強力スペックUMPC「CHUWI MiniBook」の日本でのクラウドファンディングがついに開始 税込価格は57,085円~

CHUWI「Minibook」

「Ultra-Mobile PC」、略して「UMPC」のカテゴリーは着実に注目を集めつつあります。2019年9月23日14時に、強力スペックを持ったCHUWIのUMPC「MiniBook」の日本でのクラウドファンディングが開始されたので紹介しておきます。

「UMPC」には興味があるけど、スペックは妥協したくない方に「MiniBook」はけっこういい感じだと思いますよ。

CHUWIの強力スペックUMPC「MiniBook」のクラウドファンディング内容

日本での「MiniBook」のクラウドファンディングは「MAKUAKE」において展開されます。

今回の「MiniBook」のクラウドファンディングではスタンダード版とハイクラス版をラインナップ。

「Celeron N4100」版と「Core m3-8100Y」版

スタンダード版とハイクラス版とでは搭載CPUが異なります。スタンダード版が「Celeron N4100」ハイクラス版が「Core m3-8100Y」です。

ハイクラス版には2種類のメモリ仕様がラインナップ。16GB RAM+512GB ROMもしくは8GB RAM+256GB ROMの組み合わせとなっています。

UMPCとしてはかなり強力なスペックになっています。大容量なSSDは大きな魅力です。

「MiniBook」のクラウドファンディング価格

「MiniBook」が強力スペックであることが分かったら、気になるのはクラウドファンディング価格(税込)ですよね!

超早割を適用すると、ハイクラス版の8GB RAM+256GB ROMモデル(レザーカバー付き)が60,000円~、16GB RAM+512GB ROMモデルが78130円スタンダード版の8GB RAM+256GB ROMモデル(レザーカバー付き)が57,085円です。

気になるのは商品の到着時期です。商品は2020年1月末までに到着予定とアナウンスされています。

クラウドファンディングの超早割価格とはいえ、コンパクトな高性能UMPCの価格としては非常に手頃感があります。「MiniBook」のプロジェクトページはこちらからどうぞ。

「MiniBook」の特徴

「MiniBook」でノマド

「MiniBook」はYogaスタイルの8インチのディスプレイを搭載。一般的なノートパソコンと比べて圧倒的にコンパクトなボディが特徴です。ボディ重量はおよそ650gと軽量です。

ディスプレイの解像度は1920×1200。高精細なディスプレイを採用していて、ディスプレイ上に多くの情報を表示ながらの作業が可能になっています。

スマートフォンからのテザリングやフリーWi-Fiなどを活用してノマドワークにも活用できそうなコンパクトなWindowsノートパソコンです。

「MiniBook」のタブレットモード

さらに、Yogaタイプということで、使用する場面に対応して「タブレットモード」や「スタンドモード」に切り替えることができます。

UMPCではかなり強力スペック

「MiniBook」の注目は強力なスペックです。

さきほども書いたように、ハイクラス版は「Core m3-8100Y」プロセッサを搭載。

「Core m3-8100Y」プロセッサは14nm製造プロセスのTDP 8Wの超低電力プロセッサ。2コア4スレッド、ターボブースト時の最大周波数は3.4GHzに達します。

メモリ仕様は、最大16GB+512GBと強力。内部ストレージは高速なSSDです。

トレンドとなっている「Type-C」ポートも搭載。「Type-C」ポートはUSB PD2.0によるスピード充電にも対応しています。

バッテリー容量は26.6Wh。mini-HDMI、USB 3.0、3.5mmイヤホンなどの各ポートも搭載しています。

「MiniBook」の日本語配列キーボード

指紋認証センサーは電源ボタンに内蔵されています。日本向けの「MiniBook」では日本語配列のキーボードになっています。さらにはバックライト付きで暗い場所でも快適に作業することができます。

筆圧1024レベル対応のスタイラスペンでの手書き入力もサポートしています。

CHUWI「MiniBook」は強力スペックのUMPC 日本でも9/23よりクラウドファンディング開始
CHUWIの「MiniBook」のスペックを紹介 以前の記事でまとめたように、強力スペックUMPC「MiniBook」が日本でもクラウドファンディング「Makuake」でプロジェクト...

技適マークは取得済みで、PSEマークは2019年10月に取得予定ということです。

まとめ

以上、「MiniBook」のクラウドファンディング開始についてまとめておきました。

UMPCに興味がある方は、ぜひプロジェクト参加を検討ください。

筆者もプロジェクトに参加しようか迷っています。

アンケート

「MiniBook」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

価格を訂正しました。【2019年9月23日14:00】

スポンサーリンク
CHUWI
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました