DIME7月号の付録のデジタルポケットスケールを使って、あの5Gスマホを0.01g単位で計量したい!

どうも、雑誌の付録の進化ぶりに驚いているやすスマ(@yasu_suma)です。

おー、DIMEの7月号の付録は0.01g単位で計量できるデジタルポケットスケールなんや!これはチャレンジしておかないと。

この記事には、DIME7月号の付属のデジタルポケットスケールをレビューしておきます。

デジタルポケットスケールを手に入れて、近いうちにレビュー予定のあのハイスペック5Gスマホを0.01g単位で計量したいという意味不明な動機で購入しました!

0.01g単位で計量できるデジタルスケールが雑誌の付録ですか

0.01g単位で計量できるデジタルスケールが雑誌の付録ですか

DIME7月号の付録が0.01g単位で計量できるデジタルスケールという情報をネット上でキャッチ。そんなステキなスケールがあれば、『昨日到着した5Gスマホが計量できるやん!』って思って、DIME7月号をさっそく購入しました。

筆者は運良く1軒目で発見できました。そこではラスト1冊でした!

Amazonで同じように0.01g単位で計量ができるデジタルスケールを見ていると、ほとんど1000円以上なんで、スケールだけでお得じゃあないですか!っていう感じです。

ちなみにDIME7月号の価格は990円(税込)です。もちろん、写真のスケール以外にサブスク活用特集などが掲載されている雑誌もあります(笑)

さっそく開封

筆者が勝手に盛り上がっているデジタルポケットスケールを開封していきます。

楽天モバイルの動作保証機種の「OPPO Reno A 128GB」と並べてみました

楽天モバイル」で動作保証機種となっている「OPPO Reno A 128GB」と並べてみました。「ポケット」がつくだけあってスマホよりも小さいですね。

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

DIMEロゴ有りのフタがついています

汚れを防ぐためのフタ

このデジタルポケットスケールには汚れを防ぐための「DIMEロゴ入りのフタ」が付いています。少し、いじっていると

フタがいきなり外れてしもうた

一瞬、フタがいきなり外れてしもうたと思ったんですが、ああ、計量しやすいようにフタは外しやすいようになっているんですね。。。

単4電池2本を使用

単4電池2本を使用

このデジタルポケットスケールは単4電池2本で動きます。いつもお世話になっているAmazon電池をセットしておきます。

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥698(2020/05/25 11:15:08時点 Amazon調べ-詳細)

電源をつけるとこんな感じ

電源をつけるとこんな感じです。これで計量したいものを載せればOKです。最大500gまで0.01g単位で計量できます。ライトの点灯は「LIGHT」ボタンで調整できます。

計量重量だけ見ると「iPad Pro 11インチ」は可能、「iPad Pro 12.9インチ」は不可能ということですね。まぁ、「iPad Pro 11インチ」は計測する部分にのせるのは至難の業だけどw

何か容器があって、容器を除いて軽量したい場合には、まず容器をのせて「TARE」を押すと0表示になり、その上で容器の上に計量したいものをのせます。

「PCS」と「UNITS」を使えば、数量の計測もできます。私には縁のない機能ですが。。。

このデジタルポケットスケールを購入したのは、0.01gまで重量を知りたい!というわずかな知的好奇心もありますが、近いうちにレビューを予定しているあの5Gスマホを0.01g単位で計量しておきたかったんです!

LINK UN-LIMITプランが1年間無料キャンペーン>>楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT

デジタルスケールであの5Gスマホを0.01g単位まで計量

このデジタルポケットスケールを購入する前日に、「あれ」は到着しました。

・・・

・・・

5Gスマホを計量

背面がめちゃくちゃキレイですよね!

LINK OnePlus 8 シリーズ – ETOREN

まず、DIMEの付録のデジタルポケットスケールで計量

さっそく、DIMEの付録のデジタルポケットスケールで計量してみます。

DIMEの付録のデジタルポケットスケールで計量

重量は「180.86g」ということで、ほぼスペック値の通りという結果になりました!なお、計量誤差は「±0.03g」ということです。

計量したいものをのせる部分が小さいのでスマホぐらいのサイズでけっこうハードといったところですね。

普段使っている0.1g単位のデジタルスケールでも計量

次に、普段使っている0.1g単位のデジタルスケールでも計量しておきます。

0.1g単位のデジタルスケールでも計量

こちらでは「180.6g」という結果になりました。まぁ、ほぼ一緒といった感じの結果ですね(テキトー)。。。

LINK OnePlus 8 シリーズ – ETOREN

まとめ:0.01g単位で計量できるデジタルスケールが雑誌の付録ですか

以上、DIME7月号の付属のデジタルポケットスケールをレビューしました。

雑誌の付録としてこんなものが付いているということに感動です。しかも、0.01g単位で計測できて知ることの素晴らしさを体験することができます(笑)

created by Rinker
小学館
¥1,300(2020/05/25 11:15:09時点 Amazon調べ-詳細)

あの5Gスマホは「OnePlus 8」です

あの5Gスマホは「OnePlus 8」です

今回のデジタルポケットスケールで計量したかったのは「OnePlus 8」でした。

LINK 

レビューも掲載している「OnePlus 7T」に続いて、「Banggood」でOnePlusスマホを購入しています。

「OnePlus 8」については「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」の届出をDIME7月号を購入した日に発送しました。

その素晴らしいデザインは何度見ても惚れ惚れする感じです。届出が受理されて、検証したら「OnePlus 8」のレビュー記事を掲載する予定です!

LINK OnePlus 8 シリーズ – ETOREN

耐久性は不明ですが面白い付録です

話を戻すと、DIME7月号の付録のデジタルポケットスケールはとりあえずは使えそうなものでした。サイズが小さいので、計量できるものの大きさには注意が必要ですが。

まだ耐久性は不明ですが、これに雑誌が付いて(?)特別価格990円ということなので、面白いものであることが伝われば幸いです。

ただし、ネットではかなり品薄になっているようです。気になる方はぜひ色々とチェックしてみてくださいね。

created by Rinker
小学館
¥1,300(2020/05/25 11:15:09時点 Amazon調べ-詳細)

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source

最新号のご案内|@DIME アットダイム

▼「やすスマ」おすすめの格安SIM▼
海外スマホ OnePlus
\シェアしていただけるとうれしいです/
ぜひフォローをお願いします(^o^)
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
この記事を書いた人
やすスマ

当ブログではスマホ・格安SIM情報などスマートガジェットを楽しむための情報を発信しています。
ぜひ、生活が楽しく・充実するようなスマホガジェットとの出会いのきっかけとなれば幸いです。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡フォームからご連絡ください。

ぜひフォローをお願いします(^o^)
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました