【日記】フリップ式カメラで話題のASUS「ZenFone 6」が到着!ハイスペックSIMフリースマホ

【日記】フリップ式カメラで話題の「ZenFone 6」到着

ASUSの「ZenFone 6」

筆者のもとに、待望のASUSの「ZenFone 6」が到着しました!!!

「ZenFone 6」は2019年5月に発表。日本でもおなじみの人気シリーズ「ZenFone」シリーズの最新モデルです。

日本でも発売が有力視されていますが、大きく物欲が刺激されたので「ZenFone 6」の海外モデルを入手しました。

「ZenFone 6」のフリップ式カメラ搭載が大きな話題に

「ZenFone 6」ではフリップ式カメラ搭載していることが大きな話題となりました。

フリップ式カメラに加えて、各社のフラグシップモデルに採用されている「Snapdragon 855」を採用。Androidスマートフォンでは最高峰のパフォーマンスレベルが期待できるのも魅力です。

参考AnTuTu ベンチマークランキング | ベンチNo1のスマホは? – やすスマ

海外モデル「ZenFone 6」を購入

海外で発表された「ZenFone 6」を見て、筆者の物欲は大きく刺激されました。

発表後すぐにプレオーダーを入れていました。

その後、出荷されるまで少し待ちましたが、ついに到着。

「ZenFone 6」のいくつかの注目ポイントをさっと紹介しておきます。

注目のフリップ式カメラ

「ZenFone 6」のフリップ式カメラ

期待のフリップ式カメラの切り替えはかなりスムーズ。動作は非常にメカニカルな感じです!

フリップ式機構によって、4800万画素(画角79° 26mm相当)+1300万画素(画角125° 11mm相当超広角)のデュアルカメラは背面カメラとしても前面カメラとしても利用できます。

フルスクリーンデザイン

「ZenFone 6」のフルスクリーンデザイン

フリップ式カメラを採用したことでノッチなしのデザインを実現。

フルスクリーンデザインで高い画面占有率を実現しているのもいいですね!

「ZenFone 6」のスペック詳細は以下のページにまとめています。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

【日本発売期待】「ZenFone 6」は驚きのフリップ式カメラを搭載したASUSのフラグシップスマホ SIMフリー
ASUSは、人気シリーズの最新モデル「ZenFone 6」を発表しました。メインカメラが回転することでインカメラとなる独自の機構を採用したハイスペックなスマートフォンに仕上がっています。5000mAhの大容量バッテリーを搭載。手頃な価格も大きな魅力です。

海外モデル「ZenFone 6」にも技適あり

海外モデル「ZenFone 6」にも技適

なんと海外モデル「ZenFone 6」でも技適マークが表示できます。

まだ通信テストが実施できていませんが、可能な範囲で今後実施する予定です。

「ZenFone 6」の実機レビューを公開

以上、海外モデル「ZenFone 6」が到着したので紹介しておきました。

技適マークありなので、通信テストも含めてチェックできます。

別ページに実機レビューを書いていますので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね!

【実機レビュー】とびきりの個性派!「ZenFone 6」はフリップカメラ搭載のハイスペックなSIMフリースマホ
2019年5月に発表されていた「ZenFone 6 ZS630K」を入手。とびきり個性的な仕上がりになっている「ZenFone 6」の実機レビューをまとめています。ASUSの主力モデルということで日本発売も有力視されています。ハイスペックでありながら価格はけっこう手頃でした。
「 ASUS Zenfone 6 」6GB/128GB ASUS Zenfone 6 6.4 inch 6GB + 128GB
ASUS Zenfone 6 6GB + 128GB
ASUSSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました