ヤマダ電機 SIMフリースマホ「EveryPhone PR」発表 | 19800円で「DSDS」「デュアルレンズカメラ」

株式会社ヤマダ電機は、2017年11月10日に、新型スマートフォン「EveryPhone PR(プレミアム)」を発売します。

EveryPhone PR

「EveryPhone PR」はヤマダ電機オリジナルのSIMフリースマホ「EveryPhone」シリーズの最新モデルです。1万円台の価格設定でありながらかなり充実したスペックをもった注目モデルです。

参考まもなく日本で発売されるSIMフリースマホ一覧表

EveryPhone PR

「EveryPhone PR」は全国のヤマダ電機グループ各店及びヤマダウェブコムで販売となります。販売予定価格は19800円(税別)となっていてます。

DSDS、指紋認証

「EveryPhone PR」はnanoSIM×2のデュアルシム仕様となっていて、4G+3Gのデュアルシムデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しています。ただし、SIM2スロットはmicroSD カードスロットと共用となります。

「EveryPhone PR」は指紋認証センサーを搭載。指紋認証センサーの搭載位置はディスプレイ下となっています。さらにはジャイロセンサーも搭載しています。

オクタコアCPU

「EveryPhone PR」はSoCとして「MediaTek MT6750」を採用。最大1.5GHzのオクタコアCPUを搭載。ベンチマークアプリ「Antutu」では、およろ4万点強ぐらいが予想されます。メモリ仕様は「3GB RAM+64GB ROM」です。価格を考えると、高い基本スペックを持っています。

デュアルレンズカメラ搭載

リアには800万画素+200万画素デュアルレンズカメラを搭載しています。メインカメラで色情報などのメイン画像をとらえ、もう1つのカメラで光量をとらえる仕様になっています。

フロントには200万画素カメラを搭載。

5.5インチ液晶

ディスプレイは5.5インチIPS液晶を搭載。解像度はHD(1280×720)です。

ゴールド/ブラック

ボディのカラーバリエーションは「ゴールド」、「ブラック」の2色展開。

「EveryPhone PR」のスペック

「EveryPhone PR」の主なスペックは以下のとおりです。

  • OS:Android 7.1.1
  • SoC:MediaTek MT6750
  • CPU:Octa Core 1.5GHz×4+1.0GHz×4
  • メモリ:RAM 3GB ROM 64GB
  • ディスプレイ:5.5インチ(1280×720ドット)
  • カメラ:リア800万画素+200万画素 フロント200万画素
  • バッテリー:2500mAh
  • USB:micro
  • サイズ/重量:77.5(W)×154.5(D)×8.5(H) mm / 180g

まとめ

コスパの高い「EveryPhone」シリーズの最新モデル「EveryPhone PR」は、価格を考えると文句なしにスペックが充実しています。

「オクタコア CPU」+「DSDS」+「デュアルレンズカメラ」と並べると、かなり優秀そうな感じですよね。

スペックでは、解像度がそれほど高くなく、USBがmicroで、バッテリー容量が少なめなど気になるところもありますが、スペックとしては魅力あるものとなっている印象です。

「EveryPhone PR」実機レビュー

紹介している「EveryPhone PR」を実際に購入しました。実機レビューを別ページにまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Source

EP-172PRの特徴|EveryPhone EP-172PRのSIMフリースマホ

SIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント