【取材】ジャンクスマホ専門店「C.C.モバイル」日本橋店に突撃してお得なスマホを探索

ジャンクスマホ専門店「C.C.モバイル」日本橋店に突撃

「C.C.モバイル」

大阪の日本橋にジャンクスマホ専門店「C.C.モバイル」がオープンしたということで、さっそく店舗に突撃してきました。

「C.C.モバイル」のTwitterアカウントでは、注目のジャンクスマホやセールの情報が頻繁に発信されているので、興味のある方はぜひフォローしておきましょう。

ここで紹介しているのは、訪問日(2019年8月9日)段階の情報になっています(価格情報はすべて税別)。

商品の入れ替わりやセール情報の更新を頻繁に行っています。ぜひ、ジャンクスマホが気になって仕方ない!という方は前述の「C.C.モバイル」のTwitterアカウントをフォローして情報をチェックしてみてください。

訥言の訪問にも関わらず、快く対応していただいた「C.C.モバイル」の皆様には感謝しております。

「C.C.モバイル」を訪問

「C.C.モバイル」は浪速区日本橋4丁目にあり

「C.C.モバイル」は大きな通りから少し入ったところに店舗があります。

筆者はぽーっとしていると一度通り過ぎました(笑)

店舗の前に次のような看板が出ていました。店舗を探すときの目印にできそうです。

「C.C.モバイル」の看板

さっそく入店して、お店の方に了解をいただき、写真を撮影させていただきました。

「C.C.モバイル」の店内

店舗自体はそれほど大きくないですが、店内のいたる所にジャンクスマホが置かれています。

ジャンクスマホの聖地となっていた通称「ゲオジャンク」があまり見れなくなったので久しぶりの光景にワクワクします。

入口正面には封印スマホ

封印されたAndroidスマホ

入店とすると正面には、アカウント残り、パスロックなどの封印されたAndroidスマホが置かれています。

封印されている?ということで価格は激安。

入店してすぐにディーブさを実感します。

どのように活かすことが出来るかを色々と考えるのもジャンクスマホの醍醐味ですね。

いきなり、一癖も二癖もあるスマートフォンと遭遇です。

一方で、店員さんは非常に親切です。

商品タグに書かれた情報だけではなく、それぞれのスマートフォンの状態等を一緒に確認しながら解説してくれます。

1980円のジャンクスマホ

1980円コーナー

その横には1980円のジャンクスマホコーナーが設置されています。同時に3台以上購入するとまとめ買い特価が発動するようです。

写真のように多数の展示があり、充電ケーブルが用意されていることから、実際に動作確認を行いながら商品を選ぶことができます。

1980円のジャンクタブレット

ジャンクタブレットの1980円コーナー

さらに、その横のコーナーには1980円のジャンクタブレットがあります。

訪問時点で、このコーナーにau版の「Xperia Z2 Tablet」のジャンク品がありました。はっきり覚えていませんが、画面割れの状態だったような気がします。。。

激安コーナー

多数の懐かしい機種が更に安価な激安コーナーに並んでいます。100円~というまさに激安価格です。

状態がマシなジャンクタブレット

一般的なジャンクタブレット

また、さきほどの1980円のジャンクタブレットよりも状態の良いタブレットが並んでいるコーナーがあります。

ジャンクのF-03G

このあたりになると、外装割れなどが多くなり、すぐに動作するものが多くなっています。

店員さんと話をしながら、このコーナーのおすすめタブレットを教えていただsきました。

ジャンクのSH-06F

NTTドコモの「AQUOS PAD SH-06F」です。

価格は3980円。多数在庫があり、選べば比較的きれいなものもありました。

充電ケーブル

このコーナーにも充電ケーブルが多数用意されています。動作確認を前提として購入できることは嬉しいポイントです。

「AQUOS PAD SH-06F」を起動

複数台ある「AQUOS PAD SH-06F」から状態の良さそうなものを選んで、実際にを充電しつつ起動確認してみました。

一般ジャンクスマホ

一般ジャンクスマホ

1980円のジャンクスマホよりも状態がマシな一般的?なジャンクスマホがものすごい多数展示されています。

Galaxy、Xperiaなどの人気シリーズの懐かしい機種から1、2年前に発売されてような比較的新しい機種まで多数あります。

SIMフリースマホ

UQ mobile、Y!mobileのスマートフォン

また、大手キャリアモデル以外に、SIMフリースマホ、UQ mobile、Y!mobileのスマートフォンもあり。

店員さんおすすめのジャンクスマホ

店員さんに話を伺いながら、このコーナーのおすすめ機種を挙げてもらいました。

「AQUOS sense SH-01K」

「AQUOS sense SH-01K」

NTTドコモの「AQUOS sense SH-01K」。

そんなにスペックは高くないですが、防水・防じんなど、日本メーカーのスマホらしい仕様になっているスマホですね。

2017年11月発売の比較的新しい機種です。フルHDのIGZOディスプレイ、3GB RAMなど、欲張らなければまだまだ活躍してくれそうな機種です。

NTTドコモの「AQUOS sense SH-01K」が4980円でした。

複数台の「AQUOS sense SH-01K」があり、それなりに良いものが選べる状態でした。

「AQUOS ZETA SH-04H」

「AQUOS ZETA SH-04H」

実際に不調状況をチェックできていませんが、Wi-Fi不良の「AQUOS ZETA SH-04H」が2980円。

NTTドコモから2016年6月発売されたもので、SoCに「Snapdragon 820」を搭載したハイスペックモデルです。

外観は比較的きれいな状態でした。Wi-Fi使用を想定していない場合などにはかなりお得です。

さらに状態の良いスマホも展示あり

状態の良いスマホ

ここまで紹介してきたジャンクスマホよりも状態の良いスマートフォンがケース内で展示されています。

ジャンクスマホとしてはかなり状態の良いものが多数あり。店員さんにお願いすると、手にとって状態を確認することができます。

L-01J

おー、LGの「V20 PRO L-01J」じゃあないですか!

店員さんにお話を伺いながらチェックしてみると、筆者はNTTドコモのLG製ハイスペックスマホ「V20 PRO L-01J」に少し釘付けになりました。

外観傷ありですが、「Snapdragon 820」搭載で、クアッドDAC採用したこだわり音響のスマートフォンです。

価格は6980円ですが、スペックから考えると非常に魅力的です。

iPhoneも多数展示

iPhoneコーナー

Androidスマートフォンだけでなく、NTTドコモ、au、SoftBankなどの大手キャリアのiPhoneも多数展示されています。

「iPhone 6」や「iPhone 6S」

根強い人気を誇る「iPhone 6」や「iPhone 6S」も手頃な価格で多数。

「iPhone 7」や「iPhone 8」などの、もう少し新しい「iPhone」もあります。

SIMロック解除されたiPhone

SIMロック解除された「iPhone 7」や「iPhone 8」もあります。

未使用品の「iPhone Xs」

現行モデルの「iPhone Xs」未使用品も利用制限△の状態のものがありました。

レジ横の目玉商品

レジ横の目玉商品

訪問当日はau版の「iPhone 7」など、目玉商品がレジ横に。目玉商品はなくなり次第終了となっているので、Twitter情報などを定期的にチェックしておきたいですね。

赤ロムのMate 10 Pro

目玉商品の横には赤ロムの「Mate 10 Pro」が19800円。

Wi-Fi運用など、使用する用途によっては割安感があります。ライカ協業のカメラを搭載してますし。

まとめ

以上、「C.C.モバイル」日本橋店を紹介しておきました。

筆者は「C.C.モバイル」日本橋店を初訪問しました。どのあたりに重点を置いたらよいか迷いながらチェックしていたので、散漫状態での取材で申し訳ないです。

「V20 PRO L-01J」や「AQUOS ZETA SH-04H」を購入しようかと正直迷いましたが、今回はこの記事を書くことを優先して見送りました。

店員さんは来店される方に丁寧に声をかけて接客されていました。忙しいところ筆者にも対応いただきありがとうございました。

ジャンクスマホが気になっていた方にとって参考になる情報であれば幸いです。

スポンサーリンク
audocomoFUJITSUhuaweiiPhoneLGSamsungSHARPSIMフリーSoftbankUQ mobileXperia
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。スマートフォンはHUAWEIの「Mate 20 Pro」、ASUSの「ZenFone 6」を、タブレットはHUAWEIの「MediaPad M5 LTE」を主に愛用。他にもXiaomiのスマートフォンを触ってみたり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました