100均アイテム!ダイソーの「Type-C to Type-A 変換アダプタ」ってちゃんと使えるか検証

どうも、どちからかといえばコスパを重視する傾向のあるやすスマ(@yasu_suma)です。

ダイソーで100円のType-A to Type-C変換コネクタを売ってたんだけど、これって普通に使えるの?

この記事には、ダイソーの「Type-C to Type-A 変換アダプタ」を検証した内容を紹介しています。もちろん、価格は100円(税別、以下同じ)と激安です!

Amazonで販売されている変換アダプタは600円ぐらいが相場になっています。ダイソーのものがそれなりに使えることが分かれば結構うれしいですよね。

実際に定番商品と比較も行いながら検証してみると、ダイソーの変換アダプタは用途を限定したら使えるものという結論でした。

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

ダイソーの「Type-C to Type-A 変換アダプタ」ってちゃんと使えるのか

ダイソーの「Type-C to Type-A 変換アダプタ」ってちゃんと使えるのか

「Type-C to Type-A 変換アダプタ」って持っているとOTG機能を使うときに便利ですよね。OTG機能を使えば、スマホでUSB接続のキーボードやマウスが使えるだけでなく、身近なUSBメモリも使えるのでファイルの移動にも便利です。

そんな便利なアイテムがダイソーでも販売されていることに気がついてさっそく購入しました。

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

特徴はなんといっても安さ

特徴はなんといっても安さ

ダイソーの「Type-C to Type-A 変換アダプタ」の特徴はなんといっても安さです(笑)

安いことはめっちゃ分かりやすいですが、実用性があるかが気になるところです。さっそく検証です!

「OPPO Reno A 128GB」を使って検証

さっそく、「OPPO Reno A 128GB」を使って検証してみたところ、

「OPPO Reno A 128GB」を使って検証

・・・

・・・

OPPO Reno A 128GBで使えた

なんか普通にUSBメモリを認識するやん!USBマウスも試してみましたがちゃんと認識して使えます。

ちなみに「OPPO Reno A 128GB」ではOTG機能を有効にするにはかんたんな設定が必要です。その設定が気になる方は「あれどうやったっけ?「OPPO Reno A」でOTG機能を有効にするための設定方法を解説」をご覧ください。スマホによってOTG機能の対応状況や使用するための方法は異なります。

USBメモリからスマホへのファイルの移動やUSBメモリからの音楽・動画再生もできました。USBメモリをとりあえずOTG接続したいというニーズにたった100円で応えてくれるのであればその時点でオトク感あり。

LINK OPPO Reno A 128GB [SIMロックフリー] [OPPO/オッポ] [楽天モバイル] [送料無料] [楽天回線 対応]

定番の「Type-C to Type-A 変換アダプタ」と比較します

ただ、これで検証を終わってしまっては、価値が限りなくゼロなんで、もう少し検証を続けます。Amazonで「Amazon’s Choice」に選ばれている変換アダプタの定番品も購入しておきました。

Amazonでの超定番品と比較

Amazonでの超定番品と比較

ダイソーの変換アダプタと比較するために用意したのがAUKEYの「Type-C to Type-A 変換アダプタ」です。

ダイソーの「Type-C to Type-A 変換アダプタ」と転送速度を比較

このAUKEYのアダプタは高速転送可能とうたっているということで、ダイソーの「Type-C to Type-A 変換アダプタ」と転送速度の差がどのぐらい出るかを確認していきます。

そこらへんにあったSanDiskのUSBメモリを使ってテストしていきます。ホントはスマホでベンチマークしたかったんですが、アプリで何度計測しても上手く計測できずに断念。。。

結局、本ブログ執筆に愛用しているWindowsノートパソコン「ENVY 13 x360」を使ってテストしました。

LINK HP ENVY 13 x360

AUKEYの製品での計測結果

AUKEYの製品

変換アダプタを使って接続したUSBメモリを「CrystalDiskMark 7」で計測します。いつ買ったかも忘れたぐらいのUSBメモリなんで、基本的にそんなに速度は出ていないと思っています、たぶん。

まず、AUKEYの変換アダプタを使って計測した結果がこんな感じです。

AUKEYの結果

ちょっとこの結果をなんとなく覚えておいておいていただけると幸いです。次にダイソーの変換アダプタで計測します。

ダイソーの製品での計測結果

ダイソーの製品

ダイソーの製品を使って計測した結果がこんな感じです。

ダイソーの製品の結果

おっ、そんなに差がでないかもとか思っていましたが、かなり明確な差がでました

スマホにUSBメモリなどのストレージ系をOTG接続してファイル転送を行う場合には、けっこう使用感に差が出そうなレベルです。

変換アダプタなしでの計測結果

ちなみに、変換アダプタ無しでUSBメモリを直接パソコンに接続した場合の計測結果はこんな感じです。ダイソーの製品を使うと大幅に速度が低下していることが分かります。

変換アダプタ無しの結果

ここから、外付けSSDでも計測しようかと思ったのですが、パソコンでまったく認識せずに、どうやら故障しているようです…。ホント、散々なテストで疲れました。。。

PR 日本人スタッフ対応の安心海外通販。【Etoren.com】

まとめ:ダイソーの「Type-C to Type-A 変換アダプタ」ってちゃんと使えるのか

以上、ダイソーで100円で売っている「Type-C to Type-A 変換アダプタ」を検証してみました。

購入したダイソーの変換アダプタはOTG機能を使うだけならばまったく問題なしでした。速度を要求しないような用途であれば十分役割を果たしてくれそうです。

ファイル転送を行うなら他の製品がいいでしょう

ただ、USBメモリなどのストレージ系を使ってファイル転送するなど、転送速度が大切な要素となる場面にはちょっと実力不足だと感じています。

ファイル転送の用途などであれば、Amazonで定番系の変換アダプタを購入したほうが幸せになれそうです。参考にしていただき、ダイソーの変換プラグに価値を見いだせるか検討いただければ幸いです!

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

▼「やすスマ」おすすめの格安SIM▼

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

実機レビュー スマホ周辺機器 スマホ周辺機器
\シェアしていただけるとうれしいです/
ぜひフォローをお願いします(^o^)
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
この記事を書いた人
やすスマ

当ブログではスマホ・格安SIM情報などスマートガジェットを楽しむための情報を発信しています。
ぜひ、生活が楽しく・充実するようなスマホガジェットとの出会いのきっかけとなれば幸いです。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡フォームからご連絡ください。

ぜひフォローをお願いします(^o^)
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました