲームを満喫するために設計されたモデルということで、文句なしにハイスペックな仕上がりになっています。

2.96GHzにクロックアップ

SoCは「Snapdragon 845」を搭載。2.96GHzにクロックアップした特別仕様になっています。ASUSによると、ベンチアプリ「AnTuTu Ver 7」では総合スコアで30万オーバーをマークしているということです。Androidスマートフォンとしてはトップクラスのパフォーマンスが期待できます。

参考Antutu ベンチマークランキングまとめ

大容量8GB RAM

RAMは8GB、内部ストレージ容量は128GB/512GB(UFS 2.1)です。メモリ仕様もハイスペックになっています。

リフレッシュレート90Hz

「ROG Phone」は、6.0インチの縦長AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。気になるリフレッシュレートは90Hzで、HDRに対応。解像度はフルHD+(2160×1080)です。

デュアルカメラ搭載

リアには1200万画素+800万画素のデュアルカメラを搭載。120°の広角撮影にも対応しています。フロントには800万画素カメラを搭載。

専用アクセサリー

ROG Phoneの2画面スタイル

「ROG Phone」は本体下部だけでなく、側面にもUSB Type-Cポートを搭載。側面のType-Cポートは、充電だけでなく、3DSのような2画面スタイルになるアクセサリーなど、ゲームを楽しむための多様なアクセサリーとの接続に用いられます。

3.5mmのイヤホンジャックを搭載しています。バッテリー容量は4000mAh。大容量なバッテリーを最大40Wという高出力での急速充電することもできます。

エアトリガー(AirTrigger)

ROG Phoneのエアトリガー(AirTrigger)

ボディ側面には、ゲーム機の「L1/R1」ボタンのような操作を実現する「エアトリガー(AirTrigger)」機能を搭載しています。

ROG Phoneの発売日・価格

以上、「ROG Phone」についてまとめておきました。「ROG Phone」は台湾において2018年10月1日から順次発売となります。

「ROG Phone」の価格は、128GBモデルが26990台湾ドル(約9.8万円)になっています。

ZenFone 5 (ZE620KL)」など、日本でも積極的に製品展開しているASUSということで、日本での「ROG Phone」の発売も有力視されています。

「ROG Phone」のスペック

「ROG Phone」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.1
  • ディスプレイ:6.0 インチ(2160×1080)
  • SoC:Snapdragon 845
  • CPU:Octa Core 2.96GHz×8
  • RAM:8GB
  • ROM:128GB/512GB
  • カメラ:REAR:12M+8MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ad
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C × 2
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:76.2(W)×158.8(H)×8.6(D) mm / 200 g

海外フラグシップスマートフォンまとめ

「ROG Phone」以外にも海外モデルには魅力的なフラグシップモデルがリリースされています。

別ページに、海外のフラグシップモデル情報をまとめています。ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

【2018年】海外メーカーフラグシップスマートフォンまとめ | ハイスペックなSIMフリースマホが勢揃い
海外モデルのフラグシップスマートフォンまとめ このページには、海外メーカーの最新フラグシップAndroidスマートフォンを紹介しています。海外メーカーが多数リリースしているハイスペックなSIMフ...

Source

ROG Phone – ASUS

ASUSSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント