【基本Tips】SIMフリースマホでAPN設定を行う手順を解説

どうも!「やすスマ」です。

SIMフリースマホと格安SIMの組み合わせで維持費を下げながらスマホライフを楽しんでいただくために情報を発信しています。

NTTドコモなどの大手キャリアでスマホを購入すると、初期設定が完了した状態でお渡しとなりますが、SIMフリースマホと格安SIMで利用する場合には、自分自身で設定することが必要になることが多くなります。

その際の基本操作をまとめた「基本Tips」シリーズを書いています。

MVNOサービスが提供する格安SIMを楽しむために、ぜひマスターしていただきたい「APN設定」を解説します。

「APN設定」の手順を書いておきます。設定自体はそれほど難しいものではなく、慣れると結構さくっとできるようになりますよ!

APN(アクセスポイント)設定を紹介

APNは「Access Point Name」の略です。使用するSIMに応じてAPN設定を行うことでネットワークに接続することができます。

格安SIMを使っていると頻繁に登場する設定操作ですから、しっかりと手順を確認しておきます。

なお、今回使用したSIMフリースマホは、「HUAWEI nova lite」です。「HUAWEI nova lite」のOSは「Android 7.0」で、UIは「EMUI 5.0」です。機種によって、表示される雰囲気が少し異なりますが、おおまかな流れは同じです。

コスパに優れた、「HUAWEI nova lite」については別ページに詳しくまとめています。「HUAWEI nova lite」は本当にいいっすよ!興味のある方はぜひチェックしてみてください。

設定を開く

APN設定を行うために、まずは「設定」を開きます。

機種によって開き方は異なりますが、「HUAWEI nova lite」はホーム画面に表示されています。

APN設定 ホーム画面

ホーム画面に「設定」が見つからない場合は、ドロワーボタンから探すなどしてくださいね。

「設定」から操作

「設定」画面が開くと、「その他」という項目があります。「その他」をタップします。

APN設定 その他

「その他」のなかに「モバイルネットワーク」があるので、タップします。

APN設定 モバイルネットワーク

「モバイルネットワーク」のなかに「アクセスポイント名」があるので、タップします。

APN設定 アクセスポイント名

APN設定を開始

最近のSIMフリースマホでは、格安SIMを提供している主要なMVNOサービスのAPN設定があらかじめセットされている場合が多いです。

今回使用している「HUAWEI nova lite」にも、「OCN モバイル ONE」や「楽天モバイル」など主要なMVNOサービスのAPN設定があらかじめ設定されています。

利用したいMVNOサービスのAPN設定があらかじめセットされている場合は、そのAPN設定を選択すると設定完了となります。

もし、利用したいMVNOサービスがない場合は、APN設定を追加する必要があるので、画面右上から設定していきます。

APN設定 APN

APN設定を手動で行う場合は、MVNOから提供されているAPN設定に関する情報を見ながら、下のような設定画面で設定していきます。

APN設定 手動APN設定

なお、NTTドコモの純正SIMでドコモ回線(SPモード)を利用する際の設定については、別ページにまとめています。「やすスマ」の人気記事になっています。興味のある方はぜひチェックしてみてください。

まとめ

以上、APN設定についてまとめておきました。少しでも参考になる部分があれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする