ASUS 新型「ZenFone」を2月27日に発表!いよいよ「ZenFone 5 (2018)」を発表の時期かな?

もうすぐASUSの新型「ZenFone 5 (2018)」の全貌が明らかとなりそうです。

ASUSは、スペインで開催される「MWC 2018」において、新型ZenFoneのプレス発表を行うことを明らかにしています。

【2018年3月1日追記】
待望の新型「ZenFone 5」シリーズが発表されました。発表されたのはハイスペックモデル「ZenFone 5Z」、主力モデル「ZenFone 5」、廉価モデル「ZenFone 5 Lite」でした。

「#Backto5」

#Backto5

ASUSの予告には「#Backto5」というハッシュタグが付けられています。

2014年ZenFoneは「ZenFone 5」でした

2016年のZenFoneが「ZenFone 3」、2017年のZenFoneが「ZenFone 4」ときていて、2018年の新型ZenFoneは「ZenFone 5」というモデル名となることが濃厚です。

新型ZenFoneの予告サイトのURLは「https://www.asus.com/event/zenfone5/」となっています。「zenfone5」というパスが目を引きます。

2018年のZenFoneのモデル名が「ZenFone 5」であれば、過去に「ZenFone 5」は存在しているので、再び「Back to 5」ということになります。

2017年モデル「ZenFone 4」

ZenFone 4

2017年8月に海外で発表された「ZenFone 4」は、スペックの進化だけでなく、カメラ機能を大幅に強化。「WE LOVE PHOTO」をキャッチフレーズにしてプロモーションを展開しています。

新型ZenFoneの進化ポイント

残念ながら、現時点でどのような新型ZenFoneが発表されるかなどの発表内容の詳細については明らかとなっていません。

ただ、予告サイトには「WE LOVE PHOTO」を表すマークが掲載されていて、新型ZenFoneについてもこだわりのカメラ性能となっていることが確実視されます。

トレンドとなっている縦長ディスプレイを搭載するか、どのようなバリエーションが提供されるかなど、気になる点は数多くあります。

噂されるモデル

「ZenFone 5 (2018)」シリーズにはZenFone 4シリーズと同様にユーザーニーズに合わせた多様なモデルが投入されてきそうです。

執筆段階(2018年2月20日)で2月27日に発表されることが噂されているのは以下のモデルです。

  • ZenFone 5
  • ZenFone 5 Lite
  • ZenFone Max Pro

いずれのモデルも縦長ディスプレイを搭載するようです。「ZenFone 5 Lite」についてはデュアルカメラ×2を搭載していてスペックもミドルクラスとしては十分なものとなりそうです。無印「ZenFone 5」と「ZenFone 5 Lite」のユーザーターゲットのすみ分けも注目ですね。

まとめ

以上、新型ZenFoneの発表についてまとめておきました。

えっ、もう新型ZenFoneですか!といった感じです。2017年モデル「ZenFone 4」が発表されてからまだ半年ちょっとでそれほど経っていませんからね。このような短いスパンで、新型ZenFoneらしさをどのように出してくるか注目したいです。

なお、発表会の模様はネットでライブ中継される予定となっています。

Source

ASUS MWC #Backto5 press event

ZenFone 4 (ZE554KL) | スマートフォン | ASUS 日本

ASUSSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント