「CHUWI Aerobook」は充実スペックで手頃な価格のWindowsモバイルノートパソコン【PR】

「CHUWI Aerobook」は極細ベゼルのコンパクトな仕上がり

「CHUWI Aerobook」

このページには中国のCHUWIからリリースされているWindowsノートパソコン「CHUWI Aerobook」を紹介しておきます。

クラウドファンディングサイトで出資額目標を大幅にクリアして話題となったノートパソコンです。

「CHUWI Aerobook」は日本のAmazonでも販売されています。

参考CHUWI Aerobook – Amazon

執筆時点(2019年8月13日)で、Amazonでの「CHUWI Aerobook」の販売価格は55,000円(税込)です。

5万円台の価格でありながら、スタイリッシュさ充実スペックをもった「CHUWI Aerobook」。

手頃な価格のスタイリッシュなノートパソコンを探している方はぜひチェックしていただきたい仕上がりです。

メーカー公称スペックをもとにしながら「CHUWI Aerobook」の特長やスペックを紹介しておきます。

「CHUWI Aerobook」

「CHUWI Aerobook」は13.3インチディスプレイを搭載したモバイルパソコンです。

人気カテゴリーとなっている13インチクラスの軽量なノートパソコンです。

軽量・薄型で携帯性の高い仕上がり

「CHUWI Aerobook」の高い携帯性

「CHUWI Aerobook」の本体重量は1.26kgです。ボディの厚さも15.2mmとスリムです。

超軽量パソコンではありませんが、このようなサイズ感であれば、モバイル用途にも十分に対応できるレベルです。

フルビューデザイン

「CHUWI Aerobook」の細いベゼル

「CHUWI Aerobook」はフルHD(1920×1080)のIPSディスプレイを搭載。

低価格のノートの解像度は1366×768にとどまることが多いですが、「CHUWI Aerobook」はフルHDディスプレイを搭載しています。複数のアプリケーションを同時に立ち上げての作業も快適が確保できます。

ディスプレイ周りのベゼル幅を抑えたフルビューデザイン。

フルビューデザインによって画面占有率が80%を達成。ノートパソコンの画面占有率としてはハイレベルなっていて、従来の12インチの筐体サイズを実現しています。

アルミニウム-マグネシウム合金のボディ

「CHUWI Aerobook」のアルミニウム-マグネシウムボディ

「CHUWI Aerobook」はボディの質感にもこだわりがあります。

ボディ両面はアルミニウム-マグネシウム合金で作成されています。CNC切削、表面処理などを施すなどして光沢感のある繊細な質感を演出しています。

Core M3プロセッサ

CPUは「Core M3 6Y30」を搭載しています。

低価格PCでは「Atom」や「Celeron」が搭載されていることが結構ありますが、「CHUWI Aerobook」は超低電圧「Core M3」プロセッサを採用しています。

「Core M3 6Y30」はやや古めのSkylake世代のプロセッサです。

現行世代の「Core i」プロセッサと比較すると、性能は控えめですが、当然ながら「Celeron」や「Atom」プロセッサよりも高い性能をもっています。

「Core M3 6Y30」はデュアルコア(最大4スレッド)プロセッサで、Turbo Boost 2.0処理で最大2.2GHzまで向上して動作します。

ウェブ閲覧やテキスト作業の用途であれば不満のないパフォーマンスをもったSoCです。

超低電圧プロセッサということで発熱が抑えれるというメリットもあり、「CHUWI Aerobook」はファンレス仕様になっています。

8GB RAM+256GB ROM

「CHUWI Aerobook」のメモリ仕様は強力です。

RAM容量は8GB内部ストレージ容量は256GBです。

大容量の8GB RAMであれば複数タスクを問題なく実行可能です。低価格PCではRAM容量が4GBのものも多いですが、安心のRAM容量になっています。

また、内部ストレージについては256GB SSDを搭載。SSDということで読み書きの速度は十分な速さが期待できます。また、「CHUWI Aerobook」の価格帯から考えると、容量が256GBと大きめなのはうれしいポイントです。

Type-C

「CHUWI Aerobook」の接続ポート

「CHUWI Aerobook」の接続ポートは充実。USBポートについてはType-Aが2ポートに加えて、Type-Cが1ポートあります。

Type-CポートはPower Deliveryに対応。Type-Cポートを利用しての充電が可能です。

当然ながら技適あり

中国メーカーのノートパソコンということで、念の為にCHUWIに技適について確認をとっておきました。

当然ながら、結論としては技適証明は正式に取得済みと回答をもらっています。

まとめ

以上、「CHUWI Aerobook」を紹介しておきました。

13インチクラスの軽量なノートパソコンは、そこそこの画面サイズがあってモバイル用途にも使えることから、非常に人気の高いカテゴリーです。

「CHUWI Aerobook」はハイスペックではありませんが、モバイル用途において大きな不満を感じないようなスペック構成になっています。

モバイル用途に使えるパソコンが欲しいけど、それほど大きな出費は難しい場合には「CHUWI Aerobook」が選択肢となりそうです。

アンケート

「CHUWI Aerobook」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

CHUWI Aerobook – CHUWI

CHUWI
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました