【格安SIM】楽天がFREETELのMVNO事業会社の買収を発表

楽天は、2017年9月26日に、プラスワンマーケティングが「FREETEL」ブランドで展開しているMVNO事業を買収することを発表しました。プラスワンマーケティングが展開しているモバイル端末事業、MVNO事業を会社分割する方法が用いられます。そのうちの格安SIM「FREETEL SIM」などで展開しているMVNO事業のみを楽天が買収する形になります。

楽天が「FREETEL SIM」を買収

今後の予定としては平成29年11月1日付で、プラスワンマーケティングのMVNO事業が楽天に承継されます。買収額は5億2千万円となっています。

楽天に承継された後の通信サービスの内容及び料金等に変更はありません。

承継対象の通信サービス

FREETELが案内している承継対象の通信サービスは「FREETEL SIM」、「FREETEL SIM」に付帯する通話サービス(FREETELでんわ 等)、「YAMADA SIM PLUS powered by FREETEL」、「ニコニコSIM(仮)powered by FREETEL」です。

平成29年11月1日より、承継対象の通信サービスの契約先は楽天となります。契約先変更に伴う契約者による手続きは不要です。

適用中のキャンペーンについては引き続き適用されます。

モバイル端末事業に注力

プラスワンマーケティングは、平成29年11月1日以降もモバイル端末事業を継続していきます。モバイル端末事業への投資に、より注力することで、さらにコストパフォーマンスに優れたモバイル端末を開発を目指すということです。

まとめ

FREETELは、この1年間に「KIWAMI 2」、「RAIJIN」、「Priori 4」などのSIMフリースマホを発売。

そのうち最も最近発売されたのは「RAIJIN」ですが、既に「RAIJIN」が発売から半年以上経過しています。ASUSやHuaweiのスマホがシェアを拡大する中で、このような発売スパンでは変化の激しいSIMフリースマホ市場で対抗するのは厳しい状況になっていました。

KIWAMI 2

モバイル事業に注力するということで、SIMフリースマホ市場の活性化のためにも、高いコストパフォーマンスをもった新モデルの登場を期待したいところです。

Source

会社分割(簡易吸収分割)による事業の承継に関するお知らせ – 楽天

会社分割に関するお知らせ – FREETEL

FREETEL格安SIM
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました