「Black Shark2」6GB+128GBが39800円 ハイスペックゲーミングSIMフリースマホ 全カラー対象【数量限定】

衝撃の39800円が再び!ハイスペックなゲーミングスマホ「Black Shark 2」の特価販売が再び行われますよ。

TAKUMI JAPANは、2019年11月23日11時より、「Black Shark 2」の6GB RAM+128GB ROMモデルを39,800円(税別)で販売することを発表しました。ただし、販売は数量限定で在庫限りとなります。

LINKBlack Shark 2 – KAZUNA eSHOP

今月17日までは、シルバーカラーが同価格で販売されていましたが、今回は全カラーが割引対象です。

【期間限定】「Black Shark2」6GB+128GBシルバーが39,800円!ハイスペックなゲーミングスマホがめちゃんこ安い
TAKUMI JAPANは、Xiaomiが出資するゲーミングスマホ「Black Shark」の「...

「Black Shark 2」の6GBモデルが39800円

「Black Shark 2」の6GBモデルが39800円

特価対象の「Black Shark2」は日本で提供されているモデルで、技適取得済みです。ドコモのプラチナバンドの「LTE B19」にも対応しています。

先日、日本発表となった「ROG Phone II」の方がスペックは高いですが、「Black Shark2」は「ROG Phone II」の半値以下。その価格差は圧倒的です。

ASUS「ROG Phone II」は更に進化した最強スペックのゲーミングSIMフリースマホ
ASUS JAPANの「ROG Phone II」は最高スペックをもったゲーミングSIMフリースマホです。高性能なディスプレイ、ゲームプレイをサポートする多様な機能など、スマホでの快適なゲームプレイを実現するために開発されたスマホです。

ハイスペックなゲーミングスマホ

ハイスペックなゲーミングスマホ

「Black Shark2」は海外で発売されてから少し経ちましたが、依然として十分にハイスペックな位置付けとなっています。

「Black Shark2」はSoCに「Snapdragon 855」を採用。ゲームプレイにも適したハイパフォーマンスなSoCです。

同じSoCを搭載している「ZenFone 6」の実機レビューはコチラです。

【実機レビュー】「ZenFone 6」はとびきりの個性的なフリップカメラ搭載のハイスペックSIMフリースマホ
2019年5月に発表されていた「ZenFone 6 ZS630K」を入手。とびきり個性的な仕上がりになっている「ZenFone 6」の実機レビューをまとめています。ASUSの主力モデルということで日本発売も有力視されています。ハイスペックでありながら価格はけっこう手頃でした。

ディスプレイは6.39インチの有機ELを採用。鮮やかで美しい発色の画面表示が期待できます。タッチパネルの反応レートは240Hzと高速でタッチ操作に応答するディスプレイです。

多層液体冷却システムによる強力な冷却性能も備えていて、高負荷時の安定した動作を引き出しています。

「Black Shark2」の対応バンド

メーカー公表の日本版「Black Shark2」の対応バンドはコチラです。

FDD LTE (B1,B2,B3,B4,B5,B7,B8,B19,B20,B28)
TDD LTE (B34,B38,B39,B40,B41)
TD -SCDMA (B34,B39)
WCDMA(B1,B2,B5,B6,B8)
GSM (B2,B3,B5,B8)

前述の通り、NTTドコモのLTEのプラチナバンドに対応するなど日本での使用にも適した対応バンドです。ただし、auのLTE回線の主力バンドには対応していないので注意が必要です。

まとめ

いよいよ在庫限りで「Black Shark 2」の大放出セールと感じですね。

スペックから考えると、激安な価格設定です。数量限定ということで、狙っていた方はぜひ早めにゲットすることをオススメします。

LINKBlack Shark 2 – KAZUNA eSHOP

スポンサーリンク
SIMフリー Xiaomi
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました