au 「Galaxy Note8 SCV37」「Xperia XZ1 SOV36」「AQUOS sense SHV40」の発売を発表

KDDI、沖縄セルラーは、2017年10月11日に、2017年の秋冬モデルとなる新型スマートフォンを発表しました。auの2017年秋冬モデルとして発表されたのは「Galaxy Note8 SCV37」、「Xperia XZ1 SOV36」、「AQUOS sense SHV40」の3機種です。

「Galaxy Note8 SCV37」

「Galaxy Note8 SCV37」は、4096段階の筆圧を感知できるSペンを搭載した「Galaxy Note」シリーズの最新モデルです。

Galaxy Note8 SCV37

「Galaxy Note8 SCV37」はアスペクト比18.5:9の6.3インチ「Infinity Display」を搭載しています。縦長ディスプレイ採用によって、ボディ幅は約75mmとなっていて、5.5インチクラスと同等になっています。

背面には光学手ブレ補正を備えた望遠・広角のデュアルカメラを搭載。光学2倍ズームが可能となっています。

SoCには「Snapdragon 835 」を搭載し、メモリ仕様が「6GB RAM+64GB ROM」のハイスペックなモデルになっています。

「Galaxy Note8 SCV37」の価格

「Galaxy Note8 SCV37」は2017年10月26日発売予定となっていて、本体価格は118800円です。毎月割の総額は59400円(2475円×24回)で、毎月割適用後の実質負担額は59400円です。

海外モデル「Galaxy Note8」情報

「Galaxy Note8」の海外モデルは2017年8月に発表されています。

海外モデル「Galaxy Note8」のスペック等については以下のページにまとめています。

【海外SIMフリー】Samsung 6.3インチ「Galaxy Note 8」情報 Sペン 6.3インチ 有機EL
韓国のSamsung(サムスン)は、2017年8月23日に、6.3インチディスプレイを搭載した新型スマートフォン「Galaxy Note8」を発表しました。 下のリンク先にも...

Source

Galaxy Note8(ギャラクシー ノートエイト) SCV37 | スマートフォン(Android スマホ) | au

「Xperia XZ1 SOV36」

「Xperia XZ1 SOV36」は前モデル「Xperia XZs」をベースに、カメラ機能等を強化したモデルです。

Xperia XZ1 SOV36

「Xperia XZ1 SOV36」は1920万画素のメインカメラを搭載。「Motion Eye」カメラシステムを採用し、「先読み撮影」、「スーパースローモーション撮影」が可能です。さらに、人の顔などをカメラでスキャンして3Dデータ化する機能「3Dクリエイター」を新たに搭載。

「Snapdragon 835」を搭載するなど、ハイスペックな仕上がりになっています。

「Xperia XZ1 SOV36」の価格

「Xperia XZ1 SOV36」は2017年11月中旬以降発売予定で、本体価格は90720円です。毎月割の総額は45360円(1890円×24回)で、毎月割適用後の実質負担額は45360円です。

海外モデル「Xperia XZ1」情報

「Xperia XZ1」の海外モデルは2017年8月に発表されています。

海外モデル「Xperia XZ1」のスペック等については以下のページにまとめています。

【海外SIMフリー】SONY フラグシップモデル「Xperia XZ1」情報 Motion Eye 3Dクリエイター
ソニーは、2017年8月31日に、ドイツ・ベルリンにて新型スマートフォン「Xperia XZ1」を発表しました。 「Xperia XZ1」 「Xperia XZ...

Source

Xperia™ XZ1(エクスペリア エックスゼットワン) SOV36 | スマートフォン(Android スマホ) | au

「AQUOS sense SHV40」

「AQUOS sense SHV40」は5.0インチディスプレイを搭載した低価格なモデルです。

AQUOS sense SHV40

ディスプレイは5.0インチフルHDのIGZO液晶。SoCは「Snapdragon 430」を採用し、オクタコアプロセッサ(1.4GHz×4+1.1GHz×4)を搭載しています。メモリ仕様は「3GB RAM+32GB ROM」です。

「AQUOS sense SHV40」の価格

「AQUOS sense SHV40」は2017年11月上旬以降発売予定で、本体価格は32400円です。毎月割の総額は16200円(675円×24回)で、毎月割適用後の実質負担額は16200円となります。

「AQUOS sense SHV40」は、大手キャリアのモデルとしてはかなりの低価格に設定されています。

Source

AQUOS sense(アクオス センス) SHV40 | スマートフォン(Android スマホ) | au

スポンサーリンク
au
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました