【実機レビュー】「ZenFone 6」はとびきりの個性的なフリップカメラ搭載のハイスペックSIMフリースマホ

「ZenFone 6」が到着

ASUSから2019年5月に海外で発表された「ZenFone 6 ZS630K」を入手しました。

筆者が購入したのは海外版モデルです。「ZenFone 6」は日本でもSIMフリースマホとして2019年8月に発売済みで、品薄状態が続くほど人気となっています。

ASUSは少し前までは国内SIMフリースマホ市場でトップに君臨していました。ここ最近はその立ち位置をHUAWEIに奪われています。

ASUSの復権のための看板的なモデルとなるのが「ZenFone 6」。ASUSらしさ満載の魅力的なスマートフォンに仕上がっています。

とびきり個性的な「ZenFone 6」をレビュー

筆者の手元に到着した海外モデル「ZenFone 6」の実機を使ってレビューしておきます。

「ZenFone 6」は2018年発売の「ZenFone 5/5Z」の後継モデルにあたります。

前モデルはミドルスペックモデル「ZenFone 5」とハイスペックモデル「ZenFone 5Z」がラインナップされていました。

今回の「ZenFone 6」では、ラインナップが整理されてハイスペックモデルのみがラインナップ(特別仕様モデルを除く)という感じです。

今回の「ZenFone 6」の目玉機能はフリップ式のカメラを採用していることです。

スライド式、ポップアップ式など、トレンドのノッチなしのフルスクリーンデザインを実現するために各メーカーがギミックを工夫しています。ASUSは他メーカーにないギミックを採用してきました。

その他のスペックも非常にハイレベルで「ZenFone 6」は発表段階で大きな注目を集めました。しかも、スペックを考えると価格は非常に手頃です。

実際に、「ZenFone 6」の実機を触ってみると、見ているだけでワクワクする仕上がりになっています。

しかも、びっくりしたことに入手した海外モデルの「ZenFone 6」は技適マークありでした。

「ZenFone 6」のスペックをおさらい

ASUSが公表している海外版「ZenFone 6」のスペックからおさらいです。

  • OS:Android 9.0 Pie (ZenUI)
  • ディスプレイ:6.4 インチ(2340×1080)
  • SoC:Snapdragon 855
  • RAM:6GB/8GB
  • ROM:64GB/128GB/256GB
  • カメラ:48MP+13MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5000mAh
  • サイズ/重量:75.44(W)×159.1(H)×8.4-9.1(D) mm / 190 g

SoCに「Snapdragon 855」を採用するなど、「ZenFone 6」は十分にハイスペックスマートフォンというカテゴリーに入っています。

参考AnTuTu ベンチマークランキング | ベンチNo1のスマホは?

筆者が購入したのは、メモリ仕様が6GB RAM+128GB ROMのモデルです。普段使いのスマートフォンということで、容量不足で悩みたくないので内部ストレージの容量はけっこう重視して選びました。

「ZenFone 6」はトワイライトシルバー、ミッドナイトブラックの2色展開です。今回のレビュー機はミッドナイトブラックカラーをチョイスしています。

トワイライトシルバーも非常にキレイな色合いです。

海外における「ZenFone 6」の価格は499ユーロ(約6.1万円)~に設定されています。充実したスペックから考えると非常に手頃な価格設定です。

「ZenFone 6」の外観

まずは、「ZenFone 6」の外観を中心にチェックしておきます。

ただハイスペックというだけでなく、外観も非常に洗練されています。

前面デザイン

「ZenFone 6」の前面デザイン

「ZenFone 6」は6.4インチのフルHD+(2340×1080)ディスプレイを搭載。

「ZenFone 6」のディスプレイは液晶(LCD)タイプです。

各メーカーのフラグシップモデルのような有機ELディスプレイではありません。

【2019年】海外発売のフラグシップスマホまとめ | 日本未発売のハイスペックモデルも紹介【OnePlus 7T Pro情報追加】
2019年に各メーカーから発売されるフラグシップスマートフォン情報をまとめています。各メーカーのスマートフォンを代表するモデルということで、目を引くような機能を多数搭載しています。日本で未発売のSIMフリースマホについても取り上げています。

おそらくコストの関係で液晶タイプとなっていると思います。「ZenFone 6」のディスプレイは600nits(メーカー公称)という明るくて、実際にチェックしてみると十分美しいディスプレイです。

コスパの高さで話題となっている「OPPO Reno A 128GB」と「ZenFone 6」の画面表示を比較した記事も書いています。「OPPO Reno A 128GB」はミドルスペックモデルですが、ディスプレイはAMOLED(有機EL)採用です。合わせてチェックしてみてください。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」の有機ELディスプレイをチェック【オススメ設定も紹介】
「OPPO Reno A 128GB」の大きな魅力は有機ELディスプレイを搭載していることです。有機EL採用のハイスペックモデルは増えてきましたが、3万円台のスマホではまだレアな感じです。「OPPO Reno A 128GB」のディスプレイを、「HUAWEI Mate 20 Pro」と「ASUS ZenFone 6」と比較しています。

フリップカメラ採用でノッチなしのフルスクリーンデザインを実現

フリップカメラを採用したことで、ノッチなしのデザインを実現。非常にスマートなデザインです。

スライド式カメラ、ポップアップ式カメラなど、ノッチなしのフルスクリーンデザインを実現するために各メーカーがユニークな構造をもったスマートフォンをリリースしています。

【実機レビュー】Xiaomi「Mi Mix 3」はスライド機構採用のハイスペックなSIMフリースマホ【クーポン情報】
Xiaomiのハイスペックスマートフォン「Mi Mix 3」の実機レビューページです。スライド式の機構を採用したことで、フルスクリーンデザインを実現しています。有機ELディスプレイ、高性能カメラ、高いパフォーマンスなど魅力にあふれるスマートフォンに仕上がっています。

「ZenFone 6」のような、ノッチなしのスマートフォンを体験するとなかなか戻れないですね。

極細ベゼル「ナノエッジ」デザインとなっていて、画面占有率は92%を達成。前から見るとほぼディスプレイといった感じです。

「ZenFone 6」の非常に美しいデザインに惹かれます。

ディスプレイ表面は強化ガラス「Gorilla Glass 6」で覆われています。落下等による画面割れのリスクを軽減してくれます。

ディスプレイ保護フィルムは別途購入が必要

レビュー機については、購入時点でディスプレイ表面には保護フィルムは貼られていません

ディスプレイの細かな傷を防ぐための保護フィルムは別に購入する必要があります。

背面デザイン

「ZenFone 6」の背面デザイン

「ZenFone 6」の背面は両端にかけてラウンドした形状になっています。

大容量バッテリーを搭載していることもあって、ボディの厚さはそれなりにありますが、丸みを持ったデザインによって持ちやすい印象です。

ガラス素材を使った光沢感ある背面

ガラス素材を使うことで光沢感ある仕上がりです。ギラギラの光沢感あるデザインではありませんが、落ち着きのあるデザインでぱっと見の満足度は高いと感じています。

指紋認証センサーは背面に搭載しています。

最新のスマートフォンではディスプレイ内に指紋認証センサーを搭載する機種が増えてきました。ただ、2019年段階では物理ボタン式の指紋認証センサーの方にメリットが大きいと感じています。

確かにディスプレイ内指紋センサーを初めて体験するとその先進性にワクワクします。ただ、使い続けると認証にかかる速度・精度はあと一歩といった印象です。

【実機レビュー】「OPPO Reno A 128GB」のディスプレイ内指紋認証センサーをチェック 設定方法・認証速度
「OPPO Reno A 128GB」の指紋認証センサーはディスプレイ内に搭載。ハイスペックモデルを中心に搭載が増えている先進的なセンサーです。実際の指紋登録方法から使い勝手まで詳しく紹介しています。顔認証との併用が強烈に便利だったことも書いています。

「ZenFone 6」の指紋認証センサーは軽くタッチすると認証できるような、ハイレベルな精度と認証になっています。

背面ロゴがかっこいい

「ZenFone 6」のかっこいい背面ロゴ

背面の「ASUS」ロゴが非常にクールな仕上がり。薄いブルーベースのカラーのロゴは目を引きます。

目玉のフリップカメラ

「ZenFone 6」のフリップカメラ

背面上部には、「ZenFone 6」で大注目のフリップカメラが搭載されています。

「ZenFone 6」のフリップカメラを前面に向けた

このフリップカメラは前面に飛び出すように回転することで前面カメラとして使用できます。

このような驚きのギミックを小さなスマートフォンのボディに。ASUSの技術力の高さを実感します。

Googleアシスタントを起動できる「スマートキー」

「ZenFone 6」の右側面

「ZenFone 6」の右側面です。

上の方には物理ボタン「スマートキー」があります。

初期状態では、スマートキーを押すことでGoogleアシスタントを起動できる設定になっています。

Googleアシスタントを起動できるボタン

物理ボタンを設けることによってより利便性を高められています。

スマートキーの動作設定をカスタマイズすることで、1回押すとき、2回押すとき、長押しするときに特定の動作を割り当てることができます。

USBポートはType-C

「ZenFone 6」のUSBポート

「ZenFone 6」のUSBポートは「Type-C」です。

「ZenFone 6」で見逃せないのが5000mAhの大型バッテリーを搭載していることです。

4000mAhクラスのバッテリーを搭載したスマートフォンも珍しくなくなってきましたが、5000mAhバッテリー搭載の「ZenFone 6」はバッテリーの持ちがワンランク違います。

実際に、使ってみても3000mAhクラスのスマートフォンとはバッテリーの持ちは段違いです。確実にバッテリーの充電回数を減らすことができます。

若干ボディに厚みは出ていますが、利便性のほうが勝っています。大容量なバッテリーを搭載していることには非常に満足しています。

「Type-C」ポートの横には、3.5mmイヤホンジャックがあります。

最新スマートフォンでは廃止されることが増えてきましたが、「ZenFone 6」にはちゃんと搭載しています。

「ZenFone 6」の重量

「ZenFone 6」の重量

注目の機能を多数搭載した「ZenFone 6」。気になる重量を測ってみたところ、筆者の環境では「201.5g」でした。

SIMなし、ケースなしの状態で計測しています。

メーカー公称では190gだったはず。。。うちの電子スケールが調子悪いのかな?って思うぐらいに差があります。

実際に持ってみると、最初は少し重いと感じますが、慣れてくるとそれほど気になるレベルではないと感じています。

「ZenFone 6」の付属品

「ZenFone 6」の主な付属品を並べてみました。

「ZenFone 6」の付属品

「ZenFone 6」の付属品で目を引くのが保護ケースです。

「ZenFone 6」の保護ケース

ハード系のクリアケースになっています。フリップカメラの部分が大きく切り欠きされたものになっています。

保護ケースを装着してみたときの背面はこんな感じです。

保護ケースを装着した「ZenFone 6」

さすがに純正ケースということで、サイズ感はバッチリです。独特のデザインテイストになっているので、きっちりとサイズが合った、メーカー純正の保護ケースが付属しているのは大切なポイントです。

付属している保護ケースを装着した状態で重量を計測。

保護ケースを装着したときの重量

ボディ重量との差を考えると、保護ケースの重さは15g弱といった感じですね。

別途購入しなくても保護ケースが付属しているのはうれしいポイントです。

Amazonでは、すでに「ZenFone 6」用のケースが多数販売されています。お好みに応じて手帳型、TPU素材などから選んでみてもいいかもしれません。

トリプルカードスロット

「ZenFone 6」のトリプルカードスロット

「ZenFone 6」のカードスロットは、2枚のSIMカードと1枚のmicroSDカードを同時に使用できるトリプルカード仕様になっています。

microSDカードは最大2TBのものに対応しているそうです。

最近は大容量のmicroSDカードを低価格で入手できます。DSDVを利用しながら、microSDカードで容量不足に備えることができるのは嬉しいポイントです。

「ZenFone 6」のパフォーマンスをチェック

「ZenFone 6」はハイスペック向けSoC「Snapdragon 855」を搭載しています。

実際に操作してもサクサクと軽快に動作して、ハイスペックモデルならではのパフォーマンスの高さを実感することができます。

ベンチマークアプリ「AnTuTu Ver 7.22」を使って「ZenFone 6」のパフォーマンスを確認してみました。

「ZenFone 6」の「AnTuTu」ベンチ結果

これはAIによってパフォーマンスを向上させる「AIブースト」機能を無効にした状態です。ベンチを複数回実施してみたところ、「AnTuTu」の総合スコアは36万前後をマークしています。

「AIブースト」機能を有効すると更にパフォーマンスはアップ。

「ZenFone 6」のAIブースト有効時の「AnTuTu」ベンチ結果

「AIブースト」機能を有効にしてベンチマークを複数回行ってみると、総合スコアは38万前後をマーク。

「AIブースト」機能によってパフォーマンスは確実にアップします。

「AIブースト」をオンにしておくとバッテリー消費が早くなります。とりあえず筆者はOFFの状態で使っています。

ハイスペックモデル向けの高性能SoCを採用しているということで高いパフォーマンスになっています。

これまで当ブログで計測してみたスマートフォンのAnTuTuのベンチマーク結果は以下のとおりです。

機種SoCスコア
ASUS ZenFone 6Snapdragon 855359,450
Xiaomi Mi 8Snapdragon 845268,054
HUAWEI honor 10Kirin 970199,447
HUAWEI honor 9Kirin 960182,735
HUAWEI MediaPad M5Kirin 960178,451
OPPO Reno A 128GBSnapdragon 710157,148
Xiaomi Redmi Note 7Snapdragon 660143,919
HUAWEI nova lite 3Kirin 710128,687
Xiaomi Mi A2Snapdragon 660125,996
Xiaomi Redmi Note 5Snapdragon 636116,593
HUAWEI nova lite 2Kirin 65988,527
HUAWEI P20 liteKirin 65987,620
HUAWEI P10 liteKirin 65877,304
ZenFone 3 ZE520KLSnapdragon 62575,951
※スコアは3回計測平均

さすがにハイパフォーマンスなSoCを搭載しているということで、何度か連続してベンチ計測するとそれなりの発熱があります。

AnTuTu ベンチマークランキング | ベンチNo1のハイスペックスマホは?9月もASUSのスマホがワンツー達成
このページは、スマートフォンのベンチマークを計測する定番アプリ「AnTuTu(アンツツ)」のベン...

フラップカメラ

「ZenFone 6」で抜群の注目度のカメラについてチェックしておきます。

「ZenFone 6」のフラップカメラは4800万画素+1300万画素のデュアルの構成。標準カメラと広角カメラの組み合わせです。

このフラップカメラはインカメラも兼ねています。

インカメラとしては非常に高性能な部類に入り、セルフィー撮影性能を重視される方にとっては有力なチョイスとなりそうです。

当然ながらAI機能によるアシストにも対応しています。

京都のダイコクバーガーという美味しいバーガー屋があると聞き、食べにいったときに「ZenFone 6」で撮影したのが下の写真(リサイズ済)です。

「ZenFone 6」でダイコクバーガーを楽しむ

AIが被写体認識してフードモードで撮影されています。

「ZenFone 6」でダイコクバーガーを撮影

現在、メインとして使っている「Mate 20 Pro」でも比較するために撮影しました。「ZenFone 6」でもまずまずの写真ですが、やはり「Mate 20 Pro」の方が色の再現力が優れています。

「ZenFone 6」は、ソニー製の高性能センサー「IMX586」を採用し、メインレンズのF値は1.79と明るめです。

レーザーオートフォーカスや光学式手ぶれ補正もサポート。暗所でも安定して写真撮影することができます。

市街地でも撮影テストしておきました。

「ZenFone 6」で市街地撮影

DXOスコアも判明

DXOMARKでは「ZenFone 6」のカメラスコアを公表しています。

「ZenFone 6」のカメラスコアは「104」です。「ZenFone 6」は写真画質に猛烈にこだわったというポジショニングではありません。意外と健闘したスコアという印象です。

Asus ZenFone 6 camera review - DXOMARK
Launched in May 2019, the Asus ZenFone 6 is the Taiwanese manufacturer’s flagship device and features a Snapdragon 855 chipset, a large 6.4-inch IPS LCD display...

フリップ式カメラでの顔認証にも対応

「ZenFone 6」は指紋認証に加えて、顔認証にも対応しています。

顔認証を使ってロック解除する場合は、ロック画面でフリップカメラを前面に向ける操作が必要となります。正直、顔認証自体は非常に高速ですが、フリップカメラを操作するのは面倒で指紋認証で済ましてしまいます。

このあたりはフリップカメラのデメリットということになりますね。

SIMカードを挿して通信テスト

レビュー対象の「ZenFone 6」にLINEモバイル(ドコモ回線)のSIMカードを挿したところ、問題なくデータ通信ができています。

APN設定も以下のように、「OCNモバイルONE」や「楽天モバイル」などのMVNOサービスのものもプリセットされています。

「Zenfone 6」のAPN設定

UQ mobileの通話SIM(VoLTE対応)を挿してみたところ、データ通信はOKでしたが、通話はできませんでした。

海外モデル「ZenFone 6」は「au VoLTE」をサポートしてないようです。

日本国内での使用を想定する場合は、海外モデルの「ZenFone 6」よりも日本モデルの「ZenFone 6」がオススメです。日本での使用に最適化した対応バンドになっているので。

アンケート

「ZenFone 6」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

おサイフケータイ、防水・防じんには非対応

「ZenFone 6」の日本発売モデルも含めて、「おサイフケータイ」や「防水・防じん」には非対応です。

日本のユーザーからのニーズが高い機能ですから、次期「ZenFone 7?」の日本モデルでは期待したいところです。

【2019年】日本発売のコスパ重視のおすすめSIMフリースマホをランキングで紹介【格安スマホ/おサイフケータイ】
端末代金と通信料が分離される「分離プラン」が推進されて、月々サポート/毎月割/月月割などの大手キ...

Source

ZenFone 6 (ZS630KL) – ASUS

スポンサーリンク
ASUSSIMフリー実機レビュー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

  1. たむらまりな より:

    絨毯の上で重さを量るのは正確さにかけますね。

    • やすスマやすスマ より:

      たむらまりな 様

      ご指摘いただきありがとうございます。
      おっしゃるとおりですので、環境を整えて再計測しておきました。

      今後ともやすスマをよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました