「Black Shark 3」は5G対応のハイスペックゲーミングスマホ 価格が約5.4万円~とめちゃ安い【日本発売期待】

この記事は約7分で読めます。
やすスマ
やすスマ

「Black Shark 2」の良さも体感した、ガジェットブロガーのやすスマです。

Xiaomi出資のBlack Sharkが手掛けるハイスペックゲーミングスマホ「Black Shark 3」がついに発表です!

TAKUMI JAPANから「Black Shark 2」が発売済みということもあって、日本でも馴染みのあるゲーミングスマホシリーズの新モデルです。

LINK 【実機レビュー】「Black Shark2」は手頃な価格の強力ゲーミングSIMフリースマホ

「Black Shark 3」はゲーミングを堪能するためのハイスペックさを詰め込んだような仕上がりになっています。

さらに「Black Shark 3」ではついに5G通信に対応。しかも、5G対応のハイスペックゲーミングでありながら、価格は3499元(約5.4万円)~とめちゃんこ安いです!

「Black Shark 3」の主な特徴はコチラ。

「Black Shark 3」の特徴
  • Snapdragon 865搭載などバリバリのハイスペック
  • ゲームプレイに適した高性能ディスプレイ
  • 最大65w充電にも対応する強力な充電性能

これらの特徴を中心に「Black Shark 3」情報をまとめておきます。

「Black Shark 3」は5G対応のハイスペックゲーミングスマホ

「Black Shark 3」の特徴とスペック

「Black Shark 3」では新たに5G通信に対応しながら、スペックも劇的に進化しています。

7.1インチディスプレイを搭載した上位モデル「Black Shark 3 Pro」も同時に発表されています。「Black Shark 3」についてはコチラにまとめています。

LINK 「Black Shark 3 Pro」は驚きの巨大&高性能ディスプレイ搭載のハイスペックゲーミングスマホ【日本発売期待】

「Black Shark 3」はバリバリのハイスペック

「Black Shark 3」はバリバリのハイスペック

「Black Shark 3」はSoCに「Snapdragon 865」を搭載。ハイパフォーマンスさに定評のあるSoCで、各社のフラグシップモデルにも採用されているSoCです。

LINK AnTuTu ベンチマークランキングまとめ – やすスマ

「Black Shark 3」は強力な液冷システム搭載し、ゲームプレイ時にも安定したハイパフォーマンスを引き出します。

メモリ仕様は、RAM容量が8GB/12GB、内部ストレージ容量が128GB/256GBです。大容量であることに加えて、LPDDR 5 & UFS 3.0に対応することでより高いパフォーマンスを引き出します。

ゲームプレイにも適した「Black Shark 3」の高性能ディスプレイ

「Black Shark 3」は6.67インチの有機ELディスプレイを搭載。前モデル「Black Shark 2」が6.39インチであったので、ディスプレイはさらに大型化しています。

しかも、7.1インチディスプレイ搭載の「Black Shark 3 Pro」もラインナップしています。

「Black Shark 3」は前モデルの不満点もしっかり解消してきました。「Black Shark 3」のリフレッシュレートは90Hzにアップ。タッチ操作のサンプルレートは270Hzと非常に高速。

滑らかな画面表示と操作に対して素早いレスポンスを実現。高性能ディスプレイによって、ゲームのより快適なプレイを実現します。

なお、指紋認証センサーはディスプレイ内に搭載しています。

めちゃんこ強力な「Black Shark 3」の充電性能

「Black Shark 3」のバッテリー容量は4720mAhと大容量。USBポートは「Type-C」です。

注目はその驚異的な充電性能です。

最大65wの有線での充電を実現。たった38分で「Black Shark 3」の大容量バッテリーをフル充電することが可能。

OPPO Reno Ace」、「Realme X50 Pro 5G」と同じ65W充電に対応しています。

さらには背面にはマグネット式の充電にも対応し、最大18Wで充電可能です。横持ちしているときにもケーブルが気になりにくい構造になっています。

ワイヤレス充電には対応していませんが、文句なしにハイレベルな充電性能です。

「Black Shark 3」の価格

「Black Shark 3」の価格は以下のとおりです。

「Black Shark 3」の価格

・8GB RAM+128GB ROMモデル 3499元(約5.4万円)
・12GB RAM+128GB ROMモデル 3799元(約5.9万円)
・12GB RAM+256GB ROMモデル 3999元(約6.2万円)

5G通信対応のハイスペックゲーミングスマホと考えると驚異的な価格となっています。さすがXiaomi系のゲーミングスマホといったコスパの高さです。

「Black Shark 3」のスペック

「Black Shark 3」の主なスペックは以下の通りです。

「Black Shark 3」スペック
  • OS:Android 10
  • ディスプレイ:6.67 インチ(2400×1080)
  • SoC:Snapdragon 865
  • RAM:8GB/12GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:64MP+13MP+5MP FRONT:20MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4720mAh
  • サイズ/重量:77.33(W)×168.72(D)×10.42(H) mm / 222g

スペックはハイレベルですが、重さは220gオーバーとなかなかヘビーなものになっています。

LINK 日本人スタッフ対応>> Black Shark 3 Global Version – ETOREN

まとめ:「Black Shark 3」は5G対応のハイスペックゲーミングスマホ

以上、「Black Shark 3」情報をまとめておきました。

「Black Shark 3」ではさらに大型化し、迫力の大画面でゲームを楽しめるようになっています。

「Black Shark 3」は最新機能をふんだんに搭載し、最高峰のパフォーマンスを実現。メーカー公称では「AnTuTu Ver 8」で63万オーバーのスコアをマークしています。

リフレッシュレート、タッチサンプリングレートが向上し、「Black Shark 3」でより快適なゲームプレイを実現したい!という姿勢がはっきりと表れています。

「Black Shark 3」はこれだけのハイスペックな5Gスマホでありながら価格は手頃です。その価格は約5.4万円~と目を疑うような価格設定です。

後継モデル「Black Shark 3S」発表

後継モデル「Black Shark 3S」発表

Black Sharkは「Black Shark 3」の後継モデル「Black Shark 3S」を発表。

「Black Shark 3S」では、さらにディスプレイのリフレッシュレートが120Hzに向上しています!

ただ、SoCは「Black Shark 3」と同じ「Snapdragon 865」を搭載となっています。

「Black Shark 3」のスペックや特徴はコチラにまとめています。

LINK Xiaomi「Black Shrak 3S」は120Hzディスプレイ搭載のハイスペックスマホ

nubiaからもハイスペックゲーミングスマホが発表

nubiaは144Hzディスプレイを搭載したハイスペックゲーミングスマホ「nubia Red Magic 5G」を発表しています。

「nubia Red Magic 5G」は「nubia Red Magic 5」として日本でも発売されています。

nubia「Red Magic 5S」は強力冷却システム搭載のゲーミングスマホ」にまとめているので興味のある方はぜひ以下の記事をご覧くださいね!

\nubiaは「RedMagic 5」で日本進出/

「Black Shark 3」アンケート

「Black Shark 3」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

「Black Shark 3」アンケート

「Black Shark 3」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source

Black Shark 3 – Xiaomi

コメント

タイトルとURLをコピーしました