【日本発売期待】ASUSの高コスパSIMフリースマホ再来!「ZenFone Max Pro M2 ZB631KL」情報

ASUSの高コスパモデルが再来!「ZenFone Max Pro M2 ZB631KL」

ZenFone Max Pro M2

ASUSは、インドにおいて新型スマートフォン「ZenFone Max Pro M2」を発表しました。「ZenFone Max Pro M2」は大容量バッテリー搭載し、スペックも充実しています。

インドにおける「ZenFone Max Pro M2」の価格は、3GB RAM+32GB ROMモデルは12,999ルピー(約2.0万円)、4GB RAM+64GB ROMモデルは14,999ルピー(約2.4万円)、6GB RAM+128GB ROMモデルは16,999ルピー(約2.7万円)です。

前モデル「ZenFone Max Pro M1」同様に戦略的な価格設定です。

手頃な価格だけでなく、デザインも更に進化した「ZenFone Max Pro M2」のスペックや特長をまとめておきます。

「ZenFone Max Pro M2」の特長

「ZenFone Max Pro M2」はノッチ付きの6.26インチのフルHD+ディスプレイを搭載。縦横比19:9の「Full view」ディスプレイです。

ディスプレイは最新の強化ガラス「Gorilla Grass 6」に覆われていて、耐久性が高めています。

Snapdragon 660

SoCには「Snapdragon 660」を採用。リリースされていから少し経過したSoCですが、ミドルスペック向けとしてはパフォーマンスの高さに定評があります。

SD660は「ZenFone 4」にも採用されていたSoCです。現状のミドルスペックモデル向けSoCの中では上の方に位置するパフォーマンスをもっています。「AnTuTu Ver 7」では総合14万ぐらいが予想されます。

「ZenFone Max Pro M2」のデュアルカメラ

AI対応のデュアルカメラ

背面には1200万画素+500万画素のデュアルカメラを搭載。ソニー製センサー「IMX486」を搭載したメインカメラにはF1.8の明るいレンズを採用しています。同じASUSの「ZenFone 5」同様にトレンドとなっているAI機能に対応したカメラです。

サブカメラは深度計測用カメラです。ボケ味を楽しみながらの写真撮影できる「ポートレートモード」を搭載しています。

5000mAhバッテリー

「ZenFone Max Pro M2」のバッテリーは5000mAh。ZenFone Maxシリーズの特長である大容量バッテリーになっています。

USBポートは「micro」になっています。便利なType-Cではありませんが、手頃な価格ですので仕方ないところかもしれません。

デザインが進化

「ZenFone Max Pro M2」はデザインも進化

「ZenFone Max Pro M2」はデザイン面にも力が入っています。丸みを帯びた、光沢感の高い背面パネルはコスパを追求したモデルとしては魅力的です。

5000mAhの大容量バッテリーを搭載していながら、ボディ重量は175gと軽量に仕上がっているのも特長です。

「ZenFone Max Pro M2」の対応バンド

ASUSのグローバルサイトによると、「ZenFone Max Pro M2」の対応バンドは以下のとおりです。

A version
FDD-LTE (Bands 1, 3, 5, 7, 8, 20)
TD-LTE (Band 40)
WCDMA (Bands 1, 5, 8)
GSM (850, 900, 1800, 1900MHz)

B version
FDD-LTE (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 18, 19, 28)
TD-LTE (Bands 38, 41 (2545~2655MHz))
WCDMA (Bands 1, 2, 4, 5, 6, 8, 19)
GSM (850, 900, 1800, 1900MHz)

グローバルサイトには対応バンドの異なる2つのバージョンの情報が掲載されています。

発売国によって適したバージョンをリリースすることが予想されます。日本での使用を想定した場合は、「B version」の対応バンドが適しています。

Android 9 Pieアップデート予定

OSは「Android 8.1 Oreo」を搭載。2019年1月にAndroid 9 Pieのアップデートが予告されています。

ピュアなAndroid(AOSP)を採用し、パフォーマンスを重視しているのも魅力です。

カラーはブルー、ブラウンの2色展開です。

「ZenFone Max Pro M2」はグローバル市場でも順次展開する予定となっています。

現時点で「ZenFone Max Pro M2」の日本リリースについてはアナウンスされていません。2018年12月に日本で前モデル「ZenFone Max Pro M1」がリリースされています。「ZenFone Max Pro M2」も期待したいところですね!

「ZenFone Max Pro M2」のスペック

「ZenFone Max Pro M2」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.1
  • ディスプレイ:6.26 インチ(2280×1080)
  • SoC:Snapdragon 660
  • CPU:Octa Core 2.2GHz×4+1.9GHz×4
  • RAM:3GB/4GB/6GB
  • ROM:32GB/64GB/128GB
  • カメラ:REAR:12MP+5MP FRONT:13MP
  • Wi-Fi:802.11 b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:micro
  • バッテリー:5000mAh
  • サイズ/重量:75.5(W)×157.9(H)×8.5(D) mm / 175 g

Etorenで「ZenFone Max Pro M2」販売開始

日本未発売のスマートフォンを多数取り扱っている「Etoren.com 」において、注目の「ZenFone Max Pro M2」が販売開始されています。

2019年1月12日段階で「ZenFone Max Pro M2」の6GB RAM+64GB ROMモデルが30,800円で販売されています。

Source

ZenFone Max Pro M2 – ASUS – India

ZenFone Max Pro M2 – ASUS Global
ASUSSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント