ZTE 「ZTE Blade V580」情報まとめ 4/10更新

ZTE 「ZTE Blade V580」

Blade V580

「ZTE Blade V580」は、ZTE社のハイコストパフォーマンスモデルです。実売価格3万円弱となっており、人気の「HUAWEI GR5」と競合モデルとなっています。このページは「ZTE Blade V580」についてのまとめです。

「ZTE Blade V580」の評判 4/10作成

3月28日発売となった「ZTE Blade V580」ですが、現時点では残念ながら「HUAWEI GR5」と争うような人気機にはなっていないようです。こまめブログ様に非常に参考になる「ZTE Blade V580」レビューがありましたので、紹介させていただきます。

ZTE Blade V580実機レビュー ZTE渾身の2万円台スマホはどこまで使えるのか!?|こまめブログ

「ZTE Blade V580」製品情報|ZTEジャパン

「ZTE Blade V580」3/25発売 3/8作成

ZTEジャパン株式会社は、3月8日にSIMロックフリースマートフォン「ZTE Blade V580」を3月25日に日本発売することを発表しました。

(追記)発売日は3月28日に変更されました。

「ZTE Blade V580」は、5.5インチの大画面にフルHD液晶、オクタコアCPUを採用し、さらには指紋認証セキュリティを搭載して、市場想定価格が27800円(税抜)となっています。

ヨドバシカメラ、ビックカメラ、上新電機など家電量販店において取り扱う予定となっており、3月8日から先行予約受付を開始しています。

「ZTE Blade V580」の主なスペック

  • OS:Android 5.1
  • CPU:MediaTek MT6753 Octa Core 1.3GHz
  • メモリ:ROM 16GB RAM 2GB
  • ディスプレイ:5.5インチ(1920×1080ドット)
  • カメラ:リア1300万画素 フロント500万画素
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:77.2(W)×155.3(D)×8.6(H) mm / 165g
  • LTE BAND:1/3/8/19
  • 3G BAND:1/6/8/19

「ZTE Blade V580」とライバル機「HUAWEI GR5」の比較

Huawei GR5
ファーウェイ・ジャパン公式ページより引用

「ZTE Blade V580」のスペックと、競合機種となるであろう「HUAWEI GR5」のスペックを比較してみます。共通のスペックとなっている部分が多いですが、SoCが異なっている点が特に注目されます。

ZTE Blade V580 HUAWEI GR5
OS Android 5.1 Android 5.1
SoCMediaTek MT6753
8コア(1.3GHz×8)
Snapdragon616
8コア(1.5GHz×4+1.2GHz×4)
ディスプレイ 5.5インチ
(1920×1080ドット)
5.5インチ
(1920×1080ドット)
内蔵メモリ ROM 16GB RAM 2GB ROM 16GB RAM 2GB
カメラ リア1300万画素
フロント500万画素
リア1300万画素
フロント500万画素
バッテリー 3000mAh 3000mAh
サイズ・重量
W×D×H
77.2×155.3×8.6 mm
165g
76.3×151.3×8.15 mm
158g

市場想定価格は、「ZTE Blade V580」が3万円弱、「HUAWEI GR5」が3万円強となっています。SIMフリー機の人気価格帯に選択肢が増えることになります。

ニュースリリース(「ZTE Blade V580」を発表)|ZTEジャパン

※詳細については各社のHPで必ず確認ください

SIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました