ロマン満載のハイスペックスマホ!「Galaxy S21 Ultra 5G」レビュー【日本発売期待】

この記事には、サムスンのフラグシップスマホ「Galaxy S21 Ultra 5G」をレビューした内容を紹介しています。

やすスマ

どうも、ガジェットブロガーのやすスマ(@yasu_suma)です。2021年のスマホ実機レビュー5機種目は「Galaxy S21 Ultra 5G」です!

2021年1月に海外で発売された「Galaxy S21 Ultra 5G」をYouTuberのカステラ王子さんよりお借りしました。カステラ王子さんの「Galaxy S21 Ultra 5G」開封レビュー動画もぜひ合わせてご覧ください。

日本発売がかなり期待できそうな「Galaxy S21 Ultra 5G」を気になっている方も多いのではないでしょうか。

「Galaxy S21 Ultra 5G」を実際に使ってみて、良かったところ、イマイチだったところを正直に紹介しておきます。

「Galaxy S21 Ultra 5G」はコスパを重視する方には間違いなく向きません。ただ、スマホにロマンを求める方にはかなり響くモデルになっています!

なお、本レビューは「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」の届け出を行った上で作成しています。

目次

日本発売期待の「Galaxy S21 Ultra 5G」レビュー

日本発売期待の「Galaxy S21 Ultra 5G」レビュー!

「Galaxy S21 Ultra 5G」は、サムスンの「Galaxy S21」シリーズの最上位モデルです。

「Galaxy S21」シリーズには、他に「Galaxy S21」/「Galaxy S21+」がラインナップされています。

まずは、海外版「Galaxy S21 Ultra 5G」の基本スペックから紹介しておきます。

海外版「Galaxy S21 Ultra 5G」のスペック

海外版「Galaxy S21 Ultra 5G」のスペック

海外版「Galaxy S21 Ultra 5G」の主なスペックは以下のとおりです。

  • OS:Android 11
  • ディスプレイ:6.8 インチ(3200×1440)
  • SoC:Snapdragon 888 /Exynos 2100
  • RAM:12GB/16GB
  • ROM:128GB/256GB/512GB
  • カメラ:REAR:108MP+12MP+10MP+10MP FRONT:40MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
  • 指紋センサー:○(画面内)
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5000mAh
  • サイズ/重量:75.8(W)×165.1(H)×8.9(D) mm / 229/227 g

今回レビューするのは香港版「Galaxy S21 Ultra 5G」で、「Snapdragon 888」を搭載しています。なお、メモリ仕様は12GB RAM+256GB ROMです。

海外版「Galaxy S21 Ultra 5G」の価格

海外版「Galaxy S21 Ultra 5G」の価格

お馴染みのイオシスでも海外版「Galaxy S21 Ultra 5G」を販売しています。

イオシスでの「Galaxy S21 Ultra 5G SM-G9980 16GB/512GB」の価格はおよそ16万円台といったところ。

まさにフラグシップスマホという感じのものすごく立派な価格になっています。

では、「Galaxy S21 Ultra 5G」の付属品をチェックしておきます。

「Galaxy S21 Ultra 5G」の付属品

「Galaxy S21 Ultra 5G」の付属品

「Galaxy S21 Ultra 5G」の主な本体付属品は、USBケーブル、SIMピン、マニュアル類といったところです。

「Galaxy S21 Ultra 5G」の付属品は、ちょっとトレンドになりつつある、ACアダプターなしのシンプルな構成です。

なお、ディスプレイ表面には保護フィルムが貼られています。ディスプレイ形状も考えるとけっこううれしいところです。

では、さっそく「Galaxy S21 Ultra 5G」本体を見ていきます。

Dynamic AMOLEDディスプレイ搭載の「Galaxy S21 Ultra 5G」

Dynamic AMOLEDディスプレイ搭載の「Galaxy S21 Ultra 5G」

「Galaxy S21 Ultra 5G」は6.8インチのDynamic AMOLEDディスプレイを搭載。

ディスプレイ解像度はQuad HD+(3200×1440)と高精細な画面表示を楽しむことができます。また、リフレッシュレートは最大120Hzに対応し、滑らかな表示も楽しむことができます。

「Galaxy S21 Ultra 5G」ではリフレッシュレートの自動調整や、画面の解像度の変更が可能になっています。

リフレッシュレートの自動調整や、画面の解像度の変更

バッテリー持ち優先の設定したり、パフォーマンスを重視する設定したりできるあたりの高い柔軟性がフラグシップモデルらしさですね。

実際に、筆者の場合は、リフレッシュレートを「最適化」、解像度をFHD+で、十分に美しく滑らかな画面表示だと感じています。

いわゆるパンチホールデザインを採用

「Galaxy S21 Ultra 5G」はいわゆるパンチホールデザインを採用し、4000万画素のセルフィーカメラを搭載。もちろん、セルフィーカメラでの顔認証にも対応し、素早くロック解除することができます。

また、小さめのパンチホールとスリムなベゼルで、コンテンツへの没入感はかなり高いです。

「Galaxy S21 Ultra 5G」は、Galaxy S21シリーズで唯一のエッジカーブディスプレイを採用。ただ、それほどカーブが付いたデザインではありません。

Galaxy S21シリーズで唯一のエッジカーブディスプレイ

画面の見やすさと操作性も大切にしながら、デザイン性とホールド感を高めるあたりはまさにフラグシップモデルの風格といったところでしょうか。

「Galaxy S21 Ultra 5G」のディスプレイは明るさ十分

また、「Galaxy S21 Ultra 5G」のディスプレイは明るさ十分。鮮やかでキレイな画面表示の満足度は非常に高いものになっています。

「Galaxy S21 Ultra 5G」はクアルコムの第2世代超音波指紋センサーを搭載

「Galaxy S21 Ultra 5G」はクアルコムの第2世代超音波指紋センサーを搭載

また、「Galaxy S21 Ultra 5G」のディスプレイ内にはクアルコムの第2世代超音波指紋センサーを搭載。従来よりも認証範囲が拡がり、前世代よりも認証速度が向上しているとのことです。

「Galaxy S21 Ultra 5G」の指紋認証センサーは確かに優秀という印象です。使い込んでいくうちにじわじわと高速なロック解除が便利と感じるレベルです。

他のスマホのディスプレイ内指紋認証センサーもかなり進化しているので、劇的な進化に感動した!とまでは言いませんが、使い勝手の良い指紋認証センサーであることは間違いありません。

ただ、新世代の超音波指紋センサーをいち早く搭載しているあたりはワクワクするポイントであることは間違いありません。

「Galaxy S21 Ultra 5G」のステレオスピーカーはかなり魅力的

「Galaxy S21 Ultra 5G」のステレオスピーカーはかなり魅力的

「Galaxy S21 Ultra 5G」は側面下部のスピーカーに加えて、上部のわずかなベゼル部分にもスピーカーを搭載しています。

上部のわずかなベゼル部分にもスピーカーを搭載

「Galaxy S21 Ultra 5G」のステレオスピーカーは透明感があり、特に高音をクリアに鳴らしてくれる印象です。スマホのスピーカーとしては素晴らしいものだと感じています。

なお、3.5mmイヤホンジャックは非搭載なのでご注意くださいね。

「Galaxy S21 Ultra 5G」のプレミアムなボディデザイン

「Galaxy S21 Ultra 5G」のプレミアムなボディデザイン

「Galaxy S21 Ultra 5G」の通常ボディカラーはファントムブラック、ファントムシルバーの2色展開です。

「Galaxy S21 Ultra 5G」のマットな背面デザインは、見るからにプレミアムな雰囲気を漂わせています

背面カメラ周りはメタル素材でデザイン

背面カメラ周りはメタル素材でデザインし、デザイン性を高めるだけでなく、カメラをダメージから保護しています。

カメラ周りのメタル素材のデザインは側面フレームにも採用

カメラ周りのメタル素材のデザインは側面フレームにも採用。個人的には好印象ですが、なかなか興味深いデザインと感じています。

ただし、カメラ周りの部分の出っ張りはけっこうあるので、実際にどのように使っていくかは悩む部分になることがありそうです。

正直言って、「Galaxy S21 Ultra 5G」のカメラ周りのデザインは賛否は分かれそうと感じています。ただ、実際のカメラ性能を体感すると、デザインに納得するという場合も多いのではないかとも感じています。

「Galaxy S21 Ultra 5G」のボディ重量は要確認ポイント

「Galaxy S21 Ultra 5G」のボディ重量は要確認ポイント

「Galaxy S21 Ultra 5G」のボディサイズは約75.6x約165.1x約8.9mm

また、重さは実測で228.1g(フィルムを含む)でした。

重さは実測で228.1g(フィルムを含む)

実際に「Galaxy S21 Ultra 5G」を手にしたときのその重量感と存在感はかなりのものです。

機能をぎっしりと詰め込んでいることを実感できるとポジティブに捉えることもできますが、かなり重いと感じる場合もあるでしょうね。

「Galaxy S21 Ultra 5G」のボディサイズは75.8(W)×165.1(H)×8.9(D) mm

なお、「Galaxy S21 Ultra 5G」のボディサイズは75.8(W)×165.1(H)×8.9(D) mm。常に片手での操作は厳しいサイズですが、エッジカーブデザイン採用ということもあり手にとったときの感触は良い感じです。

香港版「Galaxy S21 Ultra 5G」はデュアルSIMスロットを搭載

海外版「Galaxy S21 Ultra 5G」は、側面下部にデュアルSIMスロットを搭載。

側面下部にデュアルSIMスロット

スロットの裏表で2枚のSIMカードを挿せる仕様になっています。

「Galaxy S21 Ultra 5G」が日本発売の場合に、このSIMスロットがどのようになっているかが気になってくるポイントですね。

\ こちらでも販売 /

「Galaxy S21 Ultra 5G」は「Android 11」を搭載

「Galaxy S21 Ultra 5G」は「Android 11」を搭載

「Galaxy S21 Ultra 5G」は「Android 11」ベースの「One UI 3.1」を採用。

Galaxyシリーズでお馴染みのOne UIということで使い勝手がよく、他メーカーのAndroidスマホからの機種変更でも迷わず使い始めることができます。

ちなみに、筆者は「Galaxy Tab S7」を愛用しています。

また、海外版「Galaxy S21 Ultra 5G」は非常にシンプルなアプリ構成です。同じようなアプリ構成の国内SIMフリー版「Galaxy S21 Ultra 5G」の登場も期待したいところですね。

「Galaxy S21 Ultra 5G」の高速な内部ストレージ

今回の「Galaxy S21 Ultra 5G」ではmicroSDカードに非対応。かなり残念と感じる場合もあるのではないでしょうか。

初回起動直後に内部ストレージの状況をチェックみたところ、空き容量は220GBほどでした。システムが30GB強と大きめなのが少し気になるところです。

「Galaxy S21 Ultra 5G」の高速な内部ストレージ

「Galaxy S21 Ultra 5G」の内部ストレージ速度は非常に優秀です。シーケンシャルリードで2000MB/sオーバーというのはけっこう驚くところです。

また、「Galaxy S21 Ultra 5G」の動作パフォーマンスは、まさにフラグシップスマホの快適なものです。

3Dゲームも快適にプレイ

「Galaxy S21 Ultra 5G」は、クアルコムの最上位SoC「Snapdragon 888」を搭載。Xiaomiの「Mi 11」などと同じ、フラグシップ向けのSoCを搭載し、「Galaxy S21 Ultra 5G」のパフォーマンスは非常にハイレベルです。

あらゆる場面で軽快に動作し、3Dゲームも快適にプレイすることができています。ただ、ゲームをしていると本体の重さが気になってくることがあります

「Galaxy S21 Ultra 5G」のAnTuTuスコアはおよそ66万

「AnTuTu V8.5.3」で3回連続で計測してみたところ、「Galaxy S21 Ultra 5G」のAnTuTuスコアは66万ほどでした。

「Galaxy S21 Ultra 5G」のAnTuTuスコアはおよそ66万

ベンチマーク中の発熱状況の推移をみると、パフォーマンスをコントロールして発熱を抑えている可能性があると感じています。

このぐらいのAnTuTuスコアになると、性能を十分に使いこなすのがかなり難しいので、発熱がそれほど目立たない状況なのはうれしいところです。

PPS対応の「Anker PowerPort III 65W Pod」で「Galaxy S21 Ultra 5G」を充電

PPS対応の「Anker PowerPort III 65W Pod」で「Galaxy S21 Ultra 5G」を充電

「Galaxy S21 Ultra 5G」は最大25Wの有線急速充電に対応。PPS対応の「Anker PowerPort III 65W Pod」を使って「Galaxy S21 Ultra 5G」を充電してみると、写真のように最大値付近でしっかりと充電できるのでかなり便利です。

今回の「Galaxy S21 Ultra 5G」ではACアダプターが付属していないので、コンパクトで高出力な「Anker PowerPort III 65W Pod」はなかなかオススメです。

ちなみに、PPS非対応のPD充電器もいくつか試してみると、およそ15Wで充電できている状態でした。

なお、未検証ですが、「Galaxy S21 Ultra 5G」はワイヤレス充電にも対応しています。

最大10800万画素クアッドカメラ搭載の「Galaxy S21 Ultra 5G」

最大10800万画素クアッドカメラ搭載の「Galaxy S21 Ultra 5G」

「Galaxy S21 Ultra 5G」の背面には10800万画素(標準)+1200万画素(120°広角)+1000万画素(光学3倍望遠)+1000万画素(光学10倍望遠)のクアッドカメラを搭載。

標準カメラは大型センサーを採用。さらに、2つの望遠カメラ搭載によって驚異的な望遠撮影を実現しています。

最大の100倍ズーム撮影は使える場面が少なそうですが、「Galaxy S21 Ultra 5G」の光学10倍ズーム撮影では遠い被写体もクリアに撮影が可能です。マジでこれってスマホのカメラなの?といったところです。

実際に「Galaxy S21 Ultra 5G」のカメラを使って撮影したサンプルを用意しました。撮影に係る設定は初期設定のままです。

筆者の所有のスマホで最もハイスペックな「OnePlus 8T」でも撮影しておきました。

やすスマ

「OnePlus 8T」のカメラは、フラグシップスマホと同等ではないですが、けっこうしっかり撮れる部類に入ります。

「Galaxy S21 Ultra 5G」の標準カメラで撮影

まずは、標準カメラで日中に撮影したものです。

ともになかなかキレイに撮れている印象ですが、「Galaxy S21 Ultra 5G」はよりくっきりとした仕上がりです。

また、基本的に同じような位置で撮影してみると、「Galaxy S21 Ultra 5G」の方がすこし画角が広いことが分かります。

「Galaxy S21 Ultra 5G」の広角カメラで撮影

広角カメラに切り替えて撮影したものがコチラです。

「Galaxy S21 Ultra 5G」の広角カメラでは、標準カメラに近い色味で、迫力のある写真が撮影できます。

「Galaxy S21 Ultra 5G」の望遠カメラで撮影

また、10倍ズームでも撮影しておきました。ただし、「OnePlus 8T」は望遠カメラを非搭載なので、デジタルズームでの撮影になります。

カメラ構成が異なるので仕方ないですが、その差は歴然ですね。「Galaxy S21 Ultra 5G」の光学10倍撮影での写真は精細感も感じることができ、ただ驚くばかりです。

「Galaxy S21 Ultra 5G」でポートレート撮影

ポートレート撮影でも試しておきました。

「Galaxy S21 Ultra 5G」は深度カメラは非搭載ですが、しっかりと背景ボケを作り出していますね。

「Galaxy S21 Ultra 5G」の驚きのナイトモード

また、夜景撮影したものも用意しました。まずは標準カメラからです。

ともにけっこうキレイに撮れると感じますが、「Galaxy S21 Ultra 5G」は夜景撮影でも細部の再現力が高いです。

広角カメラでの夜景撮影も試してみました。

「OnePlus 8T」もそれなりに頑張っていますが、「Galaxy S21 Ultra 5G」の広角カメラでの夜景撮影のレベルにただ驚くばかりです。

「Galaxy S21 Ultra 5G」はすべてのカメラでナイトモード撮影に対応しています。

すべてのカメラでナイトモードに対応

標準カメラで撮影したものに対して、光学3倍の望遠カメラでナイトモードで撮影したもの

光学3倍の望遠カメラでナイトモードで撮影したもの

望遠カメラでもしっかり夜景撮影できるのはうれしいポイントですよね!

「Galaxy S21 Ultra 5G」のカメラ性能には驚きの連続といったところです。

「Galaxy S21 Ultra 5G」の動画撮影性能はカステラ王子さんのレビュー動画でチェック

「Galaxy S21 Ultra 5G」は最大8Kでの動画撮影に対応しています。性能が気になる方も多いでしょうね。

「Galaxy S21 Ultra 5G」の動画撮影性能については、カステラ王子さんが「Galaxy S21 Ultra 5G」開封レビュー動画で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

\ 日本語対応のETORENでも販売 /

まとめ:日本発売期待の「Galaxy S21 Ultra 5G」レビュー

まとめ:日本発売期待の「Galaxy S21 Ultra 5G」レビュー!

以上、サムスンのフラグシップスマホ「Galaxy S21 Ultra 5G」をレビューした内容をまとめておきました。

「Galaxy S21 Ultra 5G」を使ってみてよかった点はコチラです。

・カメラがとにかく素晴らしい
・ものすごく軽快なレスポンス
・ステレオスピーカーの音質がいい

また、今回は試すことができませんでしたが、「Galaxy S21 Ultra 5G」は、Sペン(別売)を利用することができます。「Galaxy S21 Ultra 5G」で手書きを楽しむことができるのも魅力でしょうね。

一方で「Galaxy S21 Ultra 5G」でいまいちと感じた点はコチラです。

・本体がけっこう重い
・microSDカードが使用不可
・コスパと考えると厳しい

「Galaxy S21 Ultra 5G」は8K動画撮影にも対応しているので、microSDカードを使用できないのはけっこう残念と感じるポイントです。

また、いわゆるコスパという視点で考えると、「Galaxy S21 Ultra 5G」はけっこう厳しいです。もりもりの性能と機能を詰め込んだプレミアムモデルとして、購入価格を少し忘れながら最先端の機能を満喫できるユーザー向けのスマホだと強く感じています。

「Galaxy S21 Ultra 5G」はフラグシップスマホ好きユーザーにかなりたまらない仕上がりということは間違いありません。

気になる方は、「Galaxy S21 Ultra 5G」の販売ページもチェックしてみてくださいね。

おすすめ記事

以上、参考になれば幸いです!

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source Galaxy S21 Ultra 5G – SAMSUNG Japan

※今ならRakuten UN-LIMITが1年無料

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる