「EarFun Air Pro」レビュー!7999円でハイブリッド式ノイズキャンセリング付きTWS!

やすスマ

このページを読んでいただきありがとうございます。ガジェットブロガーのやすスマ(@yasu_suma)です。スマホの周辺機器を触るのが大好きです!

この記事には、earfunのANC機能付きの完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Air Pro」をレビューした内容をまとめておきます。

本記事はEarFunさんより「EarFun Air Pro」を提供いただき作成しています。

「EarFun Air Pro」の主な注目ポイントはコチラです。

・ハイブリッド式ノイズキャンセリング
・最大32時間再生
・Amazonで7999円

「EarFun Air Pro」を実際に使ってみて、よかった点、イマイチだった点を正直に紹介します。

音質より使い勝手を重視する筆者にとっても、「EarFun Air Pro」はなかなか魅力ある仕上がりになっていました。

さっそく、「EarFun Air Pro」を開封していきます。

目次

「EarFun Air Pro」はハイブリッド式ノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスイヤホン

「EarFun Air Pro」はハイブリッド式ノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスイヤホン

「EarFun Air Pro」は、ハイブリッド式のアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能付きのワイヤレスイヤホンです。

執筆時点で、Amazonでの「EarFun Air Pro」の販売価格は7,999円。アクティブノイズキャンセリング対応のワイヤレスイヤホンでは安価な部類に入ります。

「EarFun Air Pro」の付属品

「EarFun Air Pro」の付属品

「EarFun Air Pro」の主な付属品は、イヤホン本体、イヤーチップ(S/M/L)、充電ケース、Type-A to Type-Cケーブル、取扱説明書等の紙類といたところです。

取扱説明書は多言語対応で、もちろん日本語にも対応しているので安心ですね。

「EarFun Air Pro」は充電ケース込みで最大で約32時間使用可能

「EarFun Air Pro」は充電ケース込みで最大で約32時間使用可能

ちなみに、「EarFun Air Pro」の充電ケースはこのよう感じで、有線充電します。ACアダプターは付属していないので、準備してくださいね。

なお、「EarFun Air Pro」はワイヤレス充電には対応していません。

技適マークとPSEマークがしっかりとプリント

「EarFun Air Pro」の充電ケースには技適マークとPSEマークがしっかりとプリント。日本国内で安心して使うことのできるポイントですね。

「EarFun Air Pro」はイヤホン単体(通常モード)で約9時間ケースでの充電を含めると約32時間の使用可能です。

ノイズキャンセリング機能有効時でも、イヤホン単体で約7時間の使用可能と、一般的なワイヤレスイヤホンと同等レベルのバッテリー持ちです。

ノイズキャンセリングを使いながら、このレベルのバッテリー持ちで楽しめるのが「EarFun Air Pro」の大きな魅力だと感じています。

「EarFun Air Pro」のデザインをチェック

イヤホンを入れた状態で充電ケースを実測すると53.4g

なお、イヤホンを入れた状態で充電ケースを実測すると53.4g

カナルタイプのイヤホンは12.3gv

カナルタイプのイヤホンは12.3gとなっていて、一般的な重さといったところです

優秀なバッテリー持ちを実現していながら、このレベルの重さで仕上げてきているのは好印象といったところです。

メカニカルっぽい雰囲気をもったデザインv

イヤホンはメカニカルっぽい雰囲気をもったデザインが印象的です。質感については、チープさはなく、いたって普通といった印象です。

実際の装着感は良好で、頭を振ってみてもしっかりフィットしたままです。

イヤホンがケースから取り出しやすい

このようにイヤホンがケースから取り出しやすくなっているのが、意外とうれしく感じるポイントでした。

ワイヤレスイヤホンによっては、ケースから取り出すときになかなかうまくいかないことがあるんですよねぇ。

「EarFun Air Pro」はハイブリッド方式のノイズキャンセリング機能を搭載

「EarFun Air Pro」はハイブリッド方式のノイズキャンセリング機能を搭載v

「EarFun Air Pro」の大注目ポイントはハイブリッド方式のノイズキャンセリング機能を搭載しているところです。

「フィードフォワード」と「フィードバック」の両方を使ったハイブリッド方式のノイズキャンセリングです。

「EarFun Air Pro」では最大38dBのノイズ低減効果を実現しているとのことです。

「アクティブノイズキャンセリング」モードに設定すると、例えば近くに置いてあるヒーターの動作音がかなり消えます

ちなみにモード設定は、アクティブノイズキャンセリング/外音取り込み/ノーマルの3つを設定可能です。

場面によっては外音取り込みモードに切り替えて、周囲の音を取り込みながら音楽を楽しむこともできます。

「EarFun Air Pro」は加速度センサーを搭載でのタップコントロール

「EarFun Air Pro」は加速度センサーを搭載でのタップコントロール

「EarFun Air Pro」は加速度センサーを搭載し、タップで操作するようになっています。イヤホンを軽くタッチするだけでは反応せずに誤動作を防止しています。

タッチでコントロールするイヤホンの場合は、イヤホンにちょっと触れて動作してしまいストレスを感じる場面もあります。タップでの操作を採用して、しっかりと誤動作を防止しているのはありがたいと感じるところです。

ちなみに、「EarFun Air Pro」のタップコントロールできる操作は以下のとおりです。

音楽操作時
2回タップ 左:音声アシスタント 右:再生/一時停止
3回タップ 左:モード切替 右:曲送り

通話時
2回タップ 左右:電話を受ける/切る
3回タップ 左右:着信拒否

筆者はタップコントロールに慣れていないこともあり、初めのうちはモードを切り替えしようとして、音声アシスタント機能が起動しちゃうこともありました。

そこから少し慣れてくると、しっかり動作をコントロールできるという状況に。誤動作を気にしながらイヤホンを触らなくてもいいのは想像以上にラクと感じています。

一方で、タップコントロールでボリューム調整と曲戻りを操作できないのは残念と感じています。

「EarFun Air Pro」の装着検出機能はマジで便利

「EarFun Air Pro」の装着検出機能はマジで便利

「EarFun Air Pro」には装着検出機能を搭載し、イヤホンを耳から外すと、再生が自動停止、さらにイヤホンを耳につけると、自動的に再生開始となります。

実際に使っていても、センサーがイヤホンの取り外し/取り付けをしっかりと感知してくれます。

ちょっとしたことでイヤホンを取り外して戻したときに、『あれ、どこからだったっけ?』といったことがなくマジで便利です。

「EarFun Air Pro」の音質:aptXに非対応は残念

「EarFun Air Pro」の装着検出機能はマジで便利v

「EarFun Air Pro」の対応コーデックはAAC/SBC。aptXコーデックに非対応という点は残念と感じるところです。

低/中/高音がバランスよく鳴ってくれるので、非常に聴きやすい印象

ただ、「EarFun Air Pro」の音質については満足度が高いです。具体的には低/中/高音がバランスよく鳴ってくれるので、非常に聴きやすい印象です。

クリアで音の広がりも感じることができるので、音質にそこまでこだわりがない筆者にとってはホント十分以上のレベルと感じています。

「EarFun Air Pro」は6つのマイクを搭載した通話ノイズキャンセル技術を搭載。

実際に、ZOOMを使って通話品質も確認しましたが、普通に話す分にはまったく問題ないものと感じています。

まとめ:ANC搭載のワイヤレスイヤホン「EarFun Air Pro」レビュー!

まとめ:ANC搭載のワイヤレスイヤホン「EarFun Air Pro」レビュー!

以上、earfunのANC機能付きの完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Air Pro」をレビューした内容をまとめておきました。

「EarFun Air Pro」は、ANC/長時間バッテリー/装着検出機能などのかなり強力な機能を持ちバランスの良い音質も満足度は高いと感じています。

一方で、ワイヤレス充電/aptXコーデックに非対応というのがマイナスポイントになると感じています。

およそ8000円の手頃なANC機能付きのワイヤレスイヤホンですが、全体的には多くの方が安心して使用できるレベルではないでしょうか。

ワイヤレスイヤホンはとても種類が多く、どれを選べばいいかの判断が難しいですよね。

安価で機能充実のANC機能付きのワイヤレスイヤホンをお探しの方に、本レビューが少しでも参考になれば幸いです。

「EarFun Air Pro」アンケート

「EarFun Air Pro」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

「EarFun Air Pro」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source EarFun Air Pro – Amazon

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる