NTTドコモ ケータイ(iモード)出荷終了を発表

iモード

iモードケータイの出荷終了へ

NTTドコモは、2016年11月2日に、iモードケータイの出荷を2016年11月~12月を目途に終了することを発表しました。

iモードケータイで利用している部材の一部が、メーカー生産終了しており、部材を調達することが難しくなってきたようです。iモードケータイについては、店舗等での在庫限りで販売終了となります。

なお、iモードサービス自体は、引き続き提供されます。iモードサービスの提供終了についてのアナウンスは現時点ではありません。

結果として、iモードケータイとしての最後のモデルは、2015年11月に発売された「P-01H」ということになりました。

らくらくホン(iモード)は出荷継続

一方で、携帯電話初心者および50代以上の高齢者層をターゲットにした「らくらくホン(iモード)」については当面は出荷継続する予定となっています。

spモードケータイ強化へ

NTTドコモでは、2015年6月に発売された「AQUOS ケータイ SH-06G」以降、SPモードケータイを続々投入しています。

NTTドコモの最新2016-2017年冬春モデルの中で、SPモードケータイは「AQUOS ケータイ SH-01J」、「P-smart ケータイ P-01J」の2機種が発表されています。

NTTドコモは、spモードケータイへの移行を進めていく方針であるようです。

Source

ドコモ ケータイ(iモード)出荷終了について|NTTドコモ

docomo
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました