このPPS対応PD充電器で「Galaxy Tab S7」を超急速充電できるかな?

この記事は約7分で読めます。
やすスマ
やすスマ

このページを読んでいただきありがとうございます。ガジェットブロガーのやすスマ(@yasu_suma)です。いやー、ハイスペックAndroidタブレット「Galaxy Tab S7」の魅力にはもうメロメロです(笑)

この記事には、ド定番の周辺機器メーカーのPPS対応のPD充電器で「Galaxy Tab S7」を超急速充電できるかを検証した内容を紹介しておきます。

「Galaxy Tab S7」に付属の充電器は最大15W出力とちょっと物足りないものになっています。もちろん、安定のGalaxy純正アダプター「TRAVEL ADAPTER」を別に購入すれば話は早いかもしれませんね。

でも、より安くて、使用範囲が広そうなサードパーティ製のPPS対応のPD充電器で「Galaxy Tab S7」を超急速充電できたらうれしいんじゃねぇ?って考えて実際に試していました。

なお、本レビューは「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」の届出を行った上で作成しています。

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

このPPS対応のPD充電器で「Galaxy Tab S7」を超急速充電できるかな?

このPPS対応のPD充電器で「Galaxy Tab S7」を超急速充電できるかな?

すでに「「Galaxy Tab S7」レビュー」も公開しながら、筆者は「Galaxy Tab S7」を毎日触って楽しんでいるところです。

いやー、「Galaxy Tab S7」は希少なハイスペックAndroidタブレットということで動作はサクサク。さらには、「S Pen」での手書きはホント気持ちよすぎです。

公開済みのレビューをすでにご覧になり、すでに「Galaxy Tab S7」シリーズをポチった方もいらっしゃると聞いています!

\「Galaxy Tab S7」シリーズはコチラ/

「Galaxy Tab S7」付属のACアダプターは出力がちょっと物足りない

「Galaxy Tab S7」付属のACアダプターは出力がちょっと物足りない
「Galaxy Tab S7」に付属のACアダプター

そんな、「Galaxy Tab S7」を買って、少し悩みそうな部分があります。それが充電に使うACアダプターです。

「Galaxy Tab S7」に付属しているACアダプターは日本のプラグ形状と異なり、かつ出力は最大15Wのものになっています。

「Galaxy Tab S7」自体は最大45Wの超急速充電に対応ということで、ちょっと物足りない部分と感じちゃう部分となるでしょうね。

65W PD充電器「PA-B3」で「Galaxy Tab S7」を充電

そこで、「「PA-B3」レビュー」で紹介している65W PD充電器「PA-B3」を使って充電したらいけるんじゃねぇ?って深く考えずに試してみましたが、結果は以下の通りでした。

65W PD充電器「PA-B3」で「Galaxy Tab S7」を充電

およそ9V/1.6Aかぁ、ぜんぜん伸びないなぁ…

いつも愛用している65W PD充電器「PA-B3」では伸び悩む結果となってしまいました。

色々と調べてみると、「Galaxy Tab S7」を超急速充電するには、PD規格のオプションのPPSに対応している充電器を使うとイイらしいです。

PPS対応の「Anker PowerPort III 65W Pod」で「Galaxy Tab S7」を充電

ほな、AmazonでPPS対応の充電器を探してみて、筆者の興味を引いたのはコチラです。

PPS対応の「Anker PowerPort III 65W Pod」で「Galaxy Tab S7」を充電

ド定番の周辺機器メーカーAnkerのPD充電器をチョイスしました!65W PD充電器「Anker PowerPort III 65W Pod」です。

「Anker PowerPort III 65W Pod」はPPS規格に対応

メーカーの製品ページにも、Anker PowerPort III 65W Pod」はPPS規格に対応していることをしっかりアピールしています!

購入時点でのAmazonでのAnker PowerPort III 65W Pod」の価格は3000円弱でした。純正の「Galaxy TRAVEL ADAPTER」よりも2000円以上安い感じです。

「Anker PowerPort III 65W Pod」

しかも、Galaxy用をうたう充電器ではないので、「Galaxy Tab S7」以外の機器をさくっと充電するときにも「Anker PowerPort III 65W Pod」はめちゃ有能ちゃう?っていう感じの勢いで購入してみました。

ちなみに、「Anker PowerPort III 65W Pod」にはType-C to Type-Cケーブルは付属していないので、そのあたりは注意してくださいね!

「Anker PowerPort III 65W Pod」で「Galaxy Tab S7」を充電してみた結果

さっそく、開封の儀はすっ飛ばしながら「Anker PowerPort III 65W Pod」で「Galaxy Tab S7」を充電したのがコチラです。

「Anker PowerPort III 65W Pod」で「Galaxy Tab S7」を充電

チェッカーで表示されている結果を眺めていると9.6V/2.6Aほどです。推移をぼーっと眺めていると25W付近といったところでしょうか。

最大45Wには届いていませんが、PPS非対応の65W PD充電器「PA-B3」の2倍ほどの出力を表示しているので、対費用効果はまずまずといったところです。

【2020年9月15日追記】

およそ30Wの充電

さらに、「Galaxy Tab S7」のバッテリー残量をほぼ空に近い状態にして充電してみたところ、およそ30Wの充電できている状態を確認することができました!

「Galaxy Tab S7」のために買った「Anker PowerPort III 65W Pod」を紹介

「Anker PowerPort III 65W Pod」を紹介

ちなみに「Anker PowerPort III 65W Pod」のスペックは以下のとおりです。

「Anker PowerPort III 65W Pod」スペック

サイズ 約66 × 29 × 45 mm
重さ  約121g
出力 5V/3A 9V/3A 15V/3A 20V/3.25A PPS:3.3V-21V/3.09A

まぁ、超コンパクトとは言いませんが、65Wクラスはそんなに悪くないサイズ感ですよね。話題のミドルスペックスマホ「Pixel 4a」と並べてみたらこんな感じです。

話題のミドルスペックスマホ「Pixel 4a」と並べてみたらこんな感じ

ちなみに、「Anker PowerPort III 65W Pod」で「Pixel 4a」を充電してみたり、

「Anker PowerPort III 65W Pod」で「Pixel 4a」を充電
9.01V/1.71A

愛用している「OnePlus 8」を充電してみたりしても、それなりの出力。いろんな機器を充電するにもまぁまぁ使えそうな感じがうれしいところです。

「OnePlus 8」を充電
4.97V/2.41A

「Galaxy Tab S7」を「超急速充電2.0」で充電できているらしい

ちなみに「Anker PowerPort III 65W Pod」を使って「Galaxy Tab S7」を充電してみたときには「超急速充電2.0」と表示されています。

「Galaxy Tab S7」を「超急速充電2.0」で充電できている

この「2.0」が何を示すかはさっぱり分かりませんし、純正「Galaxy TRAVEL ADAPTER」を使ったら違ってくるかも分かりません。

ただ、「Galaxy Tab S7」を25Wぐらいで充電することができれば、まぁまぁ不満なく使えるレベルには達しているんちゃう?と勝手に満足しているところです。

\コチラで筆者は「Galaxy Tab S7」を購入/

まとめ:PPS対応のPD充電器で「Galaxy Tab S7」を超急速充電できるかな?

まとめ:PPS対応のPD充電器で「Galaxy Tab S7」を超急速充電できるかな?

以上、ド定番の周辺機器メーカーのPPS対応のPD充電器で「Galaxy Tab S7」を超急速充電できるか検証した内容を紹介しておきました。

『すげー、45W近い充電できたーーー!!!』って感じにはなりませんでしたが、「Anker PowerPort III 65W Pod」を使うことで、「Galaxy Tab S7」の大容量バッテリーをまぁまぁの感じで充電できるという結果になりました。

「Anker PowerPort III 65W Pod」は他の機器を充電するときにも有用なアイテム

「Anker PowerPort III 65W Pod」は他の機器を充電するときにも有用なアイテムなんで、個人としては値段を考えると今回のチョイスを満足しているところです。

しかも、「Galaxy Tab S7」のバッテリー持ちがけっこう優秀なんで、そんなに頻繁に充電する必要もないので。

「Galaxy Tab S7」の充電器の購入を検討されている方に有用な情報になっていれば幸いです!

「Galaxy Tab S7」

また、「Galaxy Tab S7」ってどんなタブレット?という方は、非常に魅力的なタブレットになっているので「「Galaxy Tab S7」レビュー」もぜひご覧くださいね!

\「Galaxy Tab S7」の購入はコチラ/

以上、参考になれば幸いです!

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source Galaxy Tab S7 | S7+ – SAMSUNG Anker PowerPort III 65W Pod – Anker

コメント

  1. 名無し より:

    25w近くですか、なるほど…
    せっかく45w対応してるなら
    最高速度で充電できるようにしたいな…
    ちょっと調べてみてもそれらしき情報が出てこない(T_T)
    もっと調べてきますー:D

    • 名無し より:

      超急速充電2.0ってことは、一応45w充電できているという状態らしいです
      45w出るよ〜って謳ってるだけで実際は45w近く出ることはほとんどないのかな?

      • やすスマやすスマ より:

        おしえていただきありがとうございます(^o^)
        超急速充電2.0っってそんな状態だったんですか!
        私も調べきれていませんが、純正だと45W近くできているという話も聞いています。
        なかなか難しいですよね^^;

    • やすスマやすスマ より:

      さっそく見ていただきありがとうございまーす。
      最高速度で充電したいお気持ちよく分かります!
      ホント、なかなか情報が少ないですよねぇ。
      ということで、手に入りやすく手頃価格の「Anker PowerPort III 65W Pod」の状況をまとめてみました(^o^)

      • 名無し より:

        最近このサイト知りました
        自分がほしい情報が結構まとめてあるので助かります!
        これからもよろしくお願いします

        • やすスマやすスマ より:

          うれしいコメントをありがとうございます(^o^)
          これからも興味深いと思われる情報発信を心がけていきますのでよろしくお願いいたします。

  2. 名無し より:

    日本語がおかしかったらごめんなさい
    PPSで45w充電をするためにはeMarker内蔵ケーブルが必要らしいです(5A)
    電流が最大4.5Aまで上がる時があってeMarkerのない3Aケーブルだと25w充電になるって聞きました
    また45W充電はGalaxy Tab S7だとバッテリー70%ぐらいまで適用されるみたいです
    超高速充電2.0の表示は25wの時にも出るし当てになりませんね

    • やすスマやすスマ より:

      色々と教えていただきありがとうございます(^o^)
      もともとeMarker内蔵ケーブルでしたが、念のために別ケーブルに替えて、
      バッテリーをほぼ空になるまで頑張って映画見てからやってみました。
      結果としては45Wには届いていませんが、30Wほどを記録することができました!
      色々教えていただき感謝しておりますm(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました